ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.10.06【日記】

アバフェルディ 1998 15年 デュワーラトレー #2405

やや未熟さを感じましたが,ハウススタイルも感じられました。

 

アバフェルディ ABERFELDY 1998-2013 15yo A.D.RATTRAY #2405 60.3%
one of 260 bottles, BOURBON HOGSHEAD



香りはややこもっている、若さもある強い麦、甘やかな蜂蜜、バニラ、濃いオレンジ、飲むとじわじわと強まる刺激、コクのある蜂蜜の甘味、オレンジ、若い麦感、やや生木っぽさもあるオークと渋味、若いアルコール感もある、蜂蜜が長めに残る余韻。

【Good】


デュワーラトレーからアバフェルディ1998,15年熟成です。

香りはちょっと重めでこもっており,やや単調ですが濃いめのオレンジや若い麦感,そしてらしい蜂蜜っぽさがありました。
飲んでみるとやや生木っぽいオークのニュアンスがひっかかりアルコール感も感じますが,オレンジや蜂蜜のコクのある甘味は好印象でした。

少し未熟感が残っており新樽っぽいウッディネスのひっかかりもありましたが,ハウススタイルである蜂蜜感は香り・味わいともに感じられました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧