ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2015.09.20【日記】

ニューリリース:キルホーマン 2009-2015 5年 オフィシャル 「WHISKY LIVE TOKYO 2015」向け #431/2009

これはこれで結構完成度高いです。

キルホーマン KILCHOMAN 2009-2015 5yo OB for WHISKY LIVE TOKYO 2015 #431/2009 KILCHOMAN 2009-2015 5yo OB for WHISKY LIVE TOKYO 2015 #431/2009

キルホーマン KILCHOMAN 2009-2015 5yo OB for WHISKY LIVE TOKYO 2015 #431/2009 59.5%
SHERRY BUTT



香りは甘やかなシェリー、デーツ、強いスモーク、ヨード、チョコレート、焦がした麦、飲むとまったりした口当たり、しっかりとシェリー感、強いジャムの甘味、チョコレートがけのオレンジ、魚介ダシの旨味、しっかりスモークのあるピート、荒々しく長い余韻。

【Good/Very Good】


WHISKY LIVE TOKYO 2015の,ウイスキーライヴ・パーティ向けにボトリングされたというキルホーマン2009,5年熟成のシングルカスクです。

しっかりとシェリーが効いており,熟成は長くないですが結構ちゃんとシェリーカスクの香味がついています。
一体感があるとまでは言えませんが,強い麦感とピート感,そしてこのシェリー感が同居しており,美味しいシェリーのアイラモルトです。

系統は違いますが最近キルホーマンのニューリリースで完成度の高いものが増えているという話をアイラフェスあたりから書いていましたが,今回のこのシェリーカスクも,普通に下駄なしで美味しいと思える仕上がりでした。

時間を置いたらもっと一体感が出て美味しくなりそうですね。



 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood3
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

熟成の短いモルトは,味付け感のある樽感でカバーすることが多い中,キルホーマンはピーティタイプとはいえナチュラルな味わいのものが多いですよね。
いろんなタイプがバランスよく出てきますし,その多くがここ数年でどんどん一人前になってきている気がします。

今回のものは,そんな中でも非常によく仕上がった特別なものだと思います。
このボトルの将来も,これからのリリースにも期待が持てますね!

  • Posted byT.Matsuki
  • at2015.09.21 18:51

キルホーマンのこのシェリーカスク、私もすごくいいと思いました。

キルホーマンはミドルカットを短くすることで、フルーティーで熟成が短くても仕上がるとオーナーのアンソニーが以前TVで言ってました。
100%アイラをリリースしたり、意欲的なリリースが多く、よく考えてつくっているなあという気がします。
価格的にも最近は他と比較して手を出しやすくなった気がしますね。

ウィスク・イーさんはアランもそうですが新しい蒸溜所の正規代理店として、シングルカスクもいいのを選んでますよね。
キルホーマンも10周年を迎え、ますます今後のリリースが楽しみになりました。



  • Posted by-
  • at2015.09.20 13:35

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧