ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2019.07.14【日記】

ロイヤルロッホナガー 12年 オフィシャル 70年代流通

やはりオールドスタンダードの傑作ですね。

 

ロイヤルロッホナガー ROYAL ROCHNAGAR 12yo OB 40%
70年代流通



香りは心地良いオールド感、萎びたオレンジや淡く桃っぽさ、穏やかなモルティ、奥からオールドピート。
飲むと優しい口当たりで舌に染み込むようなモルティな旨味、萎びた柑橘、穏やかなコクのある甘味、香り同様のオールドピートも残る心地良い余韻。

【Very Good】


70年代流通のロイヤルロッホナガー12年、オフィシャルボトルです。
ディーサイド表記のラベルも非常にかっこいいですね。

今まで何度も飲む機会がありましたが極端に状態が悪いものに出会ったことのないボトルですが、今回も良かったです。

恐らく流通当時からスタンダードらしく厚めの麦芽感をベースにしたモルトだと思いますが、時間経過で滑らかさ柔らかさが増しているようです。

それでいて枯れたボディの抜けた感じは無く、特にふくよかさが増したモルティさが非常に魅力的でした。

全体としてロイヤルという名に恥じない上品な仕上がりだったのも印象的でした。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood5
  • チェック

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧