ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2017.06.24【日記】

アラン 1995-2004 オフィシャル Pub 摩幌美 25周年記念 #95/297 55.3%

短熟ですが非常に美味しくいただけました。

 

アラン ISLE OF ARRAN 1995-2004 OB for PUB MAHOROBI 25th Anniversary #95/297 55.3%
one of 156 bottles, Sherry Hogshead



香りは優しいシェリー、プラムや梅のジャム、旨そうなモルティ、淡くヘーゼルナッツ。
飲むと 度数より穏やかでこなれている、プラムや熟したオレンジ、コクのある甘味、旨味のあるモルティ、バランスの良い味わいで飲み心地が良い。

【Good/Very Good】


松本にあるPub摩幌美さんが25周年記念にボトリングされたアラン1995、2004年のボトリングでおよそ9年の熟成です。
1995年はアランが蒸留を開始した年で、わずか520樽しか作られなかったことがラベルに記されています。

熟成期間が短いカスクストレングスであることを全く感じさせない仕上がりで、優しいシェリーカスクの雰囲気に包まれていました。

ジャム系のフルーツ感や、主張はあるがキツさのない旨そうなモルティ、そしてナッツのようなニュアンスが一体感を帯びて感じられました。

かなり飲み心地が良く、それにはボトリング後少し年数が経っていることも影響しているとは思いますが、そもそも樽そのものが良いのだと思います。


ここ数年アランからたくさんリリースされた、外れは少ないものの似たようなものが多かったシェリーカスク達とは方向性の異なる香味だったのが印象的でした。

長く深いスコットランドとのつながりがある摩幌美さんだからこそ、こんな樽をボトリングできたのだと思います。


 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood7
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

どれも美味しいですがやや食傷気味だったシェリーのアランですが、これは違った個性があってかつスペックから想像する以上に美味しかったのが印象的でした。
こういうものを詰められるのは、先見性もありますが何より現地での信頼だと思います。

  • Posted byT.Matsuki
  • at2017.07.01 01:21
KJMOKMO

本日有楽町でこのアランを頂戴しましたが、本当に9年とは思えない出来でした☆ファーストビンテージでこのクオリティのものを詰める&ボトリングした先見性に只々脱帽です(*⁰▿⁰*)

  • Posted byKJMOKMO
  • at2017.06.29 22:50

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧