ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2017.01.08【日記】

インバーリーブン 1989-2005 16年 ダグラスレイン オールドモルトカスク 50%

しっかりとローランドスタイルでした。

 

インバーリーブン INVERLEVEN 1989-2005 16yo DOUGLAS LAING Old Malt Cask 50%
one of 330 bottles



香りは小麦粉っぽい強い麦感、シトラス、フレッシュハーブ、白い花、プレーンな樽感でさっぱりしている。
飲むと度数の割にスパイシーで胡椒っぽい、プレーンな味わいで粉っぽい麦感、フレッシュなシトラスやハーブ、シロップのさらりとした甘味、柑橘の酸味、太さは無いのに強い麦感と優しい旨味、余韻は長くないがスパイシーでキレが良い。

【Good/Very Good】


ダグラスレインが2005年にボトリングしたインバーリーブン1989、16年熟成です。

香りにも味わいにも樽感があまり強く効いておらず、原酒の味が感じやすいボトルでした。

粉っぽさも伴う強めの麦感があるのにあまり厚みは感じず、少しスピリティなところもあり、甘味はシロップのようにさらりとしていました。

すっきりとした味わいにはキレもあり、樽が効いたものやハイプルーフでは意外とわかりにくいようにも思うローランドスタイルらしい要素が強く感じられるインバーリーブンでした。

これはこれで個性的で、シングルモルトらしい香味といえそうです。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood5
  • チェック

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧