Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2015.08.23【日記】

Auchentoshan Three Wood (オーヘントッシャン スリーウッド)


Auchentoshan Three Wood
(オーヘントッシャン スリーウッド)

43% 700ml
バーボン樽→オロロソ・シェリー樽→ペドロ・ヒメネス・シェリー樽熟成
公式HP

これまでオーヘントッシャンに対しては「単純な香味の原酒に樽の香味が乗っかっている」という程度の印象しかなくあまり好みではありませんでしたが、いろいろと飲んでいくうちにそれも魅力なんだと感じられるようになりました。

このボトルもそんな印象で樽香が乗っかっている感じでしたが、とても楽しめました。

 
【アロマ】
トップノートは栄養ドリンクの薬草臭。しっかり嗅ぐと、小児用風邪薬のような甘ったるい薬草香、オールドシェリーにあるような甘い薬草香、渋い樽香。時間とともに樽香のニュアンスが強まり、安心するとともに単純な印象に。

【フレーバー】
水っぽいが味の要素はハッキリしていて不思議。心地よいスパイシーさ。ほのかなシェリー樽香と樽自体のスパイシー風味が合わさって心地よい。

【総合評価】
コストパフォーマンスを考えれば、値段相応かそれ以上。色々な飲み方に対応できそう。
素朴な香味のウイスキーに樽香を乗せるとこうなるんだということが理解できる。

 
この記事を評価するGood

2013.08.28【日記】

Auchentoshan 1992-2013 20y Three Rivers "The Dance" (オーヘントッシャン 1992-2012 20年 スリーリバーズ ザ・ダンス)


Auchentoshan 1992-2013 20y Three Rivers "The Dance"
(オーヘントッシャン 1992-2012 20年 スリーリバーズ “ザ・ダンス”)
47.8% 700ml
バーボンバレル カスクNo.5431

朝霞の「Shot bar AYA」さんにて納品日に飲む事が出来ました。

AYAさんに卸している酒屋さんへのこのボトルの入荷が、他の酒販店さんより1週間近く早かったらしく、まだ他のバーにもあまり出回っていないようです。

味の方は…。もともと ローランド モルトの香味にあまり魅力を感じる事がないので、このボトルにもなかなか良い点を見つけるのは難しかったです…。
もちろん、人によって好き嫌い、得手不得手があると思いますし、ローランド好きには喜ばれる香味なのではないかな、と思います。

 
【アロマ】
まさに華やかなローランド…。樽感バッチリ…。温泉場のドライフラワー。新鮮な絵の具。重いフローラル。
 
【フレーバー】
全体的な味わいにはあまり特徴が感じられない。少し出汁っぽい。南国系のハーブティーのような、甘い香りのニュアンス。
 
【総合評価】
普通の オーヘントッシャン といえばオーヘントッシャン。探せばアジア系の香草フレーバー。自分にとっては、香りをとるのが苦手なタイプのウイスキー。

この記事を評価するGood

2013.02.08【日記】

Auchentoshan Classic(オーヘントッシャン クラシック)


Auchentoshan Classic(オーヘントッシャン クラシック)

40% 700ml バーボンカスク

【モルトマラソン第1回試飲ボトル】

今回のモルトマラソンで、最初に飲んだアイテム。
ローランドモルトの伝統製法、3回蒸留でライトでクリーンな味わいです。
もちろん、「ライトでクリーン」はメリットでもありデメリットでもありますが…。

買ってまで飲みたいとは思わないかな…。

【アロマ】
酸っぱい。紙っぽい。しばらくすると、紙臭、ダンボール臭が強くなる。
加水で金属臭が出る。さらに時間が経つと完全に紙臭そのものになり、飲めたものではなくなる…。

【フレーバー】
薄く、軽い。
加水でミルキーになり、甘くなる。海藻臭も?

【総合評価】
同じ3回蒸留のブッシュミルズよりも、どっさりと粉っぽい。 
この記事を評価するGood

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧