ワールドリカー・ブルータス通販部・ウスケバ店

ブルータスで取り扱っているウイスキーを中心とした商品をご紹介・販売させていただいております。

2010.05.20【日記】

アデルフィ社新ボトリング「ボウモア」



モルト好きの方には高品質インディペンデントボトラーとして名高く、またその小さいラベルがトレードマークでもある「アデルフィ」。

今回は新ボトリングの中から、スリーリバーズ社が買い付けたアイレイの人気蒸留所ボウモアの2001年蒸留の8年熟成を、即納オファーとして皆様にご案内いたします。

すでにボトラー界では一定の地位を確保しているアデルフィですが、数年前にオーナーが代わったことはあまり知られていません。同社の歴史は古く、1826年にアデルフィ蒸留所として、スコットランドのグラスゴーで創業しました。
残念ながら1906年には創業を停止してしまいました。それから長い沈黙を経てアデルフィの名前が市場に復活したのが1993年。創業時のオーナーのひ孫がインディペンデントボトラーとして、活動を再開したのです。その時から「常に品質を追い求め、大量生産に走らず高品質を維持する」事をポリシーに掲げ、これは2004年に現在の新オーナーに経営権が移ってからも頑なに守られています。
現在経営を任されている、アレックス・ブルース氏はウイスキー業界で生まれ育ったと言っても過言ではありません。彼の母はあのアンドリューアッシャーの子孫にあたり、常にウイスキーに囲まれた生活を送っていました。品質にこだわっているひとつの例が、「ウイスキーテイスティングチーム」。

毎回のボトリングでは樽選びのために数人のグループが同時にテイスティングをするのですが、その中核メンバーがあのチャールズ・マクリーン氏なのです。彼は今までに数多くのウイスキーに関する著書を残しており、業界でも著名なウイスキーライターです。
そのチームが多数のサンプルを取り寄せ、良質な樽を厳選しているのですが、なんとその割合は約20のサンプルの中からたった1つを選び出すという徹底ぶりです。今回ご案内のボウモアはリフィルシェリーバットでの熟成ということもあり、わりと色が付いています。もちろん実際にテイスティングしましたが、パフューム香は出ていませんし、シェリー樽特有のエグみも感じられませんので、なかなか品質の高いボウモアです。

尚、スリーリバーズ社の在庫本数は84本となっておりますので、ご興味のあるお客様はなるべくお早めのご注文をお願いいたします。また、本商品の出荷は5月26日水曜日より開始予定です。


アデルフィ社 ボウモア2001/8年

59.9度 700ml 総生産数583本

ブルータス販売価格 5,980円(税込)



ご注文はメールでお気軽にどうぞ! お電話でも承っております。

info@sake-brutus.com

当ブログの右側にあります、【ここから注文する】からでもご注文頂けます。

ご注文方法はブログ上部にリンクを張っておりますのでご一読下さいませ。

WEBサイトへは順次アップします。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

ワールドリカー・ブルータス

ブログ内記事検索

  • 2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧