Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2015.08.24【日記】

Invergordon 12y Cadenhead''s World Whiskies (インヴァーゴードン 12年 ケイデンヘッド ワールドウイスキーズ)


Invergordon 12y Cadenhead's World Whiskies
(インヴァーゴードン 12年 ケイデンヘッド ワールドウイスキーズ)

65.3%
バーボン・ホグスヘッド樽
シングルカスク
1997年12月ボトリング
ボトルNo.252

勉強になりました。
熟成焼酎を飲んでいるような印象でした。

 
【アロマ】
樽香とシンナーが混ざった、マッタリしたトップノート。しっかり嗅ぐと、揮発的なアルコール香。深みのある香りは見つけられず、ウォッカのよう。

【フレーバー】
若々しさが目立つアルコール風味。とても辛い。深みはなし。スピリッツに軽い樽風味が付いた感じ。

【総合評価】
オールドボトルにありがちな魅力的な香味はない。若いグレーンは瓶熟しないものなのか。

 
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧