ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.01.13【日記】

キンクレイス1963 32年 GM プライベートコレクション

貴重なキンクレイス、なかなか飲めません。

 

キンクレイス KINCLAITH 1963-1996 32yo GM PRIVATE COLLECTION #100572 40%
one of 64 bottles, REFILL SHERRY HOGSHEAD



香りは熟したメロン、生姜、カラメル、アプリコットティー、穏やかなシェリー、こなれた麦感、パフューム手前のフローラル、飲むと穏やかな口当たりから濃いアプリコットティーのコクのある甘味、ミント、ちょっとヒノキのあるウッディネス、穏やかで長い余韻。

【Good/Very Good】


GMのプライベートコレクションからキンクレイス1963、32年熟成。
40%ですがカスクストレングスのようです。

キンクレイスの特徴と言われるメロンや生姜のようなニュアンスがあり、熟成感もあり、穏やかなシェリー感も相まって複雑で多彩なフレーバー構成になっています。
このボトルは以前にも飲んだのですが、今回結構強めに感じた香水系のフローラルな要素は前回は拾えませんでした。開栓後の変化で出現してきたものなのかもしれません。

レディバーンやベンウィヴィスなど、ボトルの希少性が高い蒸留所のなかでも、もっとも個性があって美味しさもあるのがキンクレイスな気がします。
とはいえなかなか飲めませんが・・・。

 

このボトルは、三越前のIANさんでいただきました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧