【SHINANOYA SAKEDORI SHOP】

"SHINANOYA NET SHOP"(信濃屋ネットショップ)の新着情報やリリース予告など、 みなさまに役立つ情報を随時ご紹介していきます!

2018.02.14【商品紹介】

【SHINANOYA プライベートボトル新作リリース予告 February.2018 vol.3】ジェラス [1980-2017] for THE BOW BAR & SHINANOYA

お世話になっております。
SHINANOYA NET SHOP
管理人のやぎゅーです。
-------------------------------------------
本日のナイトブログは
【プライベートボトル新作リリース予告
でお届けします♪
-------------------------------------------

2月3本目のプライベートボトリングは
大きなトレンドの兆しを感じさせる
アルマニャックボトリングからのご紹介です!

第1弾「グレンファークラス [1979] #8801」
に始まり大きな反響を頂いている
 

THE BOW BAR × SHINANOYAの最新作は
アルマニャックジョイントボトリングの第4弾!!

THE BOW BARオーナーバーテンダーの本間純矢氏
弊社スピリッツバイヤーの北梶が現地を直接訪問し、
現地で生産者と共に厳選した、
アルマニャックの深遠な魅力を体感させる1樽をご紹介します!!

『それでは参りましょう↓↓↓』

240本限定瓶詰 
THE BOW BAR × SHINANOYA がお届けするアルマニャック第4弾
The Spirit of Gascony.

GELAS [1980-2017]
for THE BOW BAR & SHINANOYA
700ml/51.3%vol./240 btls/16,482yen

(価格は税抜きです。Excl TAX.)



バ・アルマニャックとテナレーゼ地区にある
特徴的な土壌で作られたアルマニャックのネゴシアンであり
アルマニャックのバイブルとして知られる、
チャールズ・ニール著書『ARMAGNAC』において
傑出したトップネゴシアンの1つとして
4つ星の評価を受けるジェラス家。


ファミリーの歴史は古の1246年にまで遡ることができ、
1865年に現在の会社が設立。
2015年には創業150周年を向かえた
老舗の名門ブランドとなります。
 

アルマニャックはガスコーニュの地に根を張り、
現在に至るまで同族経営を継承しながら歴史ある歩みと共に
ガスコーニュ・スピリッツを持ち続けること
に誇りとこだわりを持ち、
そのストックリストには1875年ヴィンテージの原酒
刻まれている古酒のスペシャリストです。
日本市場にも選りすぐられた良質なボトリングを供給しており、
他のブランドでもリリースが難しくなった
熟成古酒のボトリングは希少なラインナップとなり、
マーケットでも安定した人気を保っています。
 

毎年の現地訪問など日々の積極的な取り組みで
生産者と特別なリレーションシップを持つ本間氏と
同家の旧知の間柄により実現したボトリングでは
同家を直接訪問し、生産者、本間氏、北梶の3者で
共にテイスティングを実施。

今回、4本目のアルマニャックボトリングとして
合意に至ったのは同家で36年の熟成を経た
1980ヴィンテージからのシングルカスク原酒。

ユニブラン、バコという2つの葡萄から生み出され、
長い眠りを経た原酒は絶妙なバランスと
これまでのボトリングとは異なるキャラクターのランシオ香を纏い、
非常に魅力的なアルマニャック味わいをカスクストレングスでボトリング。

アルマニャックにも価格高騰の影が近付くなかで
本シリーズ新作に相応しいコストパフォーマンスでお楽しみ頂けます。


右端より
・THE BOW BAR オーナーバーマン 本間純矢氏
・弊社スピリッツバイヤー 北梶
・GELAS社社長 フィリップ・ジェラス氏
・GELAS社輸出部長 バプティス・ジェラス氏
・GELAS社品質管理者 ドミニク・マルサン氏
(2017年4月現地にて)

『THE BOW BARとSHINANOYAが厳選した初の1980年代原酒、
コストパフォーマンスにも優れた1本をぜひご堪能下さい。』


---Tasting Note ---

昔ながらの土床の熟成庫で適正な湿度と温度のもとで
ジェラス家によって36年間育てられたこの原酒は、
全体を通して安定したユニブランにバコが
深みとスパイスを与えたような構成。
深みのある琥珀色の中に香る濃厚な干し葡萄、
メープルシロップ、葉巻のシダー系のランシオ香。
口に含むと、いよいよ柔らかな葡萄の広がりが鼻を抜け、
木の皮やエスプレッソ系のタンニンが厚みと野性味を与えている。
アフターでは大事な葡萄本来の余韻が静かに残り、
正に素晴らしい熟成を施され、育ったアルマニャックと感じる事ができる1本。
(Tasted by THE BOW BAR オーナーバーマン 本間純矢氏)
---------------

★また、こちらのボトルにつきましては、
2/23の一般発売(配送)に先駆け、
(画像のリンクはフェイスブックページです。)
THE BOW BARにて絶賛提供中!
(サンプルではなく通常提供となります。)
一足早くその味わいをぜひご体感下さい!!
---------------

『こちらもぜひご一緒にどうぞ!』

THE BOW BAR & SHINANOYA

『名醸が生む芸術作品』
  laberdolive1991

THE BOW BAR
オリジナルボトリング

A HALF-CENTURY OF HISTORY.

DOMAINE D'OGNOAS [1965] 51yo BACO
FOR THE BOW BAR

-------------------------------------------

また、現在当店での予約開始に先行して
信濃屋実店舗店頭にて
絶賛ご予約受付中です!

(※こちらは店頭でのご予約となります。
お電話でのご予約は承りかねます。
ご来店お待ちしております。
各店舗詳細はこちらから♪)

いずれも規定量に達した場合は早期終了となる場合がございます。
万一、締め切りの際は何卒ご容赦下さいませ。

-------------------------------------------

「こちらのネット上のご予約受付を 
SHINANOYA NET SHOP にて
"近日中"に開始
致します!」

こちらご予約詳細につきましては、
『近日中に本ブログにて
最終ご案内致します!』


なお、事前にお電話・メール等で
お問い合わせ・ご予約お申し込み頂きましても
ネット店では承ることはできませんので、
あらかじめご了承ください。
=================================

それでは今回のブログはここまで。

みなさまの"酔い"夜をお祈りして♪
=================================

『プライベートボトルのご紹介♪』

Bar Lamp × SHINANOYA 最新作
Insanity Pineapple~狂気な鳳梨~

savanna HERR

カルヴァドスプライベートボトリング第13弾
『溢れる洋梨、優美な時間。』


=================================

『お買い回りはこちらからどうぞ↓↓↓』


この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

SHINANOYA

ブログ内記事検索

  • 2018年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧

  • タグは未登録です。