ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2018.11.13【日記】

ニューリリース:グレンエルギン 1997-2018 20年 ゴードン&マクファイル コニッサーズチョイス バッチ18/003 55.7%

非常に良いシェリーカスクでした。

 

グレンエルギン
GLENELGIN 1997-2018 20yo GORDON & MACPHAIL CONNOISSEURS CHOICE BATCH 18/003 55.7%
one of 602 bottles, FIRST FILL SHERRY BUTT



香りはかなり良いシェリー感、高級チョコレートとブルーベリー、淡くハーブ、クローブなどのスパイス。
飲むとベリージャムや濃縮ブドウ果汁の甘味、引き締めるブドウの皮のタンニンの渋味、少しスミレのフローラル、余韻は心地良い。

【Good/Very Good】


GMのコニッサーズチョイス、ニューラベルでリリースされたグレンエルギン1997、20年熟成。
55.7%のカスクストレングスです。

のっけから近年としては非常に良いシェリーカスクのニュアンスがあり、ベリーやハーブ、スパイス、そして良いものにしか感じない高級チョコレートのニュアンスもありました。

飲んでも果汁感もある濃縮フルーツのようなフルーティさがしっかりと感じられ、甘味と深みのある渋味もあり飲み心地もとても良かったです。

シェリー感以外の個性こそありませんが、誰が飲んでも美味しいと言いそうな突き抜けたシェリー感のあるニューリリースで、VGにしようか迷うほど美味しくいただきました。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood9
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧