ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2018.10.08【日記】

アードベッグ 1976-2000 23年 オフィシャル ハンドボトルド アードベッグコミッティー向け #2394 53.2%

図太いシェリーと強い70年代アードベッグの個性がぶつかり合ってました。

 

アードベッグ ARDBEG 1976-2000 23yo OB Hand Bottled for THE ARDBEG COMMITTEE #2394 53.2%
one of 466 bottles, Sherry Butt



香りは重めのシェリーと薬っぽく鋭いヨード、プルーンと黒糖のかりんとう、焦がしたバーベキューソース、磯っぽさとヨードの効いた強いピート。
飲むとパワフルで芳醇。噛み応えのあるテクスチャー、濃縮したフルーツの甘味と深みのあるタンニンの渋味、コクのあるたまり醤油やみたらしのたれ、焼いた肉や焦がした麦の旨味、少し鋭い金属感、強いピート、ミーティさもある長い余韻。

【Very Good】


2000年にアードベッグコミッティー向けにボトリングされたアードベッグ1976、23年熟成。
シェリーバット熟成のシングルカスクで、非常にレアなボトルです。

香りは60年代とは異なる、70年代らしい図太い濃厚シェリー感で、上記の如くプルーンやかりんとう、そしてバーベキューソースのようなミーティさもありました。

これに70年代アードベッグらしいヨードとナフタレンっぽさのある鋭さのあるピート、それに磯っぽさが力強く感じられ、樽感と原酒の個性がせめぎ合いながら同居しているようでした。

飲んでも期待通りの力強さと芳醇さがあり、やはり濃厚な70年代シェリー感とアードベッグの個性が同時に感じられるものでした。

どちらかというと、味わいは香りよりも樽が優勢なようにも感じましたが、やはりカオスのような混然一体とした感じが魅力的でした。

私はこの時代のアードベッグは、原酒の個性が前面に出たタイプが好きなのでこってりシェリーよりもリフィルバーボンホグスくらいが好みではありますが、それでも圧倒的な迫力と説得力のあるボトルで圧倒されました。



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood9

2018.06.14【日記】

アードベッグ1975 25年 ジョンミルロイセレクション 58.0%

何度飲んでも素晴らしいシェリーカスクのアードベッグです。

 

アードベッグ ARDBEG 1975-2001 25yo John Milroy SELECTION 58.0%
Sherry Butt



香りは力強い。塩素と鋭い金属感、強烈なピート、心地良いシェリー感、ベリー、少しミーティ、海藻、旨そうなモルティ。
飲むと度数より穏やかな口当たりからパワフルに広がる。香り同様に塩素や金属感、アプリコットジャム、 染み込むような旨味、少しミーティでコクのある甘味、鋭さのある強いピート、濃厚で一体感のある長い余韻。

【Very Good/Excellent】


ジョンミルロイセレクションからアードベッグ1975、2001年のボトリングで25年熟成です。

非常に美味しく何度か飲む機会があったこともあり、ボトラーズからリリースされたシェリーカスクの70年代アードベッグというと自分はまずこれが頭に浮かびます。

今回は、ややボトルの底の方で飲んだこともあってか、今まで飲んだ印象と比べるとアタックの刺激が少なくまったりしたテクスチャーを感じました。

そのためかいつもよりもシェリーカスク由来と思われる熟したフルーツ感が強めに感じられ、シェリーカスクとアードベッグの個性がより一体化して感じられたのでした。

知っているつもりのボトルのいつもと違う姿が垣間見ることができて、幸せな1杯でした。

なお、開栓後の変化には長期の瓶内変化が急激に起きたような印象を持つことが多いのですが、今回もそんな感覚を強く持ちました。



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood9

2018.06.06【日記】

ニューリリース:アードベッグ オフィシャル "グルーヴス" コミッティ向け 51.6%

暖かみのあるタイプで完成度高めでした。

 

アードベッグ ARDBEG OB "grouves" SPECIAL COMMITTEE ONLY EDITION 51.6%


香りはまったりと甘やかで強い、パパイヤ、バラのフローラル、ヨードもあるが焦げ感のあるスモーク優位の強いピート、僅かにミネラルの鋭さを感じる。
飲むと意外に滑らかな口当たりから芳醇に広がる、温かい、ジャム系の甘味、コクあり、やや磯っぽいブリニー、暖炉で燃える薪、僅かに燻製の肉っぽさ、ヨードもスモークも強いピートが残る。

【Good/Very Good】


毎年恒例のアードベッグ限定リリース、今年はグルーブスと銘打たれリリースされました。
"木の表面までしっかり跡がつくほど焦げ付かせたワイン樽で熟成"と記載されており、フィニッシュではなく強くチャーしたワイン樽ですべての期間熟成させたということでしょうか。
今年も、まずこのコミッティー向けの白ラベルカスクストレングスが出て、それからアイラフェスで黒ラベルの加水が出てくるという流れのようで、先日のアードベッグデー以降、日本でも流通しています。

上記のような思い切った樽使いのためか、らしい金属感や鋭い印象は控えめで、温かく濃縮感のある甘味を持ったタイプに感じました。

らしさももちろんありますが、暖色系のアードベッグとして良い仕上がりだと思います。

このコミッティー向けのカスクストレングスと一般向けの加水タイプ、個人的には味付け感やちぐはぐな感じが薄まる加水後のほうが好きだったりするのですが、わりとコミッティー向けもまとまっていた今年はどうでしょう。

加水タイプを飲むのを楽しみにしています。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood5

2018.05.27【日記】

アードベッグ 1978-1996 18年 スコッチモルトウイスキーソサエティ 33.40 55.3%

すっぴん系の70年代アードベッグでした。

 

アードベッグ ARDBEG 1978-1996 18yo THE SCOTCH MALT WHISKY SOCIETY 33.40 55.3%

香りはプレーンな樽感と強めのモルティ、レモン、淡いがらしい金属感、ガツンとスモーキー。
飲んでもプレーンな味わい、クセのないシロップの甘味、レモンとやや鋭い金属感、ボディはそれほどない、スモーキーな余韻。

【Good/Very Good】


スコッチモルトウイスキーソサエティから33番=アードベッグ1978、1996ボトリングの18年熟成です。

ソサエティにしばしばあるプレーンな樽感で、香りにも味わいにも味付け感がありませんでした。
70年代後半ということもあるのか度数のわりにややボディが軽めで、そこまで露骨ではありませんでしたが70年代アードベッグらしい金属感やスモーキーフレーバーが感じられました。

複雑さはそれほどありませんでしたが、全体的にクリアなすっぴんのアードベッグ1978という感じで楽しくいただきました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood4

2018.04.16【日記】

近年リリース:アードベッグ 1993-2016 22年 ハートブラザーズ 52.8%

安定の90年台前半蒸留でした。

 

アードベッグ ARDBEG 1993-2016 22yo HART BROTHERS 52.8%


香りはオレンジクリーム、バニラ、ローストしたナッツ、少し磯っぽさ、淡い金属感と強いピート。
飲むと意外にミルキーで牡蠣っぽい、じわじわと胡椒のスパイス、しっかりとクールな金属感、シトラス、噛み応えのあるモルティ、スモーキーな鋭いピート、オイルを伴う余韻は長め。

【Good/Very Good】


ハートブラザーズが2016年にボトリングした、アードベッグ1993、22年熟成です。

ちょっと70年代蒸留のボトルとは趣が異なりますが、それでも新旧アードベッグに共通するクールな金属感やスモーキーで磯っぽい強いピートは健在です。

原酒の個性とバーボン系の樽の影響が共に感じられてアードベッグとしてのバランスも良く、安定の美味しさでした。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood5

2018.04.10【日記】

アードベッグ 1973-1988 サマローリ フラグメンツオブスコットランド "アイラ" 57%

やっと飲めました。感激です。

 

アードベッグ ARDBEG "ISLAY" 1973-1988 SAMAROLI FRAGMENTS OF SCOTLAND 57%
one of 648 bottles



香りは独特のクールな金属感と塩素、クレゾール、アプリコットジャム、シトラス、砂利を含む土っぽさ、魚介の燻製、強いピート。
飲むとじわじわと力強く広がる。香り同様のクールな金属感や樟脳、少し凝縮感のある柑橘、舌に染み込むたまらなく濃い麦芽の旨味、それらに加えてタールやスモークなどが強く主張する長い余韻。

【Excellent】


サマローリが1988年にボトリングした「フラグメンツオブスコットランド」シリーズから、アイラ表記のアードベッグ1973。約15年の熟成です。
このシリーズは他に、スペイサイド表記のグレンエルギンイースタンハイランド表記のグレンギリーオークニー表記のハイランドパーク、そしてキャンベルタウン表記のロングロウ(それとニューフィリングモルト表記ののロングロウ)がありますが、どれもサマローリの黄金期らしい素晴らしいモルトばかりでした。
他が50%加水でボトリングされているのに対して、このアイラ表記のアードベッグだけは57%でボトリングされており、なんといってもこのボトルだけ私は飲んだことがありませんでした。
ずっと飲みたかったボトルと、今回やっと出会うことができました。

強いピートや潮のニュアンスはもちろん、クールな金属感に塩素やクレゾールっぽさ、さらに砂利っぽい土っぽさなど、この時代のアードベッグに求めるものがしっかりと詰まっていました。

そんな中で特に魅力的に感じたのは、57%というハイプルーフでボトリングされておよそ30年が経過し、力強さや濃厚さは保ちつつも刺激は丸みを帯び、旨味が強烈に舌に染み込んでくるようなテクスチャーがあったことでした。

それでいてオールドボトル特有の引っ掛かりもなく、まさに今が飲み頃のピークだと思います。

想い入れ無しでは評価できない1本ですが、サマローリ氏に思いを馳せながら最後の1杯としてじっくりと味わい、この日は身も心も大満足で帰路につきました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood10

2018.03.07【日記】

アードベッグ1975 24年 ダグラスレイン オールドモルトカスク 50%

やはりこの当時らしい別格の美味でした。

 

アードベッグ ARDBEG 1975-2000 24yo DOUGLAS LAING Old Malt Cask 50%
one of 713 bottles



香りは鋭くクール、金属感しっかり、消毒液やナフタレン、プレーンなシロップ、タールっぽさもあるしっかりとしたスモーク。
飲んでもクールで鋭く金属的、フレッシュさを残すシトラス、強くスモーキーで独特の味わいだが甘味にはクセがなくドライ、ブリニーでピーティな余韻。。

【Very Good】


ダグラスレインのOMCから2000年にボトリングされたアードベッグ1975、24年熟成。

香りにおいても味わいにおいても、70年代らしいクールで金属的なニュアンスを伴う独特のピーティさが特徴的で、集毒液のような要素もあり個性的でした。

そのわりに甘味にはクセがなく、海のニュアンスもあり、期待通りの美味しさですね。

加水50%ですが薄まった感じもなく、飲み頃感もあって満足感のある1杯でした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood5

2018.02.11【日記】

アードベッグ 12年 オフィシャル 1966年ボトリング 46%

50年代蒸留の貴重なアードベッグです。

 

アードベッグ AREBEG 12yo OB bottled 1966 46%


香りは鋭く強い。フレッシュシトラス、アプリコットジャム、金属感や砂利っぽさを伴うアーシー、レザー、燻製の魚、ピートは奥からじわじわと上がってくる。
飲むと穏やかな口当たりからから芳醇に広がる。やや濃縮したフルーツのコクのある甘味、香り同様に金属的だがエグミは軽微。魚介系の旨味は濃い、ドライで鋭いピートがしっかり効いた余韻。

【Very Good】


1966年にボトリングされたアードベッグ12年、オフィシャルボトルです。

同時期に流通していたものとして先のボウモア2種と同時に開栓され、一緒に飲んだのですが、どちらかというとこちらのアードベッグのほうが枯れ感が少なく生きたモルトでした。

この年代に蒸留されたアードベッグは記憶にある限り飲んだことが無いように思いますが、鋭い金属感や砂利っぽい独特のアーシーさ、そしてスモーク優位のピートなど、70年代までのアードベッグに顕著に感じられる個性がこのボトルからも感じられました。

度数は低いですが芳醇さがあり、フルーツ感も多彩で、旨味もあって魅力を十分に保ったオールドボトルでした。

※2018/2/17追記
なぜか40%だと思ってテイスティングしていたのですが、実際は掲載後にご指摘いただいたように80UKプルーフなので46%でした。修正させていただきました。
相当なオールドボトルなのに劣化要素が少なく、芳醇さが残っていたのは46%だったことが少なからず影響しているように思います。
ご指摘ありがとうございました。


このボトルは、高田馬場の歩古ホールさんでいただきました。
COMMENT(2)
この記事を評価するGood7

2018.01.10【日記】

ニューリリース:アードベッグ 23年 オフィシャル "トゥウェンティサムシング" 46.3%

高価ですが、熟成感のある美味なアードベッグです。

 

アードベッグ ARDBEG OB 23yo "TWENTY SOMETHING" 46.3%
bottled in 2017



香りは鋭くフルーティ、蜜をかけたレモン、潮風と金属感、軽やかなモルティ、強いスモーク優位のピート。
飲むとじわじわと広がる旨味、金属感とその鋭さはあるがほどよい甘味と柑橘の酸味、淡い噛み応えのあるこなれたモルティな旨味、強いスモーキーなピート。未熟感がなく仕上がっている。

【Good/Very Good】


今年リリースされた、アードベッグ 23年 オフィシャル "トゥウェンティサムシング" 46.3%
アードベッグ蒸留所に残った数少ない熟成の長い原酒が使われており、昨年は同時期に21年熟成のものがリリースされましたが、今年はさらに長い熟成の23年表記のものでした。

個人的な印象としてはわりと若々しさがベースにあって、それに樽感が乗っていて少し強引な感じがするものが多いイメージのアードベッグですが、これは十分な熟成感のあるタイプでした。

鋭くクールで金属的なニュアンスを伴う強いピートの主張はあり、アードベッグを飲んでるなという感覚はしっかりありつつも、テクスチャーは洗練されており、フルーティさやこなれて旨みのあるモルティさなどなど、こなれて仕上がっています。

価格的には少々お高いなとは思いましたが、原酒のストックが少ないアードベッグのオフィシャルリリースとしては十分にその価値のあるボトリングだと思いました。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood5

2017.12.20【日記】

アードベッグ "1815" 1974&1975 オフィシャル 200周年記念ボトル 50.1%

まさか飲めると思いませんでした。

 

アードベッグ ARDBEG 1815 1974&1975 OB 200th Anniversary 50.1%
one of 400 bottles



香りは深遠でまったり甘やか、焦がしたアプリコットジャム、シナモンの効いたアップルパイ、奥から土っぽさとレザー、鋭さのある金属感、魚介の燻製やダシ、こなれているが厚く強いピート。
飲むとじわじわと広がる、一体感があり少し染み込むようなテクスチャー、プラムやアプリコットのジャム、噛み応えのあるモルティな旨味、優しい甘味と心地良い渋味、魚介の燻製、砂利と腐葉土、ヨードもあって強くスモーキーなピート、リッチで長い余韻。

【Very Good/Excellent】


2015年のアードベッグ200周年=バイセンテナリーの際に400本だけボトリングされたスペシャルボトル。
蒸留所に残った希少な古い原酒である1974年と1975年に蒸留された樽がヴァッティングされているようです。
バイセンテナリーの記念ボトルとしてリリースされた若い原酒主体のパーペチュームの他に、長熟原酒のストックが非常に少ないアードベッグがこっそりとこのボトルを出していたことは知っていましたが、ボトリング本数も少なく、1本3000ポンドといわれるほど高額だったこともあって飲む機会はないと思っていました。
しかし2017年末のこのタイミングで日本にも10本程度入ってきたようで、今回そのうちの1本に巡り合うことができました。

70年代蒸留のアードベッグらしい独特な金属感や土っぽいニュアンスがしっかりありますが、このボトルには樽感も効いていました。
アードベッグの70年代蒸留で良いものは20年未満の熟成で、樽感も薄くらしい味がしっかり残っているものが多いイメージでした。
(近年ボトリングの長熟のものが高額で、飲む機会があまりないということもありますが・・・。)

今回の記念ボトルは熟成が長く樽の影響も受けており、それが原酒のニュアンスとしっかり融合していました。
ヴァッティングでボトリングされた後に数年経過したことも良く作用したのかもしれませんが、想像以上にこなれたテクスチャーでした。

記念ボトルに恥じない堂々たる70年代アードベッグでした。

こういう高額ボトルはホテルバーなどでお金持ちのボトルキープなどで使われることが多くて、街場のバーでショット売りされることは珍しいと思います。
今回飲ませていただけたことに感謝します。



このボトルは、三越前のIANさんで行われた「ウィスキーラバーズ名古屋2018先行テイスティング」でいただきました。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood8

2017.11.15【日記】

アードベッグ 1979-2005 GM コニッサーズチョイス 43%

安定の70年代ですね。

 

アードベッグ ARDBEG 1979-2005 GM CONNOISSEURS CHOICE 43%
Refill Bourbon Barrels



香りは独特のクレゾールや金属、カスタード、りんご、レザーとオイル、湿った砂利、穏やかなモルティ、鞣し革。
飲むと優しい口当たりから少しずつヒリヒリとスパイシーになる、オレンジ、あっさりした甘味とほどよい酸味と塩気、香り同様の独特のピート感は長く続く。

【Good/Very Good】


GMから2005年にボトリングされた、アードベッグ1979です。

加水シリーズのコニッサーズチョイスのボトルで、当時としては特別なものではないと思われますが、金属や塩素、独特の砂利のようなニュアンスなど、期待を裏切らない70年代のアードベッグの個性がしっかりと感じられます。

ややライトボディではありますが、ピーティなニュアンスも含めて唯一無二の個性は長く残りました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood7

2017.09.21【日記】

近年リリース:アードベッグ 1993-2015 22年 ケイデンヘッド シングルカスク 55.3%

昔の味もうっすらと感じるシェリーのアードベッグでした。

 

アードベッグ ARDBEG 1993-2015 22yo CADENHEAD SINGLE CASK 55.3%


香りは全体を包むシェリー、薄めのプルーン、アメリカンコーヒー、キャラメリゼしたナッツ、ハーブ、奥から塩素と金属感、磯っぽさ、鋭く強いスモーキーなピート。
飲むとパワフルなアタック、心地良いシェリー、プラムジャムやキャラメルのコクのある甘味、心地良く味を引き締めるコーヒーのタンニン、金属感や塩素っぽさは強い、鋭く強いピート、濃縮フルーツと金属とピートが残る長い余韻。

【Very Good】


ケイデンヘッドのシングルカスク、いわゆる金ラベルのアードベッグ1993、22年熟成です。
日本への入荷はかなり少なかったということで、私も初めて飲みました。

香りにも味わいにも、支配的でない程度に効いたシェリー感があり、アードベッグらしい塩素や金属を感じる独特のニュアンスや鋭いピート感もしっかりと感じられました。

プルーンやジャムといった濃縮フルーツやキャラメルのような甘味と、それを引き締める渋味のバランスも良かったです。

フルーティでミネラリーでピーティな独特の余韻も長く印象的でした。

現時点でも結構仕上がっているシェリーカスクのアードベッグですが、今後、シェリーとピートと金属感の融合が進むと、ミルロイの詰めた1975のシェリーカスクのような古いアードベックに近い香味になっていくのではないかと思いました。



この1杯は、三越前のIANさんでいただきました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood13

2017.09.08【日記】

アードベッグ 1975-2002 26年 オフィシャル #4701 46.2%

一体感のあるシェリーカスクの70年代アードベッグでした。

 

アードベッグ ARDBEG 1975-2002 26yo OB #4701 46.2%
one of 252 bottles, Sherry Hogshead



香りは甘やかなシェリー感とアードベッグらしいピート、そして昆布ダシがそれぞれ濃厚で一体感が出ている。アメリカンコーヒー、プルーン、黒糖かりんとう、海藻のヨードと魚介のスモーク、腐葉土、獣臭さ。
飲むと滑らかな口当たりから芳醇に広がる、濃厚シェリー、プルーンなどの濃縮フルーツと黒糖のようなコクのある甘味、穏やかに引き締めるタンニン、甘辛く煮た昆布、金属感や塩素を感じるピート、オイリーで長い余韻。

【Very Good】


オフィシャルシングルカスクのアードベッグ1975、26年熟成です。
どうやら2002年にフランス向けにボトリングされたもののようです。

甘やかな濃縮フルーツや黒糖を感じる濃いシェリー感と、アードベッグらしい金属感や土っぽさを伴うピートや昆布ダシのような海の香味が一体化した香味でした。

濃い甘味とそれを引き締める渋味のバランスも良く、味わいにおいて強く感じた甘辛い昆布の煮物のようなニュアンスが印象的でした。

濃く強い味で、経年変化によると思われる樽と原酒の一体感もありとても美味しかったですが、度数がやや低く若干ですがボディが期待より薄く感じられました。

飲んでからの力強い広がりがあれば、さらに素晴らしかったと思います。



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood7

2017.07.18【日記】

ニューリリース:アードベッグ Ar7 スペシャリティドリンクス エレメンツオブアイラ 56.3%

しっかりシェリーのアードベッグで個性的な美味しさです。

 

アードベッグ ARDBEG Ar7 SPECIALITY DRINKS ELEMENTS OF ISLAY 56.3%


香りは甘やかで強いシェリー感、プラムジャムとレーズン、ビターチョコレート、魚介の燻製、淡い金属感と強く鋭いピート。
飲むとパワフルで芳醇、やはり強いシェリー、まったりと甘いジャム感、引き締めるウッディネス、磯っぽさと魚介ダシ、力強いピートとシェリー系のフルーツの効いた長い余韻。

【Good/Very Good】


スペシャリティドリンクス(ウイスキーエクスチェンジ)のエレメンツオブアイラから,このシリーズ7回目のアードベッグ=Ar7です。

色からも想像できますが、テイスティングするとのっけからシェリー感がしっかりと感じられました。

ジャムのような濃縮フルーツやチョコレートっぽさのある甘やかな香りで、そこに独特の鋭いピート感や燻煙、そしてややシェリーにマスクされていますがらしい金属感も感じられました。

まったりと甘く飲みごたえもあり、渋味のあるウッディネスが味を深めていました。

魚介の旨味とピートの主張があり、濃縮フルーツと一緒に余韻の最後まで長く残りました。

アードベッグ好きにはたまらないシェリーカスクの個性ある1本ですね。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood5

2017.07.01【日記】

ニューリリース:アードベッグ Ar9 スペシャリティドリンクス エレメンツオブアイラ アイラフェス2017向け 51.6%

個人的にはフェス向けならオフィシャルよりこっちです。

 

アードベッグ ARDBEG Ar9 SPECIALITY DRINKS ELEMENTS OF ISLAY for FEIS ILE 2017 51.6%


香りは濃いシェリー、プルーン、ビターチョコレートやコーヒー、魚介も肉もあるバーベキュー、焦がした麦、力強いピート。
飲んでも濃厚シェリーで暖かい、ビターチョコレートやコーヒー、コクのあるジャム系の甘味と引き締めるウッディネスとその強めの渋味、濃い目の旨味、ピートしっかり、レザー、余韻は長い。

【Good/Very Good】


スペシャリティドリンクス(ウイスキーエクスチェンジ)のエレメンツオブアイラから,このシリーズ9回目のアードベッグ=Ar9です。
これは今年のアイラフェスのタイミングで、同フェス向けにリリースされました。
どうやら、今回のアイラフェスにはウイスキーエクスチェンジが企業として参加していたようですね。

かなり強くシェリーカスクの影響を受けたアードベッグで、原酒由来の個性的な金属感やシャープでクールなニュアンスがほとんど感じられません。

その代わり暖かく甘やかで、ピートはしっかりと感じ、甘めのソースで食べるバーベキューを感じるような旨さがありました。

ハウススタイルはわかりづらいですが、濃いシェリーカスクのアイラモルトは好きな人が多く、私もフェス向けのケルピーよりもこちらのほうが好きです。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood2

2017.06.29【日記】

ニューリリース:アードベッグ オフィシャル "ケルピー" 46%

加水で飲みやすくなったように思います。

 

アードベッグ ARDBEG OB "KELPIE" 46%


香りはシトラス、若さを伴うモルティ、昆布系の海藻っぽさ、バニラ、強めのオークと酪酸、淡い金属感と強いスモーク。
飲んでも若々しい柑橘とモルティ、強めのオークやバニラ、プレーンな甘味と塩気、シャープなミネラル、燻製した魚介とナッツ、ヨードのある強いスモークが残る。

【Good/Very Good】


毎年恒例のアードベッグ限定リリース、今年はケルピーと銘打たれたボトルで、バーボンカスクに加えて黒海(アディゲ共和国)産のヴァージンオークの樽を使って熟成したものがヴァッティングされています。

例年同様先行でコミッティ向けに白ラベルのカスクストレングスがリリースされていましたが、こちらも例年通り5月のアイラフェスのアードベッグデーに併せて加水の黒ラベルが一般向けにリリースされました。

概ね白ラベルと同じような系統の若いアードベッグで、昆布っぽいニュアンスがスタンダードより強く感じられました。

ヴァージンオークにしばしばある生木臭さもそれほど目立たず、白ラベルと比べると加水されているためか、やや飲みやすくバランスも良くなったように思いました。

個人的には若い近年アードベッグはそれほど得意でなく、むしろシェリーなどの甘い樽で味付けされているほうが好きなのですが、近年アードベッグが好きな人はたくさんいますし、そういう方の期待は裏切らないボトルではないかと思います。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood4

2017.05.30【日記】

アードベッグ 1996 GM スピリットオブスコットランド 51.7%

優しいシェリー感のあるアードベッグでした。

 

アードベッグ ARDBEG 1996 GM SPIRIT of SCOTLAND 51.7%


香りは優しいシェリー、アプリコットジャム、滋味深い麦感、魚介ダシ、淡い金属感とピート。
飲むと滑らかさのある口当たりから広がる、暖かいアプリコットジャムのコクのある甘味、淡くチーズ、少しクールな金属感、腐葉土も感じる土っぽさ、強い余韻のある余韻。

【Good/Very Good】


GMのスピリットオブスコットランドからアードベッグ1990、2001年のボトリングですので約11年の熟成です。
1997年にグレンモーレンジ社が買収する直前に蒸留された原酒です。
おそらく2000年台半ばくらいのボトリングで、10年弱くらいの熟成期間だと思われます。

記載はありませんが、優しいシェリー感が全体を優しく包んでおり、温かみのあるジャムっぽい甘味がありました。
それと同時に、やや淡いですがアードベッグらしいクールな金属感もあり、魚介っぽい旨みや腐葉土っぽいアーシーさも味わいを深めていました。

個人的に、シェリーのアードベッグは温かさと冷たさの融合が時間をかけて進んでくるイメージで、ボトリング直後だとちぐはぐに感じることがしばしばあります。
このボトルは少し時間が経って一体感を帯びてきていると思います。多彩さもあって美味しかったです。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood3

2017.05.29【日記】

アードベッグ 1990-2001 GM スピリットオブスコットランド #2766 50%

一体感が出てかなり仕上がっていました。

 

アードベッグ ARDBEG 1990-2001 GM SPIRIT of SCOTLAND #2766 50%


香りはアプリコット、ドライオレンジ、鋭さのあるミネラル、チーズ、魚介の燻製のスモーク、全体にクール。
飲むとやや粘性があり噛み応えあり、コクのあるオレンジの甘味、しっかりめのブリニー、淡く砂利っぽいアーシー、鋭い金属感とタールや強いスモークのあるピート。

【Good/Very Good】


GMのスピリットオブスコットランドからアードベッグ1990、2001年のボトリングですので約11年の熟成です。
1997年にグレンモーレンジ社が買収する以前の、生産量が今よりさらに少なかった時期の原酒です。

リフィルシェリーカスクでしょうか、少し温かみも感じるフルーツ感とそのコクのある甘味があり、それと同時にアードベッグらしい鋭くクールな金属感や少し砂利っぽいアーシーさが感じられました。
?み応えのある濃縮感もあり、スモーキーさにタールっぽさも伴う強いピートも十分に主張してきました。

加水ボトルでボトリングから15年以上たったためか、結構こなれており、温かみと冷たいニュアンスが矛盾せず共存している美味しいアードベッグでした。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood3

2017.04.17【日記】

ニューリリース:アードベッグ オフィシャル "ケルピー" 2017スペシャルコミッティーエディション 51.7%

今年はわりと正統派の若いアードベッグの香味でした。

 

アードベッグ ARDBEG OB "KELPIE" 2017 SPECIAL COMMITTEE ONLY EDITION 51.7%


香りはシトラスと若々しいモルティ、フレッシュなオークやハーブ、ナッツ、少し金属感がありクール、海藻っぽさのある強いスモーク。
飲むとスパイシーでヒリヒリじわじわと広がる、若々しいモルティ、リッチさもあるオーク、ナッツ、じわじわと強まる甘味と酸味と塩気、鋭い金属感、魚介の燻製、ピーティで長い余韻。

【Good/Very Good】


毎年恒例のアードベッグ限定リリース、今年はケルピーと銘打たれたボトルでした。
どうやらバーボンカスクに加えて、黒海(アディゲ共和国)産のヴァージンオークの樽を使って熟成したものがヴァッティングされているようです。
例年通りだと、まずこのコミッティー向けの白ラベルカスクストレングスが出て、アイラフェスのタイミングで黒ラベルの加水が出てくるという流れなのですが、今年もそうなるのでしょうか。

さて肝心の中身ですが、香りにおいても味わいにおいてもモルティさの中に若さは感じるものの、フレッシュなオーク感にある程度マスクされており、らしいクールな金属感とスモークも強く感じました。

ヴァージンオークというと木材感やエグ味を強く感じるボトルが多く、わりと苦手な要素のため少しでもあると引っ掛かりを感じることが多いのですが、このケルピーには良いオーク感こそ感じましたが嫌味を感じませんでした。

そこはモーレンジで培ったビルラムズデン博士のカスクマネジメントの力なのでしょうか、こだわりの天日乾燥などできっとそういった要素を抜いた樽なんだと思います。

樽と原酒の一体感が出るまでもう少し時間をおいて飲みたい気もしましたが、若くても美味しく飲めるアードベッグでした。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood9

2017.03.31【日記】

アードベッグ1974 18年 ケイデンヘッド 150周年記念 57.7%

前回飲んだ時とイメージが異なりました。

 

アードベッグ ARDBEG 1974-1992 18yo CADENHEAD'S 150th Anniversary Bottling 57.7%
one of 215 bottles



香りは強くクールな金属感、土っぽいピートと麦、バニラとカスタードクリーム、フレッシュな柑橘と淡くプラム、力強い麦感、砂利っぽいアーシー、井草を燻したような強いスモーク。
飲むとパワフルに広がる、鋭さのある強いピート、淡くプラム、強い金属感、心地良い甘味、魚介の燻製、クッキリとした輪郭でキレがある、少しオイリーで鋭くピーティな長い余韻。

【Very Good/Excellent】


ケイデンヘッドの150周年記念ボトリングからアードベッグ1974、18年熟成です。

このボトルを真剣にテイスティングするのは2回目ですが、前回はらしい金属感と鋭いピート、そして全体を包むクールなニュアンスが顕著に感じられ、わりと淡白で特徴的な要素以外は控えめな印象でした。

まさに「プレーンオークでハイプルーフのケイデンヘッド+個性の強いアードベッグ74」という感想だったのですが、今回は異なりました。

もちろん、金属感や独特の砂利のようなアーシーさや鋭いピートなどの70年代蒸留のアードベッグらしい味が強く感じられるのですが、意外にフルーティな要素が感じられ、リフィルのシェリーカスクだったのかなと思うようなニュアンスでした。

それは香りだけでなく味わいにおいても同様で、甘味も前回より強く感じました。
らしさは前回のほうが感じましたが、どちらかというと今回のほうが好きな味でした。

前回は非常に頑なイメージで、まるでボトリングしたてを飲んでいるような気分になりましたから、保存状態が良すぎたものを早く飲み過ぎたのかもしれません。
もう少し開栓後時間が経つか、注いでから時間をかけて飲めば今回のような香味を感じられたのかもしれませんね。


経年変化や保存状態、飲むときのコンディションの違いもあり、以前に飲んだ時と印象が異なることはしばしばありますが、本質的なところはあまり変わらないように思います。
今回は想定外に違っていたので掲載させていただきました。



このボトルは、高田馬場の歩古ホールさんの10周年で開栓されました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood7

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧