ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2013.05.21【日記】

プチSBT 4月 from naoskprs サンプル:B


モルト仲間のnaoskprsさんとのプチSBT3種ですが、今度はBです。





(以下はブラインドでテイスティングした内容です。)


・プチSBT 4月 from naoskprs サンプル:B


香りはかなり強く華やか、はっきりとパッションフルーツ系のトロピカル感やグレープフルーツのわたのニュアンス、ピーティモルトとしては強すぎないピート、バニラ、カスタードクリーム、少し紙っぽさのある麦感、飲むとしっかりピーティ、タール、少しダシや潮のニュアンス、トロピカル感しっかり、強めの甘味と心地良い酸味、結構ブリニーでクリーミーさもある。
 
【G/VG】

トロピカルフルーツやグレープフルーツのニュアンスとピートがしっかりあり、潮のニュアンスやそれなりにボディも感じられ、飲んだ時のピートが少しタールっぽいのが気になりましたがそれ以外はほぼ90年代ボウモアと思われる構成要素。
ハイランドっぽいピート感を含んでいるのに島モノっぽさもしっかり感じられたため少し戸惑いましたが、総合的には90年代後半の良い樽のボウモアと考えられ、他の選択肢がほとんど思い浮かばなかったサンプルでした。


予想
1、ボウモア90年代後半



以上のようなテイスティングと予想で回答メールをお送りしました。
 
正解は・・・、

 


 







 

アードモア ARDMORE 1992-2012 20yo ARCHIVES #4764 48.6%
one of 90 bottles



アーカイブスのアードモア1992でした。
何を隠そうこのボトル、偶然ですが先日行われたブラインドテイスティングのイベントで一択予想して当たったボトルでした。(笑)
その時は完全にボウモアではなくアードモア1992だと思ったのですが、どういうわけか今回はピンときませんでした。

トロピカル&ピーティなボトルで、確かに今回もいつものようにアードモア1992を予想に入れるかどうかを迷ったのですが、いつもよりボウモア寄りに感じたので男気を見せて一択にしたのでした。
完全に裏目に出ましたね。(笑)
開栓からの期間などボトルの状態も関連しているのかもしれませんが、私の鼻と舌のコンディションがブレている可能性の方が高そうです。。。

前回と今回で大きく印象が違ったので何ともコメントしづらいですが、今回飲んだ感想としては、アードモア1992のなかではずいぶんボウモア寄りのボディと濃厚さを持つボトルだと思いました。


振り返ってみれば、このボトルにあったハイランド系のピート感はアードモアだったから感じたようです。

美味しいピーティ&フルーティモルトで、改めてボウモア90年代とアードモア1992は似てるなぁと実感させられました。
 

COMMENT(2)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

本当に偶然かぶったので若干恥ずかしかったですが美味しいアードモアでした。
ボウモアとの鑑別はブラインドテイスティングでずいぶんやって、だいぶ理解していたと思っていたのですが、まだまだ修業が足りませんね。(笑)

  • Posted byT.Matsuki
  • at2013.05.27 23:50

別イベントで、このボトルをブラインドで一択予想したとは驚きました。
アードモアとボウモアは、たびたび比較されますし、良く言われているように、とても似た特徴があると思います。
ただこのボトルは、開栓したときから、「これはボウモアそっくりだな」と感じました。だから、ボウモア1択予想で嬉しいかぎりです(笑)。
近年蒸留で美味しいモルトに出会うと嬉しい気持ちになります。しかも安価であればなおさら。

  • Posted by-
  • at2013.05.27 13:10

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧