ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2017.07.31【日記】

ストラスミル 1974-2007 BBR ベリーズオウンセレクション #1212 46%

長熟感たっぷりのストラスミルでした。

  

ストラスミル STRATHMILL 1974-2007 BBR BERRY'S OWN SELECTION #1212 46%


香りは強い熟成感のあるエステリーなフルーツ、洋ナシとオレンジ、淡くシナモン、心地良いオーク。
飲んでも優しい口当たり、香り同様に長熟のエステリーなフルーツ、心地良い甘味と淡いオークの渋味、厚いボディは無いが心地良い余韻。

【Good/Very Good】


BBRの定番、ベリーズオウンセレクションからストラスミル1974。
2007年のボトリングなので、およそ33年の熟成です。

長熟の加水タイプで、香りも味わいもエステリーでかなりフルーティです。

度数落ちからの加水だったのか、そもそもの酒質が軽いのか、どちらかはわかりませんが、原酒の個性や酒の厚みはあまり感じられませんでした。

とはいえフルーティで甘味と渋味のバランスも良好で、華やかな長熟スペイサイドモルトとして優れた1本だと思います。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood6

2015.11.09【日記】

ストラスミル 1963-2003 40年 ダグラスレイン オールドモルトカスク #617

妖艶さのある長熟ストラスミル,かなり美味しいです。

ストラスミル 1963-2003 40年 ダグラスレイン オールドモルトカスク #617 ストラスミル STRATHMILL 1963-2003 40yo DOUGLAS LAING Old Malt Cask #617

ストラスミル STRATHMILL 1963-2003 40yo DOUGLAS LAING Old Malt Cask #617 50%
one of 444 bottles



香りは強く妖艶で複雑、濃厚、アプリコットジャム、オレンジマーマレード、煮出しすぎた紅茶、素朴な麦感もしっかり、強めのウッディネスには淡いヒノキっぽさを伴う、淡くレザー感と腐葉土、クローブやハーブ、ナッツ、淡くオールドピート、複雑でリッチ。
飲むと厚みがあり芳醇に広がる、トロリとした粘性のあるテクスチャー、アプリコットジャムのコクのある甘味、しっかりしたウッディネスと心地よいタンニン、麦の旨味も染み込む、奥からオールドピート、少しオイリーで長く心地よい余韻。

【Very Good】


ダグラスレインのOMCからストラスミル1963,40年熟成です。
OMCのストラスミルというとドシェリーの1962が大好物でしたが,これはそこまで色が濃くはありません。

上記のとおり,強い香り立ちで最初から妖艶さと複雑さ,そして濃厚さを感じます。
加熱濃縮したようなフルーツ感がしっかりとあり,超長熟ですが麦感もしっかりと残っています。さすがにウッディネスは強めですが,その他にも土っぽさやレザー感,スパイスやハーブ,そして古いピートと非常に多彩で魅力的な成分が次々と拾えてしまいます。

飲んでも香りを裏切らない複雑さと濃厚さを兼ね備えた味わいで,少しオイリーさも伴うトロリとした粘性があり甘味には強いコクがあります。ウッディネスは強めですが渋味はキツ過ぎず味をさらに深めており,オールドピートも効きすぎた隠し味のように湧いてきました。

また,香り・味わいともに次々と魅力的な要素が拾えてテイスティングが楽しいモルトでもありました。

この熟成期間で50%ですし,この厚みと濃縮感のある味わい的にも加水はあまりしていないのではないかと思います。


 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood10

2014.03.05【日記】

ストラスミル1962 39年 ダグラスレイン オールドモルトカスク

バリシェリーの旨いストラスミルでした。

 

ストラスミル STRATHMILL 1962-2001 39yo DOUGLAS LAING Old Malt Cask 45.2%
one of 270 bottles, SHERRY CASK



香りは強く心地良いシェリー、ベリージャム、黒糖、カラメル、ドライフルーツ、ビターチョコレート、ハーブ、リッチ、良いウッディネス、飲むと濃厚なジャムと黒糖の濃い甘味、強めのウッディネスと渋味、ミント、ハーブ、リッチでパワフル、余韻も長い。

【Very Good】


ダグラスレインのOMCからストラスミル1962、39年熟成。

色も非常に濃いバリシェリーのボトルで、香りの最初から良いシェリー感が支配的です。長熟のためか樽の渋味もわりと強めに感じますが、個人的には嫌味になるギリギリに留まっていました。
シェリーカスク由来の複雑で強い要素が香り・味わいともに充実しており、度数は下がっていますがパワフルでかなり主張の強いモルトです。
何度も飲んだボトルなのですが、いつ飲んでも美味しいですね。

余談ですが、私が初めて飲んだストラスミルがこのボトルで、強い印象を残してしまったので、蒸留所の印象を修正するのにかなりてこずりました。(笑)

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2014.02.18【日記】

ストラスミル1980 11年 ケイデンヘッド 150周年記念

これまたプレーンな短熟モルトでした。

 

ストラスミル STRATHMILL 1980-1992 11yo CADENHEAD'S 150th Anniversary Bottling 60.5%


香りはややこもった香り立ち、フレッシュライム、強い草っぽさ、強い麦、バニラ、白い花、プレーン、飲むと麦の旨味濃厚、強い植物感、シロップの甘味、ややスパイシーでキレのある余韻。

【Good】


ケイデンヘッドの150周年記念ボトリングからストラスミル1980、11年熟成。

やや香りがこもった印象でしたが、前回のミルトンダフに続きこちらもプレーンな樽感と短熟のフレッシュなニュアンスが主な個性でした。
飲んでからの麦感に関しては若い鋭さだけでなく濃厚な旨みも感じられたのが印象的でした。


このボトルは、三越前のIANさんでいただきました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.11.06【日記】

ストラスミル10年 シグナトリー スコティッシュワイルドライフ

スムースでやさしいモルトでした。

 

ストラスミル STRATHMILL 10yo SIGNATORY VINTAGE SCOTTISH WILDLIFE 43%


薄めた蜂蜜、強めのしっとりした麦感、レモン、シトラス、白い花、少しシナモン、クリア、やわらかな口当たり、麦で作ったシロップのような甘味。

【Good】


シグナトリーがスコティッシュワイルドライフという銘柄でリリースしたストラスミル10年。

私は初めてでしたが、このシリーズは他にもポートエレンなど4種類くらいあったとのことです。ラベルから察するに野生動物の協会関連のボトルなのかもしれません。

短熟ですが加水と瓶内変化のためかクセがなくかなりスムーズで、麦のやさしい甘味と旨味が心地良く、派手さはないものの飲み飽きしないタイプでした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.09.08【日記】

ニューリリース:ストラスミル1976 37年 ウイスキーエージェンシー

新しいシリーズにもマイナー系蒸留所が入っていました。

 

ストラスミル STRATHMILL 1976-2013 37yo THE WHISKY AGENCY 47.0%
one of 216 bottles, refill hogshead



エステリーで華やかな発香、オレンジ、桃や洋梨、バニラクリーム、紅茶、シナモン、少しミント、ねっとりしたクリーミーな甘味、杏仁豆腐、心地良いウッディネスと引き締める渋味、若干の植物感とエグ味。

【Good/Very Good】


ウイスキーエージェンシーのニューリリースからストラスミル1976、37年熟成。

エージェンシーらしいエステリーで華やかな熟成感があり、フルーツ感は多彩でした。若干の植物感とエグ味が引っかかる部分もありましたが、クリーミーさがあり非常に美味しいボトルでした。

エージェンシーは、ハウススタイルは別にして、マイナー系でも熟成感があっておいしいボトルを出してくるイメージでしたが、これもそんな感じでした。

 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2013.07.07【日記】

自宅テイスティング:ストラスミル1983 29年 ダグラスレイン OMC マッシュタン&信濃屋向け #9095

ストラスミル史上、一番早く売り切れたボトルでは無いでしょうか。

 

ストラスミル STRATHMILL 1983-2012 29yo DOUGLAS LAING OMC for THE MASH TUN & Shinanoya #9095 51.2%
one of 134 bottles, refill hogshead



・香り:
最初はこもっており重い印象、アプリコットジャム、オレンジ、焼きリンゴ、カラメル、針葉樹のウッディネスや強めの松ヤニ、樹液、バニラ、やや焦げ感のある麦がしっかり、シナモン、紅茶、植物感も少々、粘性のありそうな甘い香り、重厚でリッチな印象。

・味わい:
ねっとりした口当たり、熟したフルーツが充実、プラム、アプリコット、シナモン、少しミント、やはり松ヤニっぽいオイルやオークを強めに感じる、粘性のあるテクスチャー、後半スパイシー、濃いめの甘味はアプリコットジャムやキャラメル、タンニンの渋味が効いている、最後にタールっぽいピートも感じる。ボディも厚くリッチ。

・余韻:
スパイシーでややオイリーな長い余韻。

・加水:
そのまま薄まる。崩れにくい。

・総評:
熟したフルーツと麦感、ウッディネスも主張し複雑でリッチなストラスミル。
長く残る松ヤニとオイルのニュアンスが好みを分けるかもしれないが、80年代としては出色の出来と感じた。

【Good/Very Good】


ダグラスレインのOMC、目黒のマッシュタンさんと信濃屋さん向けに詰められたストラスミル1983。リリース当時に結構話題になったボトルで、すぐに売り切れました。かなり地味な印象の蒸留所であるストラスミルですが、こんな勢いで売り切れたことがあったでしょうか。

ストラスミルにはこんな重厚でオイリーな印象は持っていませんでしたが、想像以上にパワフルでリッチなボトルでした。個人的にはやや飲み疲れする系統ではあるのですが、旨みも濃くとても美味しかったです。
暗黒時代のイメージのある80年代スペイサイドですが、こういうものもあるんですね。


 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2013.05.20【日記】

けっこう華やかなストラスミル1991 20年 ハートブラザーズ

華やかな加水タイプでスターターとして良かったです。

 

ストラスミル STRATHMILL 1991-2012 20yo HART BROTHERS 46%


わりと華やかで軽やかなフルーティ、オレンジと蜂蜜、やわらかい麦感、少し粘土やデンプン、コクのある薄めた蜂蜜の甘味。

【Good】


ハートブラザーズのストラスミル1991、20年熟成。
昨年ボトリングで今も流通しているボトルです。

最近マッシュタンさんと信濃屋さんがボトリングしたストラスミルをいただく機会があったのですが、年代も樽も違うためか明らかな共通点は見出せませんでした。
しかし香りは華やかでフルーティ、飲んでも心地良い甘味があり、なかなか美味しいボトルでした。
この日の1杯目にいただいたのですが、良いスターターになりました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧