ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2013.07.07【日記】

キルホーマン2008 オフィシャル アイラフェス2013

今年のアイラフェス向けのキルホーマンです。

 

キルホーマン KILCHOMAN 2008-2013 5yo OB FEIS ILE 2013 RELEASE #246&247 60.1%
Fresh Bourbon Cask



グレープフルーツ、青リンゴ、バニラ、かなりピートの効いた生のモルト感、植物、かすかな紙、蜂蜜、豆や根菜、飲むとスパイシー、ジンのようなスピリット感、薄めの蜂蜜の甘味、若いニュアンスもあるがよく仕上がっている。

【Good】


今年のアイラフェス向けのキルホーマンオフィシャルボトル。5年熟成です。

相変わらず、熟成期間の割にはちゃんと飲める仕上がりです。
今ある中で純粋に良い樽を選んだという感じで、今回のアイラフェスのボトルの中では遊び心が少ない印象ではありましたが、ちょっと最近の若いボウモアのようなフルーツ感や植物感を含んでいたのが印象的でした。

 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

確かにグレープフルーツ感や若干の紙っぽさなど、最近蒸留のボウモア的な部分もあったようにも思いますね。

正直、3年で出てきた時と最近の5年でそこまで大きく変わらかなったようにも思いましたが、これが10年とかになるとまた違ってくるのだと思います。

楽しみですね!

  • Posted byT.Matsuki
  • at2013.07.08 22:00

私は昨日飲んだのですが、第一印象がボウモアでした。
ボウモアの樽を使ってるんじゃないのかなあ?とか思うくらいのフルーツの出方でしたが、違うのならこれからのキルホーマンがとても楽しみです。

  • Posted by-
  • at2013.07.08 16:32

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧