ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.05.16【日記】

バルブレア 1991-2012 GM プライベートコレクション

悪くないワイン樽フィニッシュでした。

 

バルブレア BALBLAIR 1991-2012 GM PRIVATE COLLECTION 45%
one of 2000 bottles, CROZES-HERMITAGE WOOD FINISH



香りは甘く強い、熟したプラムとブドウ、イチゴジャム、紅茶、チョコレート、麦は奥から主張、飲むとワインカスクらしい平坦でややベタッとした強い甘味だが香り同様にフルーツやチョコレートはしっかり、良いタンニンの渋味があり、けっこうリッチ。

【Good/Very Good】


GMのプライベートコレクションからバルブレア1991-2012,およそ21年の熟成です。
プライベートコレクションといえば,長熟でボトリング数が極端に少ないイメージでしたが,最近のものはそうでもないようですね。
これはCROZES-HERMITAGEという赤ワインの樽で後熟されており,2000本ボトリングされています。

ワイン樽フィニッシュの影響と思われる甘く強い香り立ちで,熟したフルーツやジャムなどのニュアンスが強く感じられます。熟成年数相当の麦感も奥から感じられました。
飲んでみると,ワイン樽によくある平坦でややベタつくような甘味が強めに感じられますが,香り同様に豊富なフルーツ感を堪能できます。
後半は濃い甘味をタンニンの渋味が引き締めていて,なかなか良くできたワイン樽フィニッシュのモルトでした。



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧