ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2018.12.09【日記】

ロングロウ 1974 25年 オフィシャル 46%

熟成感も出ていてやはり素晴らしい仕上がりです。

 

ロングロウ LONGROW 1974 25yo OB 46%


香りは華やかでこなれているが鋭さがある。レモンピールと強いスモーク、ナフタレン、貝のミネラル、バニラとオイル、砂利っぽさのあるアーシー。
飲むと舌に染み込むようなテクスチャーでかみごたえもある。麦芽の非常に強い旨味、スウィーティに似た柑橘感に伴う優しい甘味と酸味、塩素とミネラル、強い塩気、スモーキーで長く陶酔感のある余韻。

【Excellent】


オフィシャルのロングロウ1974、25年熟成。

素晴らしく個性的で、ほぼどんなボトルも素晴らしい美味しさだと感じるヴィンテージですが、露骨でない心地良い熟成感があり、ナフタレンっぽさのある独特の強いピートと貝っぽいミネラル、そして砂利っぽいアーシーさがあります。
貝のようなブリニーさも際立っており、陶酔感もあって非常に美味しかったです。

加水の良さもありますが、25年と同ヴィンテージのボトルの中でも長めの熟成で加水も少ないのか、熟成感があるのに濃さを感じます。
噛みごたえを感じるようなテクスチャーもあり、旨味が濃厚に残っていました。

そんなわけで加水ながら満足感の高いボトルで、飲めて幸せでした。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood9
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧