ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2013.12.25【日記】

ニューリリース:ミルトンダフ1994 19年 ケイデンヘッド スモールバッチ

若く素直な良いモルトでした。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 1994-2013 19yo CADENHEAD'S SMALL BATCH 46%
one of 936 bottles, Bourbon Hogsheads



香りはコクのある蜂蜜、バニラ、オレンジ、リンゴ、強めの麦、若干のフローラル、飲むと麦の旨味と蜂蜜の甘味、クセがなくややスパイシーな余韻。

【Good/Very Good】


ケイデンヘッドのスモールバッチシリーズからのニューリリース、ミルトンダフ1994、19年熟成の加水タイプです。

バーボン樽熟成の若いスペイサイドモルトという感じで、複雑さはないもののフルーティに加えてコクのある蜂蜜や麦の旨みが感じられました。
良質なブレンデッドウイスキーの下支えをする原酒になりそうな、クセが無くきれいな味わいのミルトンダフでした。

 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

私としては蒸留所当てをしろと言われると厳しいタイプですが、良質なバーボンカスク短熟のスペイサイドらしいモルトでした。安定感があって原酒の良さが感じられましたね。

  • Posted byT.Matsuki
  • at2013.12.27 13:29

スペイサイドのバーボンバレルの王道的なバニラ・蜂蜜・オレンジの穏やかでおいしいウイスキーでしたね。
さすがの安定感はミルトンダフらしいなあと思いました。
私は近年詰めでも安定しているスペイサイドの代表的な蒸留所の一つだと思ってます。
さすが、バランタインのメイン原酒の一つですね。

  • Posted by-
  • at2013.12.27 08:13

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧