ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2015.02.28【日記】

最近のリリース:ミルトンダフ 1984 28年 スコッチモルトウイスキーソサエティ 72.35

好みのタイプで,麦々しさにテンションが上がりました。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 1984 28yo THE SCOTCH MALT WHISKY SOCIETY 72.35 50.0%
one of 250 bottles, Refill Bourbon Hogshead



香りは素朴で良い麦感、淡く洋梨や桃、オレンジ、少しシナモン、プレーンな樽感、飲むと滑らかな口当たりから広がる、熟したオレンジ、麦の旨味濃厚、穏やかな甘味、余韻も素朴で心地良い。

【Very Good】


最近リリースされた,SMWSの72.35,ミルトンダフ1984,28年熟成です。

素朴で厚みのある麦感が香りからも味わいからもしっかりと感じられ,多彩なフルーツ感もあるのですが麦の奥の方から淡く主張してくる感じでした。
それほど複雑さはありませんが,樽感がプレーンでクセが無く,28年熟成で荒々しさや未熟感がなくなっている一方でしっかりとボディを残した熟成感で,麦の旨みをストレートに感じられるボトルでした。

自分的にはグリーンケイデンやセスタンテにもつながるようなニュアンスを感じるニューリリースで,テンションが上がってしまいました。
未開栓で10年以上おいてからまた飲んでみたいです。きっとボディも残しながら,よりフルーティが前面に出て複雑さも出てくるのではないかと思います。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧