ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2018.06.14【日記】

アードベッグ1975 25年 ジョンミルロイセレクション 58.0%

何度飲んでも素晴らしいシェリーカスクのアードベッグです。

 

アードベッグ ARDBEG 1975-2001 25yo John Milroy SELECTION 58.0%
Sherry Butt



香りは力強い。塩素と鋭い金属感、強烈なピート、心地良いシェリー感、ベリー、少しミーティ、海藻、旨そうなモルティ。
飲むと度数より穏やかな口当たりからパワフルに広がる。香り同様に塩素や金属感、アプリコットジャム、 染み込むような旨味、少しミーティでコクのある甘味、鋭さのある強いピート、濃厚で一体感のある長い余韻。

【Very Good/Excellent】


ジョンミルロイセレクションからアードベッグ1975、2001年のボトリングで25年熟成です。

非常に美味しく何度か飲む機会があったこともあり、ボトラーズからリリースされたシェリーカスクの70年代アードベッグというと自分はまずこれが頭に浮かびます。

今回は、ややボトルの底の方で飲んだこともあってか、今まで飲んだ印象と比べるとアタックの刺激が少なくまったりしたテクスチャーを感じました。

そのためかいつもよりもシェリーカスク由来と思われる熟したフルーツ感が強めに感じられ、シェリーカスクとアードベッグの個性がより一体化して感じられたのでした。

知っているつもりのボトルのいつもと違う姿が垣間見ることができて、幸せな1杯でした。

なお、開栓後の変化には長期の瓶内変化が急激に起きたような印象を持つことが多いのですが、今回もそんな感覚を強く持ちました。



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood5
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2018年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧