ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2017.05.10【日記】

グレンスペイ 30年 スペシャリティドリンクス シングルモルツオブスコットランド アニバーサリーセレクション 54.5%

熟成感とどこか和風なニュアンスが面白いボトルでした。

 

グレンスペイ GLENSPEY 30yo SPECIALITY DRINKS The Single Malts of Scotland ANNIVERSARY SELECTION 54.5%
one of 455 bottles



香りは熟成感あり、和梨と焼きりんご、パイナップル、蜂蜜と心地良いオーク、栗、優しい麦感。
飲むとじわじわとスパイシー、和梨とりんご、意外に強めのミント、少し蜂蜜感のある上品で強すぎない甘味、心地よいオーク、綺麗な余韻。

【Good/Very Good】


スペシャリティドリンクス(ウイスキーエクスチェンジ)がボトリングしたグレンスペイ30年です。
シングルモルツオブスコットランドの通常ラベルではなく、アニバーサリーセレクションと銘打たれています。
ヴィンテージの表記はありませんが、2000年代後半から2010年頃のリリースだったと思いますのでヴィンテージは1970年代後半だと思われます。

香りには度数を感じないような熟成感があり、和梨や栗など和風のニュアンスを持ちつつも、多彩なフルーツ感がありました。
また、ほどよく麦やオークも感じられました。

飲んでもやはり熟成感のあるフルーツが感じられ、香りの印象よりミンティさを感じました。
甘味とほどよく引き締めるオーク感も良く、バランスのとれた優しい味わいでした。飲み心地も良かったです。

そういえば、同じボトルを前回飲んだ時には和風なニュアンスは気になりませんでした。
たまにあるのですが、私やボトルのコンディションで感じ方が変わるモルトのひとつなのかもしれません。
なくなる前にまた飲んでみようと思います。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood5

2016.02.15【日記】

ニューリリース:グレンスペイ 1991-2015 BBR メゾンドウイスキー向け #800331

マイナー蒸留所の正統派でした。

グレンスペイ GLRNSPEY 1991-2015 BBR for La Maison du Whisky #800331 GLRNSPEY 1991-2015 BBR for La Maison du Whisky #800331

グレンスペイ GLRNSPEY 1991-2015 BBR for La Maison du Whisky #800331 53.9%


香りは素朴で心地よい麦感、穏やかなバニラ、少しシナモン、プレーンな樽感、少し若葉や栗、淡いオーク。
飲むとややスパイシーで噛み応えもあるテクスチャー、麦の旨味がしっかり、加熱したリンゴ、穏やかなコクのある蜂蜜系の甘味、心地良い酸味、シナモン、穏やかなオーク、少しオイリーで嫌味のない余韻。

【Good/Very Good】


最近BBRがフランスのメゾンドウイスキー向けにボトリングしたグレンスペイ1991、およそ24年の熟成です。

プレーンな樽感で素朴な麦感が前面に出たモルトで、際立った熟成感やフルーツ感があるわけではないのですが、全体的には単調な香味ではなくふくよかさや刺激のないテクスチャーなどに熟成感を感じます。

濃縮感があって噛みごたえも感じましたし、コクのある甘味も好印象でした。
プレーンでストレスのない味で、家で開いたら飲み飽きせずじゃんじゃん飲んでしまいそうです。

グレンスペイというとマイナー蒸留所という印象は否めませんが、味付け感もなくボディを失いつつフルーティに寄っているわけでもなく、正統派の味わいという印象でした。



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood10

2014.11.03【日記】

ニューリリース:グレンスペイ 1981 32年 ウイスキーエージェンシー&アレントレーディング

エージェンシーの長熟マイナー系モルトとしてはちょっと意外な系統でした。

 

グレンスペイ GLENSPEY 1981-2013 32yo THE WHISKY AGENCY with ARen Trading 50.9%
one of 203 bottles, Refill Hogshead



香りはフルーティだがややもっさり感あり、素朴な麦感と植物感、熟したオレンジ、紅茶、バニラ、オーク、飲むとまろやかでトロリとした口当たり、熟したオレンジや蜂蜜のコクのある甘味、麦と淡くオークのタンニン、やや粘性があり長めの余韻。

【Good/Very Good】


ウイスキーエージェンシーのニューリリース,グレンスペイ1981,32年熟成の長熟です。
台湾のアレントレーディング社とのジョイントボトリングとのことです。

香りにはオレンジなどのフルーツやバニラ,紅茶などのニュアンスがあり華やかさも無くはないのですが,もっさりしたニュアンスやわりと素朴な麦感や植物感も感じられました。
飲んでみると粘性のあるテクスチャーで,オレンジや蜂蜜の甘味にはコクもあって,オークのタンニンも深みを出していましたが,全体としては無骨なニュアンスも伴っているように思いました。

グレンスペイというと,決してメジャーな蒸留所ではなく,エージェンシーのこういう蒸留所の長熟モルトというと,ボディやハウススタイルは失われているものの突き抜けてエステリーでフルーティな変化を遂げたものがかなりの割合を占めるイメージでした。
しかしこのボトルは,厚いボディがあるわけではありませんが度数も高めでやや素朴なニュアンスがあり,想像した上記のようなタイプとは異質なものでした。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2014.03.21【日記】

グレンスペイ 1974 26年 シグナトリー #792

久しぶりに飲むグレンスペイでした。

 

グレンスペイ GLENSPEY 1974-2000 26yo SIGNATORY VINTAGE #792 50.4%
one of 230 bottles



香りはバニラ、オレンジ、強めの植物感、蜂蜜、しっとりした麦感、紅茶、飲むと優しめの口当たりからじわじわ広がる、オレンジマーマレードと蜂蜜の甘味、優しい麦の旨味と植物感。

【Good/Very Good】


シグナトリーのダンピーボトルからグレンスペイ1974、26年熟成。
リフィルバーボンカスクでの熟成由来と思われる成分と、やや強めに感じた植物感が印象的でした。
やや強めの植物感以外にはそこまで特徴的な成分は感じなかったのですが、嫌味が無くフルーツ感や麦感のバランスの良いタイプだと思いました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.12.20【日記】

ニューリリース:グレンスペイ1995 17年 ケイデンヘッド スモールバッチ

黒ケイデンニューリリース、これまたあまり飲む機会の無いグレンスペイです。

 

グレンスペイ GLENSPEY 1995-2013 17yo CADENHEAD'S SMALL BATCH 46%
one of 948 bottles, Bourbon Hogsheads



ややこもった香り、もっさりした麦感、バニラ、植物感、奥からうっすらと柑橘とパイナップル、飲むと強めの植物感と麦感、薄めた蜂蜜の甘味、さらりとした余韻。

【Good】


ケイデンヘッドのスモールバッチシリーズからのニューリリース、前回のブレイズオブグレンリベットに続き、シングルモルトとしてはややマイナーなグレンスペイ1995、17年熟成の加水タイプです。

加水のわりにはややこもった香り立ちでしたが、時間とともにやわらかく広がってくるような感じでした。全体的に主張するところがなく、やや緩くもっさりとした印象でしたが、ボディは軽めでさらりとした余韻でした。
奥の方からはうっすらと良さげなフルーツ感も顔を出しますし、開栓からしばらくするともう少し華やかになるかもしれません。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.10.13【日記】

グレンスペイ 1989 21年 オフィシャル リミテッドエディション

多彩な味わいが楽しめました。

 

グレンスペイ GLENSPEY 1989-2010 21yo OB LIMITED EDITION 50.4%
one of 5844 bottles



オレンジマーマレード、熟したプラム、アップルパイ、アプリコットティー、しっとりした麦、少しオイル、リンゴジャムの甘味、麦感の中にかすかに紙が見え隠れ。

【Good】


グレンスペイ1989、オフィシャルのリミテッドエディションで21年熟成です。

わりと熟したニュアンスがしっかりあるフルーツが多彩で、飲んでもフルーツ系の甘味が好印象です。
華やかなフルーツの要素のわりに麦感も感じられ、若干ですが紙っぽさも感じたのが印象的でした。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.07.06【日記】

グレンスペイ12年 オフィシャル マネージャーズドラム

めったに飲まない蒸留所のマネドラでした。

 

グレンスペイ GLENSPEY OB The Manager's Dram 53.5%
bottled 2008



シトラス、強い麦感、若草、薄めの蜂蜜、若さのある刺激、飲むと香りより刺々しくない、ふくよかな麦の旨味と甘味、ドライでキレあり。

【Good/Very Good】


グレンスペイのオフィシャルボトル、2008年詰のマネージャーズドラムです。
グレンスペイって花と動物シリーズ意外ではほとんど出会わない蒸留所でしたが、マネドラも初めてでした。

若いモルトらしい麦々しい感じや若草のような植物感があります。
ボトリング当時はどうだったかわかりませんが、少なくとも今飲むぶんには未熟感や刺々しさはほとんど感じられません。
樽が強くなくプレーンな印象で麦の旨味と甘味がしみじみと感じられる美味しいモルトで、最近良く飲むマネージャーズチョイスあたりとも共通点の多いボトルでした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧