ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2012.11.02【日記】

ソサエティの1番!:アードモア 1978-1989 10年 スコッチモルトウイスキーソサエティ 66.1

やはり独特で好きな味でした。

 

アードモア ARDMORE 1978-1989 SMWS (66.1) 59.4%



最初こもった印象、薄めた蜂蜜、干し草みたいな植物、薄いアプリコットティー、がっつりタールやタバコ、強いスパイシー、キレがありドライ、酸味を伴うあまり粘性のないシロップのような甘み。

【Good/Very Good】


最近マイブームになっているタールっぽい昔のアードモア。
このボトルはソサエティのNo.1(ソサエティにおける最初のアードモア)のボトルです。
No.1のボトルは美味しいといわれますが、このボトルは同時期の他のものに比べて特段飛び抜けたものとは思いませんでした。
ただ、らしいタバコやタールのような独特のピート感がしっかりと期待通りに感じられ、余韻としても長く残り、個性的でかなり好みの味わいでした。
ソサエティらしいハイプルーフのスパイシーさもあり、満足感のある味わいでした。


 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧