ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.11.22【日記】

ニューリリース:キルホーマン 2009-2014 オフィシャル メゾンドウイスキー向け

約5年の熟成でだいぶ仕上がってきました。

 

キルホーマン KILCHOMAN 2009-2014 OB for Maison du Whisky 59.2%


香りは青りんご、シトラス、バニラ、ヨードもスモークもある強いピート、根菜のアーシー、フレッシュな強い麦感、飲むと少し凝縮したようなテクスチャー、刺激あり、フレッシュシトラス、強い麦とその旨味、バニラ、オークのタンニン、強いピート、まだ若さもあるが強い味で良い。

【Good/Very Good】


フランスのメゾンドウイスキー向けにボトリングされた,キルホーマンのオフィシャル2009-2014,約5年の熟成です。

香りはやや未熟な根菜っぽさが気になりましたが,良い樽で熟成したことを伺わせるシトラスや青リンゴやバニラのニュアンスと,アイラらしい強いピートがありました。
飲むと少しですが美味しいラフロイグのような凝縮感があり,強いピートもあり,若々しさも伴いますが麦の旨みもしっかりと感じられました。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧