ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2013.07.24【日記】

モートラック GM 蒸留所ラベル 70年代ボトリング

やはりこの頃のGMシェリーは素晴らしいです。

 

モートラック MORTLACH GORDON & MACPHAIL Distillery Labales 40%
70年代ボトリング



高貴なニュアンスのオールドシェリー、カラメル、オレンジマーマレード、レザー、ナッツ、ブドウ果汁、オールドピート、飲んでも高貴なシェリー、色気のあるフローラル、ジャムの甘味とオールドピートが長く残る。

【Very Good】


GMのモートラック、70年代ボトリングと思われる蒸留所ラベル。熟成期間の記載はありません。

昔のGMらしい高貴なオールドシェリーがしっかり主張し、香味も非常に多彩です。60年代以前の蒸留と思われるオールドピートも感じられました。度数のわりに濃厚で余韻も長く非常に美味しかったです。

モートラックと言えば、サルファリーなものも含めてシェリーカスクの印象でしたが、最近はリリースが少ない気がしますね。

 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

最近はあまりリリースがありませんが、モートラックは80年代のサルファリーなものも含めてシェリーの印象が強いですね。

GMケルティックのモートラック1971は私も買って美味しく飲みましたが、シェリーカスクとしての共通点はもちろんありました。大きな違いとしては、この時代のGMシェリー、特にバリシェリーで熟成が長すぎないボトルに特有の高貴で過熟感のないニュアンスが感じられましたね。

  • Posted byT.Matsuki
  • at2013.07.25 22:14

先生のこのコメントを拝見して、時代は違いますが、GMの71ヴィンテージのケルティックラベルのモートラックの事を思い出しました。

時代は違えど、かなり、共通しているものがあるみたいですし、モートラックは、やはり、シェリー樽との相性が極めて良いっていう印象です。

  • Posted by-
  • at2013.07.24 18:12

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧