ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2015.08.21【日記】

ニューリリース:グレンドロナック 2003-2014 11年 オフィシャル メゾンドウイスキー向け #4067

若いシェリー感も悪くなかったです。

グレンドロナック GLENDRONACH 2003-2014 11yo OB for La Maison du Whisky #4067 グレンドロナック GLENDRONACH 2003-2014 11yo OB for La Maison du Whisky #4067

グレンドロナック GLENDRONACH 2003-2014 11yo OB for La Maison du Whisky #4067 54.1%
one of 718 bottles, Oloroso Sherry Puncheon



香りは若さを感じるシェリー、プラム、ブラッドオレンジ、若さもある強めの麦感とオーク、シナモン、薄めたカラメルソース、飲むと滑らかな口当たりから力強くスパイシーに広がる、プラム、梅、若さもある強い麦とその旨味、オーク、粘性の無い甘味と良い渋味。

【Good/Very Good】


フランスのメゾンドウイスキー向けにボトリングされた,オフィシャルニューリリースのグレンドロナック2003,11年熟成です。

オロロソシェリーパンチョンの熟成と記載されていますが,11年と熟成が長くないためか色もドロナックのシェリーカスクとしては薄めです。

香りからも味わいからも近年系のシェリーの香味が感じられますがオフフレーバーは無く,プラムや梅のようなニュアンスの強いフルーティが印象的でした。
そして若さも感じる麦感がしっかりと残っており,麦を原料とした酒を飲んでるんだなぁと思わずにはいられないような旨みも濃いめでした。

シェリーを感じるモルトにしては粘性や濃い甘味もなく,余韻もそれほど長くはありませんでした。
ヒリヒリとスパイシーではありますが刺々しいと思うほどではなく,大樽での短熟のわりには未熟感はそれほど感じなかったのが良いと思いました。

言ってみれば,素材の味が残った浅漬けのようなモルトです。
シェリーのシングルカスクの熟成の仕上がりのひとつとしてありだと思います。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧