ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2016.06.05【日記】

自宅テイスティング:ロングロウ "テイスティングルーム" オフィシャル 2014ボトリング

スペックは不明ですが、こなれた感もあって凝縮されたロングロウらしい香味でした。

 

ロングロウ LONGROW "The TASTING ROOM" OB bottled in 2014 48.0%


・香り:
フレッシュだが強く厚みがある、ゴルゴンゾーラを感じるチーズのニュアンス、太く強い麦感、スモーク優位のパワフルで強いピート、オレンジ、バニラ、磯っぽさ、牡蠣、ミネラリー、少しクリーム、魚介ダシと少し醤油。

・味わい:
刺激はそれほどなく豊かに広がる、凝縮感があり少し粉っぽいテクスチャーでしっかりと噛み応えあり、レモン、麦の旨味が濃厚、香り同様に磯感しっかりで牡蠣っぽい、炭っぽさもあるスモーキーな強いピート、コクのある甘味と淡い酸味、強い塩気、オイリー。

・余韻:
チーズとスモーキーな強いピート、旨味が強く豊かな麦感が長く残る。

・加水:
グレープフルーツっぽさと粉っぽい凝縮感が強まり、旨いラフロイグのようになる。

・総評:
ゴルゴンゾーラのようなチーズっぽさ、スモーク優位の強いピート、磯っぽさや牡蠣のニュアンスなどロングロウの個性と魅力がしっかり詰まったボトル。
熟成年数が長いはずはないのだが、不思議と度数が下がっていてアルコール感は穏やかで、凝縮感がしっかりあった。
特に加水後は粉っぽい凝縮感がさらに強まり、私の好きな美味しいラフロイグのようなニュアンスが強まったのが面白かった。

【Good/Very Good】


スプリングバンク蒸留所と同資本のケイデンヘッドのショップで売られている、ザ・テイスティングルームのロングロウです。
ヴィンテージ表記はなく、2014年ボトリングです。
度数は48%と意外と恐らく短熟のカスクストレングスなのに結構下がっています。

そのためかボトリング後それほど経っていないのにスムーズです。
凝縮感があって少し粉っぽいテクスチャーがあり、強いピート、そしてチーズや磯っぽい牡蠣のようなロングロウらしいニュアンスがしっかりと感じられました。

太い麦芽とその旨味も感じられ、味付け感のある強い樽感や嫌味もなく、素直に美味しいです。

正直、それほど期待せずに安価で買ったボトルだったのですが、美味しくてびっくりしました。



 
COMMENT(1)
この記事を評価するGood8
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
清水 寛明

先生、こんにちは。
遅くなりましたが昨日受け取りました。
あんなに沢山の量、有難う御座います。
早速頂きました。
美味しいキャビアを食べた後のような幸せな気分に陥りました。
8年振りに昨日会ったロングロウ好きの女子に一杯飲んで貰った所、非常に感激してました。
併せて御礼申し上げます。

  • Posted by清水 寛明
  • at2016.07.09 19:06

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧