ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2017.01.12【日記】

グレンアギー 1981-2004 22年 チーフテンズ #5134 52.5%

優しいシェリー感で美味しい80年代蒸留モルトでした。

 

グレンアギー GLENUGIE 1981-2004 22yo CHIEFTAIN'S #5134 52.5%
one of 654 bottles, Refill Sherry Butt



香りは強い、優しいシェリー感、甘やかなアプリコットジャム、皮付きのドライオレンジ、奥から麦感、厚みがある。
飲むと滑らかでやや噛み応えのあるテクスチャー、濃縮感あり、アプリコットジャムのコクのある甘味、淡い麦の旨味あり、少しオイリーでリッチ、オーク、余韻は長め。

【Good/Very Good】


イアンマクロードのチーフテンズからグレンアギー1981、22年熟成です。

強い発香で優しく甘やかなシェリー感が全体を包むモルトで、麦感も残っていて旨みもあります。
滑らかでややオイリーなテクスチャーもあり、ジャム系のコクのある甘味も好印象でした。

あまり深みのあるシェリー感ではありませんでしたが、優しく甘やかでのんびり楽しめるアギーでした。

80年代シェリーというと昔は硫黄だの地雷だのと言われていて良いイメージがありませんでしたが、最近は80年代を飲んでもそういう要素を感じるものが少ないように思います。
ボトリングから時間がたったものはだいぶサルファリーが抜けているんだと思います。

といってもこのボトルのようにまったりと優しいものはどちらかというと最初からサルファリーは無かったか、あっても淡かったタイプと思われます。
逆にサルファリーが抜けたものは独特の深みと厚みを帯びているものが多いイメージです。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood4
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧