ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2015.09.19【日記】

ニューリリース:宮城峡 オフィシャル シェリーカスク

硫黄感は好みが分かれそうです。

宮城峡 MIYAGIKYO OB SHERRY CASK MIYAGIKYO OB SHERRY CASK

宮城峡 MIYAGIKYO OB SHERRY CASK 48%


香りは強いシェリー、ベリージャム、しっかりめの硫黄系サルファリー、コーヒー、ビターチョコレート、淡くバルサミコ酢。
飲んでも強いシェリー、濃縮感のあるジャムのまったりと濃い甘味、香り同様の硫黄、焦がした麦、ハーブ、良い渋味が味を深める、ややスパイシーで甘い余韻。

【Okay/Good】


話題のニューリリース,宮城峡のオフィシャル,ノンエイジのシェリーカスクです。

のっけからシェリー感が全開で非常に多彩な香味がありました。
ただ,宮城峡の個性と思われる部分がほとんど感じられないほど樽が勝っているタイプで,そして何より結構キツめのサルファリーがしっかりと主張してきました。
昔からニッカのシェリーカスクのものにしばしば感じる硫黄系のサルファリーで,らしい味と言えばらしい味です。

サルファリーに関しては完全に好みが分かれそうです。
時間が経つとある程度抜けてくる可能性はありますが,苦手な人が大丈夫になるほど抜けるとは思えないレベルだと思います。

とはいえ,海外ではこういうタイプのシェリーカスクも受け入れられているようですし,好きな人にとってはリッチで多彩なシェリーカスクの香味を楽しめるモルトだと思います。
余市同様に度数が高めで,しかもがっつり重みもあるシェリーが効いているため,飲み応えは十分ですね。


 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood1

2015.03.15【日記】

宮城峡 20年 オフィシャル #117421

バリシェリーの宮城峡20年,濃厚でした。

 

宮城峡 MIYAGIKYO 20yo OB #117421 61%


香りは強くシェリー、ベリーやアプリコットのジャム、ナッツ、黒糖、ハーブ、クローブ、少しレザー、とてもリッチ、強めのウッディネス、飲んでも濃いシェリー、ベリージャム、ドライフルーツ、重厚、濃い甘味、タンニンもある強めのウッディネスと渋味、リッチ、長い余韻。

【Good/Very Good】


宮城峡蒸溜所で購入できる,宮城峡の20年熟成シングルカスクです。

非常に濃厚なシェリーカスクの影響が全体を支配しているタイプで,宮城峡の個性はほとんど感じられませんでしたが,サルファリーの無い良いシェリーの個性が多彩かつ濃厚に感じられる香味でした。
ややタンニンや渋味はきつめですが,リッチで厚みがあり,甘く長い余韻も楽しめました。生木系の木材っぽさがあまりなかったのも良かったです。

ジャパニーズの20年というと,なんとなく熟成が長く高額というイメージがありますが,逆算すると90年代半ばの樽ですよね。ニッカがこういうサルファリーや生臭さの無い樽をどこから入手しているのか,気になるところです。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧