ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2017.04.22【日記】

ミルトンダフ 1966-1988 22年 セスタンテ 58.4%

まだ劣化要素のない不思議なオールドボトルでした。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 1966-1988 22yo SESTANTE 58.4%


香りは心地良く包む古いシェリー、プラム、素朴さのあるこなれた強い麦感、少しアーシー。
飲むとじわじわスパイシー、舌に染み込むような強い麦の旨味、噛み応えあり、心地良い甘味、香りよりプレーンな樽感、麦感のある長い余韻。

【Very Good】


1988年にボトリングされたセスタンテのミルトンダフ1966、22年熟成のカスクストレングスです。

香りには淡いオールドシェリー感があり、それに伴うフルーツ感もあるのですが、こなれた力強いモルティのほうが前に出ています。
意外に瓶内変化に伴て出てきそうなニュアンスは多くありませんでした。

飲んでもまだ生き生きとしており、ハイプルーフらしいスパイシーさも残っています。
香り良りも樽感は淡いのですが、香りから期待する通りの、こなれて舌に染み込むようで噛み応えもある強い麦の旨味が魅力的でした。

ボトリングから30年近く経っていますが、劣化要素はもちろん瓶内でのポジティブな変化に関してもゆっくりな印象でした。
グリーンケイデンやソサエティとかもそうですが、緑瓶は劣化も変化もしにくいような印象です。

とはいえきっとボトリング当初は相当荒々しいハイプルーフモルトだったことは想像にたやすく、きっとかなり飲みやすくはなっているのだと思います。
個人的にはこういうものは複雑でなくても好みですね。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood6

2016.09.18【日記】

ニューリリース:ミルトンダフ 1995-2015 20年 GM リザーブ ウイスキーフープ向け #12942 55.9%

良いバーボンカスクのスペイサイドモルトです。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 1995-2015 20yo GM RESERVE for THE WHISKY HOOP #12942 55.9%
one of 114 bottles, Refill Bourbon Barrel



香りは華やかなバーボンの樽感、強くバニラとオレンジオイル、淡くパイナップルや青リンゴ、ほどよく残った麦感、少しクリームやナッツ、強めのオーク。
飲むとヒリヒリとスパイシー、香り同様にバニラやオレンジ、蜂蜜のコクのある強い甘味、引き締める強めのオークとその渋味、リッチ、余韻は甘やかで長い。

【Good/Very Good】


GMがリザーブラベルでウイスキーフープ向けにボトリングしたミルトンダフ1995、20年熟成です。
会員のうちの希望者に7月に頒布になりました。

良いバーボンカスクの影響を受けた華やかなスペイサイドモルトで、香りからは青リンゴやパイナップルも感じるフルーツ感や淡いクリームのニュアンス、そしてオークはしっかり目に主張してきました。
適度な麦感も残っていましたのも良かったです。

飲んでみても香り同様にやはり良いバーボンカスクのニュアンスがしっかり主張してきます。蜂蜜系のコクのある甘味もあり、しっかりリッチなオーク感があり引き締める渋味もありますが、それに伴うことがありがちな生木っぽさがないのが特に好印象でした。


COMMENT(0)
この記事を評価するGood7

2015.10.14【日記】

ミルトンダフ14年 セスタンテ プラスカーデンヴァレー 40%

オールド感は好みを分けるかもしれません。

ミルトンダフ MILTONDUFF 14yo SESTANTE PLUSCARDEN VALLEY MILTONDUFF 14yo SESTANTE PLUSCARDEN VALLEY

ミルトンダフ MILTONDUFF 14yo SESTANTE PLUSCARDEN VALLEY 40%
80年代ボトリング



香りは強めのオールド感、紅茶、アプリコットジャム、熟したオレンジ、シナモン、カラメル、こなれた麦感、奥から土とオールドピート、
飲むと柔らかな口当たり、アプリコットジャムやドライオレンジのコクのある甘味、わずかなエグ味を伴う土のついたハーブと濃く入った紅茶のタンニン、しっとり染み込むような味わい。

【Good/Very Good】


プラスカーデンヴァレーと銘打たれたセスタンテのミルトンダフ14年,これは加水タイプで,この14年の他にも21年、12年があり、カスクストレングスもあって以前記事にもしています

短熟の加水タイプだけに,ややオールド感が強く出た部分はありましたが,熟した果実のような濃縮感と甘味があり,こなれてしみ込むような麦の旨味もあり,オールドピートやアーシーなニュアンスも味を深めていました。

セスタンテのこういうボトルには同じ年数の同じラベルでハイプルーフと加水タイプが両方あるものが多く,同じ樽でもないようなのですが,個人的にはハイプルーフに突き抜けたものが多い印象です。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood11

2015.02.28【日記】

ミルトンダフ 12年 セスタンテ プラスカーデンヴァレー 43% 80年代ボトリング

短熟加水のためかややオールド感が強めでしたが美味しかったです。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 12yo SESTANTE PLUSCARDEN VALLEY 43%
80年代ボトリング



香りはやや強めのオールド感、干し椎茸、カラメル、熟したオレンジ、プラムジャム、ホコリっぽい土、紅茶、薄めた黒蜜、柔らかな麦、飲むと柔らかな口当たりから広がる、プラムジャムの甘酸っぱさ、優しいコク、舌にしみ込むニュアンス、穏やかで心地良い余韻。

【Good/Very Good】


セスタンテが80年代にプラスカーデンヴァレーという銘でボトリングしたミルトンダフです。
12年でもカスクストレングスのタイプは今まで何度も飲みましたが,今回のものは加水タイプでした。

特に香りにおいて,やや強めのヒネや埃っぽさを感じるオールド感が強めに感じられましたが,熟したフルーツやジャムっぽさ,そして黒蜜のようなニュアンスがありました。
飲んでみるとやはりオールドらしいしみ込むような質感もあり,穏やかなコクと旨みがあって美味しくいただきました。

セスタンテの同時期のボトリングでも,ハイプルーフのものにはほとんどヘタレた感じやヒネを感じることが無いのですが,やはり短熟加水のモルトは経年変化が出やすいようですね。
好みもありますが,オールド感が好きな自分にとってもこのボトルは美味しく飲めるギリギリだったかもしれません。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2015.02.28【日記】

最近のリリース:ミルトンダフ 1984 28年 スコッチモルトウイスキーソサエティ 72.35

好みのタイプで,麦々しさにテンションが上がりました。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 1984 28yo THE SCOTCH MALT WHISKY SOCIETY 72.35 50.0%
one of 250 bottles, Refill Bourbon Hogshead



香りは素朴で良い麦感、淡く洋梨や桃、オレンジ、少しシナモン、プレーンな樽感、飲むと滑らかな口当たりから広がる、熟したオレンジ、麦の旨味濃厚、穏やかな甘味、余韻も素朴で心地良い。

【Very Good】


最近リリースされた,SMWSの72.35,ミルトンダフ1984,28年熟成です。

素朴で厚みのある麦感が香りからも味わいからもしっかりと感じられ,多彩なフルーツ感もあるのですが麦の奥の方から淡く主張してくる感じでした。
それほど複雑さはありませんが,樽感がプレーンでクセが無く,28年熟成で荒々しさや未熟感がなくなっている一方でしっかりとボディを残した熟成感で,麦の旨みをストレートに感じられるボトルでした。

自分的にはグリーンケイデンやセスタンテにもつながるようなニュアンスを感じるニューリリースで,テンションが上がってしまいました。
未開栓で10年以上おいてからまた飲んでみたいです。きっとボディも残しながら,よりフルーティが前面に出て複雑さも出てくるのではないかと思います。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2014.06.25【日記】

ミルトンダフ オフィシャル 12年 80年代流通

やはりこの辺は鉄板ですね。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 12yo OB 43%
80年代流通



香りは良いオールド感、アプリコットジャム、紅茶、薄めたカラメル、しっとりした麦、淡くオールドピート、飲むと柔らかな口当たりから広がる、コクのある蜂蜜やアプリコットの甘味、舌にしみ込むような麦の旨味もある、心地良い余韻。

【Good/Very Good】


80年代後半くらいに流通したミルトンダフ12年,当時のオフシャルスタンダードボトルです。

香りには私好みのオールド感があり,軽いジャム感,紅茶,麦,そしてオールドピートがそれぞれ優しく主張します。
飲んでも優しい味わいですが,甘味にはコクがあり,舌にしみ込むような旨味が感じられたのも好印象でした。
オールドのミルトンダフは,どの年代のものも安定して美味しいですね。欠点が無くバランスの良い完成度の高いものがほとんどです。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2014.02.18【日記】

ミルトンダフ1978 13年 ケイデンヘッド 150周年記念

プレーンですっきりとしたモルトでした。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 1978-1992 13yo CADENHEAD'S 150th Anniversary Bottling 59.4%


香りはフレッシュレモン、鋭く強い麦、若い植物感、蜜、強いバニラ、プレーン、飲むと植物感とバニラ、強いフローラル、シロップの甘さ、度数の割にはスパイシーは強くない。

【Good】


ケイデンヘッドの150周年記念ボトリングからミルトンダフ1978、13年熟成。

フルーツ、フローラル、植物感、麦感のすべてにフレッシュさと鋭さを感じ、プレーンな樽の短熟という感じで、原酒の個性がそのまま感じられるようなボトルでした。
度数とスペックからすると相当スパイシーなものを予想していましたが、意外とヒリヒリとしびれるようなニュアンスはありませんでした。
ボトリングから20年以上経っていますから、少し穏やかになったのかもしれません。


このボトルは、三越前のIANさんでいただきました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2014.01.10【日記】

ミルトンダフ14年 セスタンテ プラスカーデンヴァレー

プラスカーデンヴァレー史上一番かもしれません。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 14yo SESTANTE PLUSCARDEN VALLEY 57.4%
80年代ボトリング



良い香り立ち、ねっとりしたバナナクリーム、洋梨、熟した柑橘、熟したリンゴ、シナモン、バニラ、しっとりとまとわりつくような麦感とフルーツの酸のニュアンス、少し妖艶さ、飲むとじわじわと強まる刺激と芳醇に広がる味わい、リンゴジャムの甘味、濃厚な麦の旨味、シナモンもありアップルパイを感じる、スパイシーで旨味の濃い長い余韻。

【Very Good】


プラスカーデンヴァレーと銘打たれたセスタンテのミルトンダフ14年カスクストレングス。この14年の他にも21年、12年があり、加水タイプもあります。

カスクストレングスにしては香り立ちも良く、フルーツケーキを思わせるクリーミーでフルーティな香りとまとわりつくような麦の融合が感じられます。そしてうっすらですが何とも言えないちょっとセクシーなニュアンスも感じました。
飲んでも香り同様の陶酔感があり、フルーツと麦が融合しています。恐らくは瓶内での変化でしょう。ボディも厚く、濃い麦の旨みが長く残ります。VG/Eとするか迷ったボトルでした。

自分の中ではプラスカーデンヴァレー史上最高のボトルになりました。

 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood1

2013.12.25【日記】

ニューリリース:ミルトンダフ1994 19年 ケイデンヘッド スモールバッチ

若く素直な良いモルトでした。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 1994-2013 19yo CADENHEAD'S SMALL BATCH 46%
one of 936 bottles, Bourbon Hogsheads



香りはコクのある蜂蜜、バニラ、オレンジ、リンゴ、強めの麦、若干のフローラル、飲むと麦の旨味と蜂蜜の甘味、クセがなくややスパイシーな余韻。

【Good/Very Good】


ケイデンヘッドのスモールバッチシリーズからのニューリリース、ミルトンダフ1994、19年熟成の加水タイプです。

バーボン樽熟成の若いスペイサイドモルトという感じで、複雑さはないもののフルーティに加えてコクのある蜂蜜や麦の旨みが感じられました。
良質なブレンデッドウイスキーの下支えをする原酒になりそうな、クセが無くきれいな味わいのミルトンダフでした。

 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood1

2013.06.03【日記】

GMのシェリー長熟らしいミルトンダフ1969

渋味もありますが美味しいバリシェリーのボトルです。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 1969-2008 GM Distillery Labels for JIS #15293 50%
one of 296 bottles, first fill sherry butt



がっつりシェリー、皮ごと絞ったブドウ、ベリージャム、ドライフルーツ、ビターチョコ、黒糖、クローブ、強いウッディネス、飲むと濃いシェリーの甘さだが早い段階で引き締める渋味とミントに移行する。

【Good/Very Good】


GM蒸留所ラベルのミルトンダフ1969。
ジャパンインポートシステム向けのボトリングですが、これと同じ樽のカスクストレングスを大阪のSAKE SHOP SATOさんが詰められていました。カスクストレングスの方はリリース当時に何度かいただいたことがあったのですが、こちらの加水バージョンは初めてでした。

ややウッディネスとビターな渋味が強めでひっかかる部分はありますが、強い嫌味と感じるほどではありません。
ブドウ感や濃厚なジャム感などシェリー由来のフルーツの要素が充実しており、甘味も濃くガツンとした飲み応えのあるボトルです。
やや過熟とも言える渋味に関しては賛否両論とは思いますが、濃厚な甘味を締め上げているようで悪くない作用もしています。
改めてカスクストレングスの方も飲んでみたくなりますね。


COMMENT(2)
この記事を評価するGood1

2013.04.02【日記】

ニューリリース:ミルトンダフ1978 34年 スコシアロイヤル

お次はミルトンダフです。クラシカルでかなり旨いです。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 1978 34yo SCOTIA ROYALE 54.2%
one of 376 bottles



軽く焼いたトーストのような良い麦感、ヴァニラ、蜂蜜、薄く桃と洋ナシ、梅、粘性とコクのある蜂蜜の甘さ、ほどよいスパイシーも良い。キレあり。旨いクラシカルなモルトウイスキー。

【Very Good】


ニューリリースのスコシアロイヤル3つめはミルトンダフ1978。

前回書いたインチガワーとは違って、流行とは違ったモルティが前面に出た中に熟成感があるタイプで、ボディもキレもありクラシカルな印象で個人的にはかなり好みでした。


COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2013.03.11【日記】

ニューリリース:ミルトンダフ 1980-2012 32年 リキッドサン

度数は落ちていますが、へたれた印象はありません。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 1980-2012 32yo Liquid Sun 41.9%
one of 173 bottles, Ex-Bourbon Hogshead



バニラ、オレンジはグランマルニエに近い雰囲気、やや粘性、濃縮感のある濃さ、コクのある蜂蜜の甘さ、後半やや麦も主張、度数のわりにボディは感じられる。

【Good/Very Good】


リキッドサンのニューリリース、ミルトンダフ1980。32年熟成。
深みのあるオレンジのニュアンスは好印象で、度数は低いですが濃縮感があり美味しかったです。へたれた印象はありませんでした。

ところで1980蒸留が32年蒸留ってかなり違和感ありますが、まぎれもない事実ですね。
段々そういう認識になっていくのでしょうか。。。

 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2012.11.16【日記】

ひとつの完成形?:ミルトンダフ 12年 オフィシャル 70~80年代流通

超ハイレベルなオールドのオフィシャルスタンダードです。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 12yo OB
70~80年代ボトル



香りは蜂蜜と素朴で良い麦感を強く感じ、オレンジや桃など熟成感を感じるようなフルーツもしっかり。飲むと濃く深みのある蜂蜜と強めの甘味、やはりオレンジなど熟したフルーツ、非常に美味しい。

【Very Good】


70~80年代流通のミルトンダフ。ラベルにはバランタイン表記があります。
オールド短熟らしい素朴で強い麦感と、12年とは思えない熟成感とも思えるフルーツがともにしっかり感じられるボトル。これに蜂蜜の深い甘さが合わさって、この熟成年数のオフィシャルスタンダードとしてひとつの完成型じゃないかと思うほどに仕上がっています。
恐らく自宅でゆっくりテイスティングできたら、この旨みや深みを形成している複雑な成分をもっといろいろ抽出できる気がします。飲むのは2度目でしたが、以前に飲んだものも同様のニュアンスで非常に美味しかったです。
有楽町のマスターも、このボトルで外れたことが無いとおっしゃってました。


当時からバランタインのキーモルトでしたし、非常に旨いと言われるこの年代のバランタイン17年と飲み比べしてみたいです。
 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2012.08.30【日記】

ミルトンダフ 12年 セスタンテ ”プラスカーデンヴァレー” 61.1%

セスタンテの”プラスカーデンヴァレー”ハイプルーフ。中身はミルトンダフです。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 12yo sestante "PLUSCARDEN VALLEY " 61.1%



熟したプラムなどを感じるオールドの良いシェリー感、ちょっとデンプンっぽい麦感、シェリー感はきつすぎずほど良く効いている、味はリッチで複雑でかなり美味しい。
アルコール感は度数ほど強い感じではなく、じわじわ広がってくる感じ。


【Very Good】


セスタンテ(イタリア)のハイプルーフのミルトンダフ。
ほど良く主張するシェリー感とハイプルーフらしい飲み応えでとても美味しかったです。これもショートエイジなのに仕上がってますね。
確か加水のものもあったと思いますが、セスタンテといえばハイプルーフというイメージが強いです。
そういえば、BARで開いていると、「ああ、プラスカーデンヴァレーね」みたいな感じで普通に受け入れちゃってますが、プラスカーデンヴァレーってそもそも何なんでしょ?

 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧