ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2019.08.13【日記】

グレンフィディック 1973-2004 31年 ケイデンヘッド オーセンティックコレクション 48.9%

蒸留所表記のあるボトラーのフィディック、美味でした。

 

グレンフィディック GLENFIDDICH 1973-2004 31yo CADENHEAD Authentic Collection 48.9%
one of 186 bottles, Sherry Hogshead



香りは淡いシェリー感がありリッチ。プラムやアプリコットのジャム、強い熟成感のあるワックスとエステル、マスカット、品のあるオーク。
飲むと粘性があり芳醇。梅ジャム、ワクシーで少し桃っぽさ、樽のリッチなオーク感、コクのある甘味、それでいてモルティな旨味も残っておりボディもある。

【Very Good/Excellent】


ケイデンヘッドのオーセンティックコレクションから、グレンフィディック1973、31年熟成です。
グレンフィディックは基本的にはボトラーに蒸留所表記を許可しませんので、2004年ボトリングで表記のあるこのボトルは貴重ですね。
同じようにファークラスの表記があるものも散見され、この時代のケイデンヘッドと蒸留所でどういう取り決めがあったのかは不明です。

さて肝心の内容ですが、非常に好きなタイプでした。

香りにおいても味わいにおいても心地良いシェリー感が全体を優しく包んでおり、それが強すぎない分だけエステリーで熟成感のあるフルーツ感もマスクされずに感じることができました。

熟成年数のわりにリッチなオークの主張も強すぎず、それでいてモルティさや厚みも残っているというハイレベルでバランスの取れたフィディックで、ニヤニヤしながら飲んでしまいました。

恐らくリリース当時から美味しかったのではないかとは思いますが、まだ飲み頃感もあってかなり好印象でした。


※※※
最近、書き溜めていた更新予定のデータがなぜか消失するという事件があり、しばらく更新が不定期になります。。。
更新が滞っているのを心配してくださりご連絡いただいた方々、ありがとうございました。
本業もありますので、復元に少々お時間をいただきますが、お待ちいただければと思います。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood5
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧