ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.05.23【日記】

ニューリリース:グレンドロナック 1990 23年 オフィシャル メモリーズオブスコットランド #2190

ナチュラルなシェリー感で好印象でした。

 

グレンドロナック GLENDRONACH 1990-2014 23yo OB for MEMORIES OF SCOTLAND #2190 53.1%
one of 688 bottles, Pedro Ximenez Sherry Puncheon



香り立ちは穏やかで時間が経つと広がる、やや果実感が強めのプラムジャム、オレンジマーマレード、アメリカンコーヒーやビターチョコレート、ハーブ、良いウッディネス、奥からしっとりした麦、飲むと軽い刺激があるが度数にしてはスムーズ、ジャム系の強すぎない甘味、淡い酸味、淡いレザーや土っぽさ、わりとスパイシーで良いウッディネスの淡いタンニンが味を深める、バランス良好。

【Good/Very Good】


最近ボトリングされたグレンドロナック1990,ペドロヒメネスパンチョンで23年熟成。
私がお世話になっている有楽町キャンベルタウンロッホさんが,他のBARの方々と一緒に昨年スコットランドで選んでボトリングしたものです。

穏やかな甘い香り立ちで,まずはペドロヒメネスらしい濃いめのフルーツ感がしっかりと感じられます,また,コーヒーやチョコレート,ハーブといったシェリーカスク熟成らしい成分もしっかりと感じられます。麦感も奥からちゃんと主張します。
飲んでみると,ペドロヒメネスにしては甘味が強すぎず,甘酸っぱさも感じます。そして後半はウッディネスとそのタンニンが味を引き締めており,嫌味が無くバランスも良好でした。
シェリーカスク熟成のモルトとしては,飲み飽きせず淡々と飲めてしまうタイプと感じました。それでいて、探せば複雑な香味も拾えるのも楽しいですね。

この樽,サンプルは昨年飲ませていただいていたのですが,なんとなくその時のものよりも色が薄く味も優しい気がしました。
とはいえ,サンプルに比べて悪いところは見当たらず,とても美味しいペドロヒメネスのドロナックでした。

実は個人的に,ドロナックのペドロヒメネスカスクはオロロソに比べて好みでないものが多めなのですが,これはナチュラルなシェリー感でひっかかるところが無く良かったです。
COMMENT(2)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

典型的なドロナックのPXとも違った印象で,ナチュラルで美味しいシェリーカスクウイスキーでした。意外に甘さもきつくなく,本当に飲み飽きしないですね。
大島さんほど大興奮はしませんでしたが(笑),私もかなり美味しくいただきました。
近年詰めのシェリーカスクモルトとしては,ほぼ文句のない仕上がりだと思います。

  • Posted byT.Matsuki
  • at2014.05.27 03:32

私のツボを刺激する素晴らしいドロナックでした。
サンプルを飲んだときはあまりペドロヒメネスらしさを感じなかった気がしますが、今飲むとありますよね(^^;
パンチョンとはいえ、23年熟成の割に本数が多い気がするので、フィニッシュの最後の樽がペドロヒメネスパンチョンだったのかもしれませんね。
なんとなくリフィルのシェリーホグスとのフィーリングを感じます。
熟成とシェリー感がビリーウォーカー前な気がするおいしいドロナックでしたね!

  • Posted by-
  • at2014.05.26 21:13

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧