Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2016.04.18【テイスティング】

Royal Lochnagar 1998-2010 12y Douglas McGibbon''s PROVENANCE (ロイヤル・ロッホナガー 1998-2010 12年 ダグラス・マックギボン プロヴェナンス)


Royal Lochnagar 1998-2010 12y Douglas McGibbon''s PROVENANCE
(ロイヤル・ロッホナガー 1998-2010 12年 ダグラス・マックギボン プロヴェナンス)

1998年夏蒸留
2010年夏瓶詰
46% 700ml
リフィル・バット
カスクNo.6374
ノンチル・ノンカラーリング
JIS輸入

久しぶりにBarにて。

たまに行く、埼玉県の川越駅近くのBarがあり、そこで飲ませてもらいました。 今回のボトルの味はともかく、このお店がとても好みです。

まずお店のバーカウンターや椅子、絨毯などがとても雰囲気があり、川越のクレアモール沿いにあるとは思えない風情があります(笑)。

グラスにとてもこだわりがあり、カクテルを頼むと毎回違うかっこいいグラスで提供してくれます。
また、「お会計を」というとお口直しに美味しいお茶を飲ませてくれます。

マスターもお手伝いの女性も優しく、初めての来店からずっと親切にして頂いています。

なかなか川越に行く機会がないのですが、できるだけ伺いたいと思えるお店です。 良いお店を見つけました。

そこで今回飲んだボトル。プロヴェナンスのボトルは結構好みなのですが、今回のボトルは少々平凡でした…。でも、プロヴェナンスらしいキャラクターは感じられました。

 
【アロマ】
りんご果汁のトップノート。しっかり嗅いでもりんご果汁香が全面を支配し、他に金属香、シロップ、草、石鹸。

【フレーバー】
飲み口は素朴な印象の草っぽい風味。粉っぽい苦味が主役。全体的に薄味。飲み慣れていくうちにより金属香が支配し段々とつまらなくなっていくが、花のよい香りもうっすら出てくる。

【総合評価】
プロヴェナンスが好きだが、このボトルはやや期待外れ。少しヒネてしまっていた。

その前に、アードモア・レガシーを飲みましたが特筆することはなく…。ストレートでおいしくいただきました。




シングルモルトが美味しく飲める季節になりました。


 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧