ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2016.05.19【日記】

ニューリリース:モートラック 1997-2015 18年 "シガーモルト" チーフテンズ #5240 57.7%

かなり良いシェリーカスクです。欲しかった。。。

 

モートラック MORTLACH 1997-2015 18yo "THE CIGAR MALT" Chieftain's #5240 57.7%
one of 612 bottles, Oloroso Sheryy Butt



香りはこってりシェリー、プラムジャム、レーズン、ダークチョコレート、バーブリキュール、黒糖、奥から麦感、レザーや腐葉土、少しミーティで強くリッチ。
飲むと滑らかな口当たりから芳醇に広がる、プラムやベリーのジャム、ハーブリキュール、奥から麦感、レザーと淡く腐葉土、黒糖やジャム系の濃い甘味、強めのタンニンと渋味、リッチで長めの余韻。

【Good/Very Good】


最近チーフテンズからシガーモルトとしてリリースされたシングルカスク。
蒸留所表記はなくシガーモルトというとダルモアかなと思っていたら、モートラックということです。

かなりこってりした濃いシェリーカスクのモルトですが、ジャム系の多彩なフルーツ感、高級チョコレート、ハーブやレザー、そしてアーシーさやミーティなニュアンスもあって非常に多彩な香味です。
麦感の主張もあり、甘味とバリシェリーらしい渋味も悪くないバランスで、総合的に近年シェリーカスクのモルトとしてはかなり秀逸な出来だと思います。

嫌味がなく飲み心地の良いシェリーカスクは最近増えていますが、アーシーさやレザー感、薬草酒のようなニュアンスを併せ持っている複雑なタイプは珍しく、嫌味のない保守的な美味しさという感じがせず攻めた香味なのに嫌味もなかったという印象です。

近年シェリーカスクとしては、以前にご紹介したキングスバリーのグレンロセス2004に続くドラフト1位で成長力にも期待できるというタイプでした。

何の先入観もなく飲んで、結構びっくりして買おうとしたら、すでに売り切れていました。
これは2本は買って1本すぐに開け、残りは長期間寝かせておきたかったです。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood7
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧