【SHINANOYA SAKEDORI SHOP】

"SHINANOYA NET SHOP"(信濃屋ネットショップ)の新着情報やリリース予告など、 みなさまに役立つ情報を随時ご紹介していきます!

2018.03.08【商品紹介】

【SHINANOYA プライベートボトル新作リリース予告 March.2018 vol.1&2】A JOINT BOTTLING FOR SHINANOYA & CLUB QING 2本同時リリース!!

お世話になっております。
SHINANOYA NET SHOP
管理人のやぎゅーです。
-------------------------------------------
本日のアフターヌーンブログは
【プライベートボトル新作リリース予告
でお届けします♪
-------------------------------------------

今回のご紹介は出会ってから約5年の歳月の
リレーションシップから生み出されたボトル達。
これまでにもオリジナルボトルを手掛け、

みなさまにもご紹介してきた香港・蘭桂坊の人気店、


CLUB QING WHISKY BAR
との初ジョイントボトリング2本立て。

1本は既に1月から日香でのプロモーションを始動させ、
 
でも先行公開ボトルとして出品、

 

更に2本合わせて先月の

では弊社ブースと初出展を果たした同店のブースで展開し、
 
(画像:CLUB QINGブース)
多くのご支持とご予約を頂いて参りました♪

目下、アジアのウィスキーシーンの注目人物となった

同店オーナーのAaron Chan氏と
弊社スピリッツバイヤーの北梶が
出会い、意気投合してから長きに渡り温めてきた
ジョイントボトリング。

厚いリレーションシップだからこそ、
正直な意見をぶつけ合い妥協なしで
互いが納得するまでテイスティングを繰り返し
ようやく合意に至った2樽をご用意しました。

『それでは参りましょう↓↓↓』

542本限定
DOUGLAS LAING×SHINANOYA 5th

オールドボウモアの陶酔感。

DOUGLAS LAING
OLD PARTICULAR

BOWMORE [2001] 15yo
REFILL BUTT #1116
A JOINT BOTTLING
FOR SHINANOYA & CLUB QING
700ml/55.6%vol./542 btls/18,500 yen

(価格は税抜きです。Excl TAX.)

先のご紹介はこれまで



4本のプライベートボトリングでご好評頂いている
フレッド・レインさん率いる

ダグラスレイン社からのプライベートボトリング第5弾!

北梶がスコットランドの同社オフィスを直接訪問し
吟味したカスクサンプルから後日、アーロンと共に厳選。
記念すべき最初のジョイントボトリングとして選んだのは
WHISKYFUN.COMの高得点ボトルを輩出するなど
2000年代におけるグレートヴィンテージとも目され、
弊社プライベートボトルでも採用した
ボウモアの2001ヴィンテージ原酒。

今やアイラモルトのなかでもその強い人気から
需要過多が深刻となっているボウモア。
有力ボトラーですらカスクの入手が困難となってきており、
プライベートボトルでのリリースは
レイン家のコネクションとリリース力の強さを垣間見せます。

中熟の入り口を迎える15年熟成原酒
リフィルバットというゆりかごの中で
スモーキーさやトロピカルフルーツなど
このレンジでは思いの寄らない
複雑な仕上がりを感じさせてくれます。


北梶と特にアイラに嗜好のあるアーロンが
納得の太鼓判を押し、ボトリングされた1本。

『今や希少なダークカラーボウモア原酒。
新たな世代の原酒が織り成す、
失われゆく濃密で複雑なボウモアをぜひご堪能下さい!』


---Tasting Note ---
【香り】地下室、鉛筆、古木系のウッディネス。
ヴィンテージの皮製品、カブ、潮風、焚き火、奥からメンソールの香り。
【味わい】口に含むと、海藻、タール、レモン、ライム、
苦味の効いたオレンジリキュール、熟したグレープフルーツ、
コーヒー、リコリス、海水、複雑でオイリーなボディ。
【フィニッシュ】フィニッシュは、非常に長く、パイナップル、
パッションフルーツ等のトロピカルフルーツに
古き良き時代のボウモアを感じさせます。
【コメント】スペックからは想像がつかない複雑な展開とボディ、熟成感は
オールドボトルにも似た陶酔感を感じさせるモンスター級の1本!。
(Tasted by  弊社スピリッツバイヤー 北梶)
----------------

また、現在当店での予約開始に先行して
信濃屋実店舗店頭にて
絶賛ご予約受付中です!

(※こちらは店頭でのご予約となります。
お電話でのご予約は承りかねます。
ご来店お待ちしております。
各店舗詳細はこちらから♪)

いずれも規定量に達した場合は早期終了となる場合がございます。
万一、締め切りの際は何卒ご容赦下さいませ。

---------------------------------

以下、2本目のご紹介は弊社内でも

当(ネット)店限定での
お取扱いとなります!

※こちらは実店舗ではお取扱いはございません。
あらかじめご了承下さい。


120本限定
香港の人気ウィスキーバーと初コラボレーション!

スペイサイドの真打

SPEYSIDE REGION MALT
[1973] 43o SHERRY BUTT

A JOINT BOTTLING
FOR SHINANOYA & CLUB QING
700ml/46.8%vol./120 btls/46,250 yen

(価格は税抜きです。Excl TAX.)

今回のジョイントにあたり、もう1本ご用意したのは
近年リリースが現れ、高い人気を得るまでになった

”スペイサイド地方の蒸留所原酒のシングルカスク”
弊社プライベートボトル、

でも採用した
正解の明かされない"名のない"原酒。
これまでにもTHE WHISKYFUN.COMなどのスコアサイトでも
伝説的ボトル達と同等、それ以上の評価を受ける
秀逸なリリースを輩出してきており、

今回はそのなかでもThe Chess King Blackと同じく
同系のボトリングのなかでも数少ない1973ヴィンテージ
そして更には同じくシェリーカスクに育まれた
43年熟成の1樽と出会うことができました。


スペイサイドの各蒸留所の原酒のなかでも
まさに特別な存在となるその中身は
蒸留所の謎解きだけでなく、
スペイサイド超熟原酒の神秘的ともいえる
魅力を体感させてくれます。
また、徐々にリリースが減り行き、激しく高騰しだした
スペイサイドリージョンモルトのなかでも

高いコストパフォーマンスにもぜひご注目下さい。

北梶とアーロンが互いに納得できる品質の原酒に出会うまで、
妥協のないサンプリングを行い、合意した初のジョイントに相応しい1樽。
『現行ボトリングでは味わう機会が非常に少なくなってきた
40年熟成以上の貴重なスペイサイドモルトをぜひご堪能下さい!』


---Tasting Note ---
【香り】甘く、熟したリンゴ、アプリコット、メンソール、
コニャックの古酒、梨、全体的に厚みを感じる香り。
【味わい】口に含むと、ドライアプリコット、グレープフルーツ、
マイルドなピート、蜂蜜、糖蜜、ハーブ。仄かな香木のニュアンス。
【フィニッシュ】フィニッシュは、程好い長さの余韻。
ハーブ、グレープフルーツが印象的。
【コメント】とても新鮮でフルーティなスペイサイドウィスキー。
(Tasted by  CLUB QING WHISKY BAR オーナーMr. Aaron Chan)
---------------------------------

「こちらのネット上のご予約受付を 
SHINANOYA NET SHOP にて
"近日中"に開始
致します!」

こちらの詳細につきましては、
『後ほど本ブログにて
最終ご案内致します!』


なお、事前にお電話・メール等で
お問い合わせ頂きましても
ネット店では承ることはできませんので、

あらかじめご了承ください。
=================================

それでは今回のブログはここまで。

みなさまの"酔い"夜をお祈りして♪
=================================
『プライベートボトルのご紹介♪』

240本限定瓶詰 
THE BOW BAR × SHINANOYA がお届けするアルマニャック第4弾
The Spirit of Gascony.


630本限定 
スパイバーン蒸留所より世界初のプライベートボトリング!
Japanese Traditional Confectioneries.

=================================

『お買い回りはこちらからどうぞ↓↓↓』

 
 
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

SHINANOYA

ブログ内記事検索

  • 2018年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧

  • タグは未登録です。