ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2019.04.01【日記】

ロングモーン 1996-2013 17年 シグナトリー #72316 43%

なかなか良い近年シェリーカスクのスペイサイドモルトでした。

 

ロングモーン LONGMORN 1996-2013 17yo SIGNATORY VINTAGE #72316 43%
one of 861 bottles, 1st Fill Sherry Butt



香りは近年系の良いシェリー感、プルーンとチョコレート、ミント、クローブ、奥から少し焦げたモルティ。
飲むと滑らかで華やかに広がる。ベリージャムの甘味と度数の割にはしっかりめのタンニン、クローブなどのスパイスやハーブ、余韻はほどよいタンニンが残る。

【Good/Very Good】


シグナトリーから2013年にボトリングされたロングモーン1996、17年熟成です。

いわゆる近年のシーズニングシェリーカスクらしい香味で、濃縮フルーツやチョコレート、クローブなどのスパイスやハーブといった要素がそれぞれくっきりと感じられるタイプでした。

ファーストフィルでそれなりにタンニンがしっかり溶け込んでいましたが、加水でボトリングされているためかそこまで引っ掛かりはなく美味しくいただけました。

飲み心地も結構良かったですが、加水でのボトリング後5年が経過しており少しこなれて一体感もでていたのかもしれません。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood8
  • チェック

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧