ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2018.12.03【日記】

ニューリリース:アバフェルディ 1993-2018 24年 ゴードン&マクファイル コニッサーズチョイス バッチ18/009 58.7%

オフィシャルのシェリーカスクの凄いものと、かなりの共通点がありました。

 

アバフェルディ ABERFELDY 1993-2018 24yo GORDON & MACPHAIL CONNOISSEURS CHOICE BATCH 18/009 58.7%
one of 586 bottles, FIRST FILL SHERRY PUNCHEON



香りはしっかりシェリー、ドライブルーベリーや枝付きレーズン、ビターチョコレート、クローブやシナモンなどのスパイスとハーブリキュール、淡く土っぽさやレザー。
飲んでも芳醇なシェリー、ドライフルーツやハーブリキュール、蜂蜜も感じる濃い甘味としっかりとウッディな渋味、深みと強いコクあり、少し腐葉土っぽいアーシーさ、余韻は長く満足感あり。

【Very Good】


GMのコニッサーズチョイス、ニューラベルで今年リリースされたアバフェルディ1993、24年熟成のカスクストレングスです。

非常に良いシェリー感が全体に効いており、重厚で芳醇なだけでなく、細かい部分まで拾うとテイスティングノートが長くなってしまいそうな複雑さもありました。

当然シーズニングシェリーカスクだと思いますが、その中にも良いものとそうでないものがあるということをまざまざと感じさせられるすごい樽でした。

そして、それに負けないアバフェルディの味もあり、樽感と原酒の酒質が見事にマッチしていたのも魅力的でした。

コクのある蜂蜜とシェリー感に伴う濃縮フルーツの甘味と良い渋味、そして深みを出すハーブやスパイスといった多彩なフレーバーがハイレベルで共存しており、現行のシェリーカスクとして相当ハイレベルだと思います。

オフィシャルからたまに出てくる非常に良いシングルシェリーカスクのアバフェルディとの共通点を強く感じたのが特に心に残りました。

今回リニューアルしたコニッサーズチョイスは愛好家の中でも評判が良いようですが、このアバフェルディも人気のようで私が買おうとしたときにはすでに市場からなくなっていました。

非常に満足度の高いモルトで、飲むのが遅くて買えなかったことを正直後悔したのでした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood11
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧