ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2015.08.10【日記】

グレンキース 1969 12年 サマローリ "ネヴァーボトルドトップクオリティウィスキーシリーズ"

60年代キースの個性は短熟でも感じられました。

グレンキース GLENKEITH 1969 12yo SAMAROLI "THE NEVER BOTTLED TOP QUALITY WHISKY SERIES" (1) グレンキース GLENKEITH 1969 12yo SAMAROLI "THE NEVER BOTTLED TOP QUALITY WHISKY SERIES"

グレンキース GLENKEITH 1969 12yo SAMAROLI "THE NEVER BOTTLED TOP QUALITY WHISKY SERIES" 46%
one of 300 bottles



香りはほど良いオールド感、ヒノキの強いウッディネス、シナモン、加熱したリンゴ、蜂蜜、リッチ、飲むとシナモンアップルティー、ヒノキのウッディネス、柔らかな蜂蜜の甘味、複雑ではないが綺麗な余韻。

【Good/Very Good】


サマローリが1980年代初頭にボトリングしたという,"ネヴァーボトルドトップクオリティウィスキーシリーズ"から,グレンキース1969,12年熟成です。

この年代のグレンキースの個性だと思っている,ヒノキっぽいウッディネスと加熱リンゴのようなニュアンスが,短熟のこのボトルの香りにもしっかりと現れていました。

そして,飲むと香り同様のヒノキやリンゴの個性にシナモンっぽさも加わりました。

極めて複雑というわけではありませんが,個性があってかつ綺麗な味わいを楽しめました。

 

このボトルは,有楽町キャンベルタウンロッホさんの16周年で開栓されたものをいただきました。
今年は10周年記念以来のサマローリ一斉開栓でしたが,やはり例年同様にすぐ無くなりました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧