ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2013.04.26【日記】

大島さんからのブラインドサンプル:B


大島さんからのブラインドサンプル、続いてBです。




(以下はブラインドでテイスティングした内容です。)


・大島さんブラインドサンプル:B

 
香りは高貴な印象を伴うオールドシェリー、ベリージャム、煮詰めたようなブドウ感とその皮、チョコレートやコーヒー、クローブ、煮た野菜、腐葉土っぽいアーシー、レザー、ウッディネスはあるがそれほど強くない。
飲むとやはり高貴なシェリー感で香り通りのフルーティ、焦がし麦、柔らかい口当たりから濃厚なフルーティと濃いがやさしいベリージャムの甘味に移行する。渋味は強くなく心地良い。加水タイプ。

【VG】

素晴らしいオールドシェリーのニュアンスがあり、過熟感はなく安定感があり加水のヴァッティングの印象。
オールドボトルのオフィシャルかGMあたりのボトルと思われる。

予想
1970年前後の蒸留で20年程度の熟成。OBもしくはGMの加水ヴァッティング。
・グレングラント
・マッカラン
・グレンドロナック
あとはブドウ感からロングモーンも考えたが、こういうオールドシェリーにはセットで感じやすいトロピカル感がなく外した。
ファークラスならもうちょっと緩い感じになる気がする。


以上のようなテイスティングと予想を回答メールとしてお送りしました。


正解は・・・、











グレンドロナック GLENDRONACH 33yo OB 40%


MATURED ONLY IN THE FINEST OLOROSO SHERRY CASKSとかいてあり、マスターブレンダー、ロバート・ヒックスのクレジットがあるボトルで、2006年にマスターブレンダーが今のサンディ・ヒスロップに変わっているはずなので、どんなに遅くともその辺りにボトリングされているとのことです。
逆算すると1973以前の蒸留ということになりますね。

大島さんは1972よりは1971っぽいドロナックで、フルーティーさより土っぽさが勝っていると感じられたそうで、私がどう思うか知りたかったそうです。

ちょっと不甲斐ないことに、私はいろいろ飲んだにもかかわらず1972と1971の違いの認識というのはそこまで明確にはないのですが、しいて言うなら1971の方が輪郭がくっきりしておらず迫力がない印象で、そういう意味ではこのボトルは確かに1971に近いニュアンスかもしれません。

ノージングの第一印象で、オールドシェリーに伴う煮た野菜や土のニュアンスがドロナック71や72に近いと思ったので予想の選択肢に入れたのですが、飲むと過熟感や渋味が全然なく加水の印象で、熟成はもう少し短いと思いました。
そうなるとドロナックには該当するボトルがでてこず(昔のトール瓶のオフィシャルはとても美味なシェリー系でしたが方向性が少し違う印象でした)、それでグラントやマッカランを先に入れたのでした。

それにしても、ほぼ確実にオールドボトルだと思っていました。
以前の記事にも書きましたが、高貴なオールドシェリーが近年のリリースにも感じられるのは、ドロナックだけですね。


COMMENT(4)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

おぉ、単一ヴィンテージだったんですね。さすがです。
しかももう値上がりしてるんですね。。。

記事にも書きましたが、このオールド感は60年代蒸留のものでも最近のボトリングには感じたことがなくオールドボトル特有のものだと思っていたのですが、当時ニューリリースだったドロナックの72を飲んだ時に感じて驚いたのは忘れられません。
昔のものには熟成年数が若くてもあるので経年変化も併せて出てきているのかと思っていたのですが、72ドロナックの出現で全くわからなくなったのでした。。。

  • Posted byT.Matsuki
  • at2013.04.29 18:53

こちらこそ参考になりました。

なお、先程エクスチェンジのサイトを見たのですが、今のレートで約7万くらいで売られていました(--;)
そこまでの味ではない気がしますね。
それによると2004年詰め、ヴィンテージは1971が使われているようでした。
外れてなくてホッとしました(笑)

松木さんの指摘されているオールド感は確かに存在しますよね。
これは約10年前のボトルですが、オールド感は何年くらいで出てくるのでしょうね。
興味のあるトピックです。

  • Posted by-
  • at2013.04.29 18:36
T.Matsuki

非常に美味しいボトルをありがとうございました。
こういうシェリー感で渋味のないボトルはストレスフリーに陶酔感を感じられるので非常に貴重ですよね。

私もブランデーの経験値が低いこともありランシオというのはピンとこないため、高貴なシェリー感というほうがしっくりきます。
ただし、ランシオ全開と言われるボトルでも高貴な感じがしないものもあるので、必ずしも同じ成分を拾っているのかはわかりません。。。

私も意見をお聞きしたいボトルが出てくると思いますので、その時にはまたサンプルをお渡ししますね。

  • Posted byT.Matsuki
  • at2013.04.29 18:05

問題児二つと違い、典型的なシェリー加水長熟オフィシャルの評価をお聞きできてよかったです。

このドロナックは、長熟オフィシャルの中では、ファークラスの40年と並んでコスパの高いボトルだと思っています。
安定した内容なのに25,000円位で買えたからなんですが、いまや高騰中ですね(--;)

私は72ドロナックが好きで、700番台や710番台のが新しくボトリングされたら、つい飲みたくなってしまいます。
真ん中からググっとくる輪郭のはっきりしたベリー系の果実と、アフターにくる高貴で重厚なシェリー感は72ドロナック特有の特徴だと思っています。
このボトルはその72辺りが使われているはずなのに、加水だからかあまり感じられません。
71やその前のものも飲まれていそうな松木さんに、その印象をお聞きしたかったので出してみました。

高貴な感じをランシオというんでしょうけど、高貴の方がピンと来ます。
ちなみに、私はオールドの美味しい高貴なシェリーはほぼ持ってません(笑)
なのでドロナックやロングモーンをせっせと買っているんです(笑)

また気になるボトルが出てきたらお渡ししますので、よろしくお願いいたします!

  • Posted by-
  • at2013.04.28 08:10

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧