Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2014.08.19【日記】

Lochside 1981 Scotch Malt Sales “Tir Nan Og” (ロッホサイド 1981 スコッチモルト販売 チール・ナン・ノク)


Lochside 1981 Scotch Malt Sales “Tir Nan Og”
(ロッホサイド 1981 スコッチモルト販売 チール・ナン・ノク)

51.1% 700ml
公式HP

いつもの朝霞「Shot bar AYA」さんにて。
この前の一杯でグレンアギーを飲んだので、同じく閉鎖蒸留所のロッホサイドを注文してみました。

こちらも開栓してからしばらく経っているようですが、フレッシュな香味で、気持ちよく飲めました。

 
【アロマ】
オレンジピールの華やかなトップノート。しっかり嗅いでも印象は変わらず、オレンジ系のフルーティさが心地よい。時間とともにシソ、新緑の香り。

【フレーバー】
フルーティな甘味の後に、栗っぽいエグみ、桃の皮の苦味・甘味。加水すると砂糖入りの紅茶のようになる。

【総合評価】
「ベンリアック1976 for Kinko」でも感じた、樽っぽいドライな桃フレーバー。フルーティだがやや草っぽく、熟成感はあまりない。加水で味がハッキリする。

 
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2017年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧