ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2016.12.07【日記】

近年リリース:ブナハーブン 1987-2015 ウィームス 46%

良いシェリーでらしさもあるブナハーブンです。

 

ブナハーブン BUNNAHABHAIN 1987-2015 WEMYSS MALTS 46%
one of 600 bottles, BUTT



香りは全体を覆うシェリー、ベリージャム、ビターチョコレート、クローブなどのスパイスやミントを含むハーブ、リッチ。
飲むと滑らかな口当たりから芳醇に広がる、ほどよいシェリー、香り同様にベリージャムなどのフルーツやハーブとチョコレート、濃いめの甘味と淡い渋味、淡くらしいエグ味、バランスの良い深みもある味わいで余韻は長め。

【Good/Very Good】


去年ウィームスがボトリングしたブナハーブン1987、およそ28年の熟成です。

全体をしっかりと覆うシェリー感が印象的なモルトで、特に香りはシェリー感に支配されているとも思えるものでした。
とはいえ80年代にしてはサルファリーを感じない良質なシェリー感でした。

飲んでも良いシェリー感が強くそのニュアンスは多彩です。そして後半にブナハーブンらしいエグ味要素も見え隠れし、かすかに樽感に抗っているようでもありました。
加水のためかバランスが良く飲み心地も悪くないシェリー系モルトで、完成度は高く余韻も長めでした。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood6
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧