ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2019.05.11【日記】

レダイグ 1973-1987 14年 セスタンテ 40%

シングルモルトの面白さをしっかりと感じました。

 

レダイグ LEDAIG 1973-1987 14yo SESTANTE 40%


香りはしっとりと強いスモーク、ナッツや生の豆っぽさも強い、生の麦芽の主張がしっかり、わずかに干し椎茸、土のついた根菜も出てくる。
飲むと優しい口当たりからじわじわと広がる。燻した藁のような強いスモーク、わずかに噛み応えもあるモルティな旨味、やはり土のついた根菜、プレーンな甘味が染み込んでくる余韻。

【Good, Interesting】


イタリアのボトラーであるセスタンテが1987年にボトリングした、レダイグ1973です。
ハイプルーフに伝説的なボトルの多いセスタンテですが、実はハイプルーフと同じラベルの40%加水タイプなんかも結構リリースしており、このレダイグも40%加水です。

加水オールドらしい経年変化もそれなりに感じますが、それより個性的なスモーキーさや生の麦芽のニュアンスがたっぷりでした。

また、これも原酒の個性だと思うのですが、ピートを多めにとるためにミドルカットを結構後ろの方までとったのではないかと思える根菜や豆のようなフェインティさも結構強く主張してきました。

セスタンテの加水タイプには可もなく不可もなくというボトルが多い印象でしたが、これは非常に個性的でした。

ひっかかりもあるためそんなにたくさん飲みたいタイプではなかったですが、個性を楽しむという意味ではシングルモルトの面白さをしっかりと感じられるボトルでした。


それはそうとレダイグに関して、モルト愛好家の中では言わずと知れたマル島はトバモリー蒸留所で仕込まれるピーテッドタイプのモルトですが、以前からレダイグは現地の発音と大きく異なるということが言われています。

これに対応して表記を変えようという動きがあるようで、現地の発音により近い、「レチェック」「レイチェッグ」などに変わっていくと思われます。
今でも、バーで「カオルイーラ」など昔よく使われていた呼び方を使っている先輩方がおり、それはそれでカッコよかったりもするのですが、レダイグがそんな感じになる日も近いようです。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood9

2018.07.11【日記】

ニューリリース:レダイグ 1994-2017 23年 GM エクスクルーシブ キャンベルタウンロッホ&パブリックバーアイランズ向け #9 52.5%

70年代のオフィシャルを彷彿とさせる良樽でした。

 

レダイグ LEDAIG 1994-2017 23yo GORDON & MACPHAIL EXCLUSIVE for CAMPBELTOUN LOCH & Public Bar Islands #9 52.5%
one of 248 bottles, Refill American Hogshead



香りはしっとりと滋味深い。バニラとオレンジ風味のクリーム、しっとりとほどよいモルティ、少し粘土やオイル、
飲むと粘性があり少しオイリー、噛み応えのあるテクスチャー、こなれた柑橘、まったりとクリーミー、滋味深いモルティとその旨味、ピートは穏やかで長めの余韻。

【Good/Very Good, Interesting】


GMのエクスクルーシブラベルでリリースされた、レダイグ1994、23年熟成です。
キャンベルタウンロッホさんとパブリックバーアイランズさんに向けてボトリングされています。

わりとピートがキンキンに効いたものが最近多いレダイグですが、このボトルは熟成がそれなりに長いことも影響してかあまりピートは派手に主張せず穏やかでした。
その代わりバーボン系の樽のニュアンスやハウススタイルと思われる粘土っぽさやオイルがほどよい程度に感じられ、クリーミーで麦芽の旨味もあり、全体に滋味深く、現時点でほぼ仕上がっていました。

第一印象からそうだったのですが、70年代蒸留の、しかもボトリング後少し経年変化を経たオフィシャルボトルに感じたニュアンスにかなり近いタイプだと思いました。

レダイグのシングルモルトとして、期待以上に美味しく面白いボトルでした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood6

2017.06.03【日記】

ニューリリース:レダイグ 2005-2016 10年 シグナトリー #900151 57.3%

ちょっとえげつない感じすらある強い香味でした。

 

レダイグ LEDAIG 2005-2016 10yo SIGNATORY VINTAGE #900151 57.3%
one of 650 bottles, 1st Fill Sherry Butt



香りは若いシェリー、キャラメル、若々しい麦感、オイルとナッツ、バーベキューの肉、少し醤油、硝煙、牡蠣、強いピート。
飲むと粘性あり、キャラメルの強い甘味、引き締める渋味、コクあり、香り同様にサルファリーでミーティ、少し浮いている若い麦感と強いピート。

【Okay】


シグナトリーのカスクストレングスコレクションからレダイグ2005、10年熟成です。

ファーストフィルシェリーバットですし、メゾン向けに詰められた似たようなスペックのものに近い香味なのかと思いきや、荒々しく雑味があり、硫黄や醤油っぽさの強いタイプで、ミーティでリッチですが私は苦手なタイプでした。

ただ、こういう強引でバラバラなものが20年~30年経ってどうなるのか気になるという気持ちがあり、高額でなければあえて買って置いておこうと思っています。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood5

2017.02.03【日記】

近年リリース:レダイグ 2004-2015 10年 メゾンドウイスキー ARTIST#5 #900178 60.7%

イチゴはいたんじゃないでしょうか。

 


レダイグ LEDAIG 2004-2015 10yo La Maison du Whisky ARTIST#5 #900178 60.7%
one 579 bottles, First Fill Sherry Butt



香りはまったりと甘やか、ミックスベリーのジャム、ミーティ、魚介ダシ、ハーブ、しっかりアーシーでヨードのある強いピート。
飲むとパワフルで芳醇、香り同様のジャム系の甘味、引き締めるハーブの渋味、青臭さもあるエグ味あり、ヨードの強いピートは主張が激しい、雑味もあるが強い味が長く残る。

【Good/Very Good】


2015年にボトリングされた、フランスのメゾンドウイスキーのアーティストシリーズ#5のレダイグ2004です。
ファーストフィルシェリーバットで10年熟成されたピーティなモルトですね。

香りはしっかりシェリーカスクが効いており、ベリージャム系の甘やかなニュアンスがあり、魚介ダシやヨードもあってピートもしっかり感じられました。
ブラインドでノージングしたらラフロイグのシェリーカスクと言いそうです。

飲んでも強いシェリー感があり、香り同様のジャム系の強い甘味をハーブっぽい渋味が引き締めていました。それに加えてやや青臭いエグ味や雑味もあって少し飲み心地を損ねているようにも感じました。
ただ、香り以上に強烈なピートの主張もあり、それらをある程度マスクしているように感じました。

全体としては、強いシェリーとピートの力で未熟感や雑味を覆い隠そうとして隠し切れなかったみたいな印象を持ちました。

とはいえ、バリシェリー&ピーティというタイプのモルトは数も少なく、シェリー感自体は良いものですし、引っかかる部分も時間経過である程度改善しそうでもあり、好きな人もいそうですし魅力的なリリースだとは思います。



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood5

2016.08.16【日記】

プチSBT from ガースーさん サンプルC


モルト仲間のガースーさんから,プチSBTのサンプルが届きました。

最後のCです。


※どういうわけかこの日撮った写真だけ回転がブログに反映されません。
 横向きで失礼します。。。

C

香りは全体を淡く包む近年シェリー、アプリコット、魚介ダシ、サルファリーなニュアンスも少しありミーティ、ヨードもある強いピート、ナッツ、牡蠣エキス、ミネラル、リッチ。
飲むとミーティでリッチなシェリー、アプリコット、プラムジャム、麦と強い魚介ダシの旨味、強めの甘味、コクあり、塩気もある、ややオイリーでピーティな長い余韻。

【Good】


近年シェリーのサルファリー要素もあるが旨味成分が濃厚で複雑。スケール感はあってこれから美味しくなるモルト。
このシェリー感と雑味と旨みから考えるとロングロウの線が濃厚。

あとはハンターレインから出てきたシェリーカスクのラフロイグに近いイメージのものがあった。
そのほかだと、極端にピーティに触れたスプリングバンクやピーティなブナハーブンが候補。
個性的で偏りを感じる香味でシングルカスクだろうか?
1990年台後半の蒸留で18年程度の熟成。
54%程度のカスクストレングスのシェリーカスク。


予想蒸留所:①ロングロウ、②なし、③ラフロイグ
蒸留年:1990年代後半蒸留
熟成年数:18年前後
度数:54%前後
カスクタイプ:シェリーバット


以上のようなテイスティングと予想で回答メールをお送りしました。
 
正解は・・・、











レダイグ LEDAIG 18yo OB 46.3%


なんと現行のレダイグ18年でした。

飲んだことのないボトルですし、こういう島モノのピーティウイスキーというのも納得ではあるのですが、蒸留時期と熟成年数以外は大外しで、特に度数をこんなに激しく外したのはショックでした。
そもそも度数と熟成年数というのはリンクしている部分があるので、度数を大きく外しているときの熟成年数予想は合っていても外しているのと一緒だと思います。

やや苦手なニュアンスのあるシェリー感のせいで感覚が鈍ったのかもしれませんが、好きなものしか正しく評価できないのはまずいので、意識して修正していこうと思いました。

最近のレダイグはこういう作りだということも知れて、とても興味深かったです。


3つきれいに正解したらカッコよかったと思いますが、最後に大失敗してしまいました。
しかし久しぶりに真剣に時間をかけて取り組んだSBT、楽しかったです。
最近ご無沙汰でしたが、感覚の修正も含めてたまにはやらないといけませんね。


ガースーさん、貴重な出題をありがとうございました。
こちらからもお返しさせていただきます。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood3

2014.10.08【日記】

レダイグ 1979 オフィシャル 90年代ボトリング

フルーツと麦とピートが融合した美味しいレダイグでした。

 

レダイグ LEDAIG 1979 OB 43%
90年代ボトリング



香りはオレンジ、バニラ、蜂蜜、粘土っぽさのあるピート、植物感、淡いスモーク、飲むと柔らかな口当たりからじわじわと広がる、滋味深い無骨な麦の旨味、淡い蜂蜜の甘味、香りより強めのピート、粘土っぽさのある余韻は長くない。

【Good/Very Good】


トバモリー蒸留所で作られるピーティなモルト,レダイグのオフィシャル1979です。

香りからはオレンジやバニラ,蜂蜜といった華やかな雰囲気に加えて,ややもっさりした粘土っぽさを伴うピート感が感じられました。
飲んでみると麦の無骨な旨味が強めで,香りよりもピートがしっかりと感じられました。
ピーティタイプのウイスキーにしては軽い印象だったのはトバモリーらしさでしょうか。
瓶内の変化なのか,各成分が融合したように感じられ,全体にまとまりがあって美味しくいただけました。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.12.12【日記】

レダイグ1974 オフィシャル 90年代ボトリング

淡く透明感のあるピート感は特徴的かもしれません。

 

レダイグ LEDAIG 1974 OB 43%
90年代前半ボトリング



シトラス、軽やかな麦感、乾燥しかかった草のような植物感、柔らかだが強めのピート、バニラ、かすかにチーズ、プレーンで淡さと透明感あり、やわらかな口当たりから薄い蜂蜜の優しい甘味、少しブリニー、植物感のあるピートと麦の旨みが余韻に残る。

【Good/Very Good】


トバモリー蒸留所のピーティモルト、レダイグから1974ヴィンテージのオフィシャルボトル。記載はありませんが90年代前半頃のボトリングのようです。

爽やかな柑橘や草っぽさ、軽やかな麦も感じられ、ちゃんとピートも主張するのに重厚感はなくプレーンで、全体的に淡さと透明感がありました。島モノっぽいブリニーさも感じられるように思いますが、ピーティな島モノのわりにはやっぱり迫力はなくクリアな印象でした。悪い意味ではなくコクや重厚感がないというか、やさしさにも感じられる淡い印象と透明感のある味わいで、序盤にも飲めるピーティモルトでした。このあたりはプレーンな樽とトバモリーの個性からくるものなのかもしれません。

同じピーティタイプの加水ボトルでも、アイラなどと比べて第一印象から違った印象を持ったため、どこが違うのかを気にしながら飲んだボトルでした。島モノっぽさのないハイランド系のピーティモルトともまた違っていますね。
なんとなく緩めの優しいピーティモルトとして飲むことの多いレダイグでしたが、今回はちょっと掘り下げて味わえた気がします。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.11.11【日記】

ニューリリース:レダイグ7年 ウイスキーエクスチェンジ レトロラベル

シェリーで若さを覆い隠しているような感じでした。

 

レダイグ LEDAIG 7yo THE WHISKY EXCHANGE RETRO LABEL 59.4%


強いピートと若い麦、キャラメリゼしたナッツ、ドライオレンジ、魚介ダシ、少し硫黄や醤油っぽいサルファリー、バーベキューの肉、飲むと生のピーテッドモルトを噛んだよう、カラメルソースの甘味、麦の旨味と魚介の旨味あり、スパイシーでややオイリー、ボディもあり長い余韻。

【Okay/Good】


ウイスキーエクスチェンジのレトロラベルからニューリリースのレダイグ7年です。

島モノらしい強いピートと旨みの濃い魚介ダシが感じられ、ちょっと硫黄や醤油っぽいサルファリーも伴うシェリー感も強めです。
香りはピートとシェリーと麦感などが融合せずカオスのようになっている感じでしたが、飲むと旨味が強くそれなりに美味しくいただけます。
7年という短熟だけあって、若々しい麦感も荒々しさもありますが、シェリーとピートでうまくマスクされているためかそこまで気になりません。
テイスティングしていて、オフフレーバーを十分に感じる余裕を与えられず強引に押し切られたような気分になったレダイグでした。


 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2013.07.06【日記】

プチSBT from goblin 2013/6月


モルト仲間のgoblinさんから、またブラインドサンプルをいただきました。
いつもありがとうございます。

今回もじっくり取り組ませていただきました。




・プチSBT from goblin 2013/6月


(以下はブラインドでテイスティングした内容です。)


・プチSBT from goblin 2013/6月


香り:
蜂蜜がけのチーズ、酪酸、干し草、少し若葉、やや凝縮したようなニュアンスのあるグレープフルーツ、乾いた麦、かすかにダシ醤油、サラミ、しっかりとピート、全体にしっとりしたニュアンス。

味わい:
意外に柔らかい口当たり、やはり旨みのあるチーズ、やや熟した柑橘、良いモルティ、しっとりした濃いピート、潮、べっこうあめの甘さ、結構ブリニー、舌にまとわりつくような旨みとピートのある余韻。

【G/VG】

チーズのニュアンス、強めのピート、凝縮した柑橘のニュアンス、これらをキーにして考えた。
まずはロングロウが一番予想。こういうものはいくつか飲んだことがあるように思う。
島モノであれば、良いラフロイグの柑橘感にはかなり共通点を感じた。ただしピート感が違う気がする。
あとはポートエレンでもこういうものがあっても良いと思う。
その他には、90年代以降のやたらピーティなスプリングバンクやブローラあたりを考えた。


予想
リフィルシェリーカスク、加水
1、ロングロウ1990年代
2、ラフロイグ1990年代
3、ポートエレン1980前後

 

以上のようなテイスティングと予想で回答メールをお送りしました。
 
正解は・・・、

 

 













レダイグ 1972-1990 LOMBARD Collection #1693-1694 46%


ロンバードからボトリングされた、トバモリー蒸留所のピーティタイプのモルト、レダイグでした。

加水のロングロウ予想には結構自信があったのですが、意外なボトルでした。
そういえば以前、酪酸・チーズがでるのはそれほど高級な樽ではなく、あまり資金が潤沢でない蒸留所のものに出やすい傾向があり、トバモリーとか多いよって有楽町のマスターに言われたことがありましたが、なるほどでした。(笑)

また、若さが無くわりと落ち着いた印象のボトルだったので、今思えばもうちょっと昔の蒸留で納得なのですが、ロングロウに意識が行き過ぎていたため加水の影響で穏やかなんだと決めつけていました。決めつけは良くなかったですね。ただし、ちゃんと落ち着いて飲んでもレダイグ予想は出てこなかった気がします。。。

ピートだけでなくちょっと動物的な旨味成分が多かったのも印象的で、そういう意味でもロングロウっぽかったのですが、今回のレダイグ、あまり飲んでいない蒸留所でしたしとても良い経験になりました。


goblinさん、相変わらず美味しいだけでなく面白いところを突いてきますね!

貴重なボトルをありがとうございました。

またこちらからも送らせていただきます!


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.05.11【日記】

ニューリリース:レダイグ1997 15年 チーフテンズ

ピート以外の要素もちゃんとあり、なかなか美味しいボトルでした。

 

レダイグ LEDAIG 1997-2012 15yo Chieftain's #800006 50.5%
one of 759 bottles, Sherry Butt



やや凝縮した柑橘、ナッツ、未熟感もある若い麦、やや湿ったピートとスモークも主張する。飲むとしっかりした麦と蜂蜜の甘味、ピーナッツバター、ほどよいキレもある。

【Good】


イアンマクロードのチーフテンズからニューリリースのレダイグ1997、15年熟成。
トバモリーのピーティタイプがレダイグで、ピートのあるものの方が短熟でも美味しく感じやすいことは多くの方が感じていることだと思います。
ただこのボトルはピーティ一辺倒ではなく、やや凝縮感のある柑橘などの他の成分も感じられるため、未熟感は無いとはいえないもののかなり美味しくいただけました。
シェリーバットですがそれほどシェリー感は前面に出ておらず、全体に少し厚みと深みを出している程度に作用しているように感じました。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.04.20【日記】

レダイグ15年 オフィシャル 90年代流通?

この頃のレダイグには結構良い印象を持っています。

 

レダイグ LEDAIG 15yo OB 43% 90年代?


強めの発香、蜂蜜、しっかり麦、潮と少しタールっぽいピート、アプリコット、オレンジ、やや粘性あり、コクのある蜂蜜の甘味、旨味成分あり、少しスパイシー。

【Good/Very Good】


ちょっと前のレダイグのオフィシャルボトル、15年です。
レダイグはご存じのとおりトバモリーのピーティタイプですが、結構良いボトルが多かった気がします。

このボトルは、麦感、熟した粘性のあるフルーツ感に私の好きなタールっぽいピート感が潮を伴って主張し、それぞれが良くバランスしています。
加水ですがわりと濃い口で、うっすら魚介系の旨みと蜂蜜のようなコクのある甘味もあってかなり好印象でした。


COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.02.01【日記】

独特な植物感とピート:レダイグ 1973 21年 ハートブラザーズ

軽いボディと独特な植物感とピート感でした。

 

レダイグ LEDAIG 1973 21yo HART BROTHERS 43%


香りは強い青草の植物感とシトラス、フレッシュな印象、しっかり感じる乾いたピート、スモーク、薄い蜂蜜。
飲むとシロップの甘さとタール系のピートがしっかりだが、ボディは不思議に軽め。

【Good/Very Good】


ハートブラザーズのレダイグ1973。
そういえばレダイグを飲むのは久しぶりでした。
島モノのはずなんですがあまり潮など海の印象を感じず、どちらかというとハイランドっぽい印象のピート感が印象的で、面白く美味しいボトルでした。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧