ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2019.04.11【日記】

スキャパ 1978-2001 23年 ダグラスレイン オールドモルトカスク 50%

押しつけがましさのない穏やかなシェリー感で美味しかったです。

 

スキャパ SCAPA 1978-2001 23yo DOUGLAS LAING Old Malt Cask 50%
one of 612 bottles, Finished in Sherry Cask



香りは良いシェリー感、プラムジャム、ドライフルーツ、バニラ、淡くレザー、焦がした麦芽。
飲むと多彩、少し噛み応えもある麦芽の旨味、赤いミックスジャムとミント、濃いめの甘味、淡い渋味、ボディは軽めだが甘やかな余韻。

【Good/Very Good】


ダグラスレインのOMCから2001年にボトリングされたスキャパ1978、23年熟成。
最低6か月間、シェリーカスクで後熟させたと記載されています。

正直、ハウススタイルは全く分かりませんでしたが、味付け感のないなかなか小粋なシェリー感が全体を包んでいました。

ほどよいシェリー感に伴う濃縮系フルーツ、ちゃんと残ったモルティな旨味、甘味・酸味・渋味のバランスも良く、素直に美味しかったです。

瓶内での変化を経て一体感が増したのだろうと思いますが、今が飲み頃だと思います。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood7
  • チェック

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧