ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.11.05【日記】

ニューリリース:スペイバーン 1991 22年 GM リザーブ メゾンドウイスキー向け #2293

生っぽさの無いバーボン感で良かったです。

 

スペイバーン SPEYBURN 1991-2014 22yo GM RESERVE for La Maison du Whisky #2293 46%
one of 336 bottles, Refill American Hogshead



香りは華やか、バニラ、オレンジ、青りんご、ナッツクリーム、飲むとオレンジや淡い桃、バニラ、クリーム、やわらかな蜂蜜の甘味、オークのタンニンが味を引き締め余韻にも残る。

【Good/Very Good】


GMが最近フランスのメゾンドウイスキー向けにボトリングした,スペイバーン1991,22年熟成。加水のリザーブラベルです。

良いバーボンカスク熟成由来と思われるオレンジや青リンゴなどのフルーツやバニラを感じる華やかな香り立ちで,飲んでもフルーティでややクリーミーであり,オークのタンニンは味を深めていますが新樽っぽい生木のニュアンスは感じませんでした。

最近のバーボン樽の良いところだけがうまく抽出された,ストレスフリーな加水ボトルで,さすがメゾンという感じでした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2014.09.29【日記】

現行品:スペイバーン 25年 ソレラ オフィシャル

やや粘性があり,リッチで仕上がったオフィシャルボトルでした。

 

スペイバーン SPEYBURN 25yo SOLERA 46%
現行品



香りは熟したアプリコット、強めの麦、淡くオイル、バタースコッチ、バニラ、蜂蜜、ナッツ、飲むとやや粘性あり、アプリコットジャムや蜂蜜の甘味、ややオイリーでリッチ、噛みごたえのある麦の旨味あり、余韻も長め。

【Good/Very Good】


スペイバーン25年,SOLERAと記載のあるオフィシャルボトルで,現在普通に流通しています。
フィディックのソレラリザーブのような,シェリーと同様のソレラシステムで熟成されたものなのでしょうか。

香りは熟したアプリコット,しっかりとした麦やオイルが感じられ,バタースコッチのようなニュアンスにも感じます。
飲んでみるとやや粘性のあるテクスチャーで,濃いめの甘味とオイリーさがありました。麦の旨みも濃いめで噛み応えを感じたのも好印象でした。

特別に個性が強いというわけではありませんが,粘性のある系統のモルトとしてしっかりと仕上がっている印象でした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2014.05.14【日記】

スペイバーン 1990 10年 ダグラスレイン オールドモルトカスク 透明瓶

透明瓶と緑瓶の違い,認識してませんでした。

 

スペイバーン SPEYBURN 1990-2000 10yo DOUGLAS LAING Old Malt Cask 50%
one of 434 bottles



透明感のある香り立ち、シトラス、薄めた蜂蜜、若さも感じる鋭く強めの麦、バニラ、植物感、飲むとシトラスと麦、香りから想像するより粘性があり濃いめのシロップのような甘味、植物感に伴う淡いエグ味がコクを出している。

【Good/Very Good】


ダグラスレインのOMCからスペイバーン1990,10年熟成。
普通OMCといえば緑瓶ですが,これはたまに見る透明瓶のOMCで,どうやらしっかりチルフィルターをかけているものは濁らないので透明瓶でリリースしていたようです。今まで迂闊にも,なんとなく飲んでました。(笑)

麦感や植物感,そして柑橘感において若さやフレッシュさがあり,全体には瓶同様に透明感のある香り立ちです。
飲んでみると意外と香りの透明感から連想するより粘性を感じ,また濃いめの甘味もあります。
植物感に伴う植物のエグ味のようなものが感じられますが,嫌味ではなく味を不思議と深める方向に作用しているように感じたのも印象的でした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.04.23【日記】

華やかなスペイバーン1973 オフィシャルリミテッドエディション

突然開栓したインバーハウス系オフィシャル3兄弟、1本目です。

 

スペイバーン SPEYBURN 1973 27yo OB LIMITED EDITION 46%


結構エステリーな熟成香、マーマレードのオレンジ感、ドライアプリコット、りんご、紅茶、優しい麦感、とろりとした甘味、甘酸っぱさもある、厚みはあまりないが余韻は長め。

【Good/Very Good】


オフィシャルのリミテッドエディション、スペイバーン1973です。
オフィシャルスタンダード以外はボトラーズも含めてなかなか飲む機会が無いスペイバーンですが、これは27年の長熟です。

インバーハウス系の蒸留所3か所から同時期のリリースと思われる3本が、最近有楽町で開きました。
2010年頃のリリースと思われますので、時期的には私ももうとっくにモルトにどっぷり浸かっているはずなんですが、こんなリリースは知りませんでした。

エステリーでフルーティな熟成香がしっかりと出ており、スモールバッチでしょうか??心地良い麦感もありバランスも良好です。
華やかな長熟スペイサイドモルトという感じで美味しかったですね。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧