Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2014.10.14【日記】

Dailuaine 1997-2013 15y Signatory The Un-Chillfiltered Collection (ダルユーイン 1997-2013 15年 シグナトリー アン・チルフィルタード・コレクション)


Dailuaine 1997-2013 15y Signatory The Un-Chillfiltered Collection
(ダルユーイン 1997-2013 15年 シグナトリー アン・チルフィルタード・コレクション)

46% 700ml
1997年5月1日蒸留
2013年2月25日瓶詰
ホグスヘッド樽
カスクNo.6018,6020
ボトルNo.507/798
ノンチル・ノンカラーリング

ダルユーインは個人的にお気に入りの蒸留所です。
シェリー樽とは違う系統の濃く甘い香りが感じられ、かといって味は無難。派手さは無いが落ち着いて飲める、という印象を持っています。

今回のボトルもイメージ通りで、良い買い物ができたと満足しています。

 
【アロマ】
桃の皮のような甘いトップノート。しっかり嗅ぐと、ほのかにアニス系、バニラ、花、ハチミツ、麦、少し塩っぽい? サクランボのフルーティ香。
加水すると野暮ったくなるが、それも魅力と感じられる。

【フレーバー】
アルコール感がやや強めで舌にピリピリとくる。未熟な桃の苦味とほのかな甘味。後味にややミルキーさを感じる。全体的には単純な印象。
加水で酸味が増し、梨のようなフルーティ風味になる、

【総合評価】
自分が思い描いているダルユーインの良さがしっかりと感じられる。まったりとした甘い香りと、シンプルな味。

 
この記事を評価するGood

2013.09.10【日記】

Banff 1980-2000 Signatory Vintage (バンフ 1980-2000 シグナトリー ヴィンテージ)


Banff 1980-2000 Signatory Vintage
(バンフ 1980-2000 シグナトリー ヴィンテージ)

1980年3月18日蒸留、2000年8月2日瓶詰
リフィルバット No.634
ボトルNo.637/702 
U-D-94
 
 
「The Common One Bar」さん(前記事参照)を出て、二条の「BAR K6」さんへ。

 
京都でシングルモルトを飲むなら、「Rum and Whisky」さんか「Bar K6」さんだと、前日回ったBarの方に言われていたので行ってみました。
 
この時点で夜行バスの発車時間まで2時間を切っており、時間との勝負です。
 
ドアを開けると、想像とは違ってだいぶ広く、4,5人のスタッフがせわしなく動く賑わった店内。
 
初見の客という事で仕方ありませんが、店員の方には少し身構えられていました…。ただ、「ウイスキー好き」であることと、前日に回ったお店の事を伝えると自分の事を理解してくれ、色々とおすすめのウイスキーを提示して頂けました。
 
まずは最近個人的に気になっている「Duff」の付く蒸留所、「ダフタウン」「マクダフ」「ミルトンダフ」でオススメはないかリクエストしましたが、何本か見せて頂いたボトルの中にバンフが。いちおう「ff」が付くからOK?

バンフのボトルは飲んだ事がありませんし、この機会を逃したら次にいつ飲めるか分からないので、勢いで注文しました。

 
【アロマ】
香り立ちは弱め。リンゴ、樽香、蜂蜜の甘い香り。
 
【フレーバー】
クリーミーでモルティ。かなり優しい味わい。フローラルもある。
少し布っぽい。
 
【総合評価】
穏やかで味わい深い印象。古めかしさも感じる。


 
京都ではレアな銘柄をいくつか飲んでいます。ポートエレン、ブローラ、アードベッグ1975と続いて、このバンフ。贅沢すぎるラインナップなのに、まともにテイスティングコメントを取れなかったのは痛恨の極み…。
 
まぁ、閉鎖蒸留所、休止期間のある蒸留所の稼働前のボトルは「飲む事に意義がある」と一人納得して気持ちを抑える事にします。
 
さて、もう一杯。

☆京都Bar巡り32杯目(二日目4杯)



 
この記事を評価するGood

2013.07.14【日記】

Glenburgie 1983-2009 25y Signatory (グレンバーギ 1983-2009 25年 シグナトリー)


Glenburgie 1983-2009 25y Signatory
(グレンバーギ 1983-2009 25年 シグナトリー)
54.7% 700ml
ホグスヘッド
カスクNo.9815 ボトルNo.170/180

地方BAR探索者さん企画の【東日本大震災チャリティー企画】に参加し、送って頂いたボトル。
詳しくはコチラ→http://chibatan.usukeba.com/u/chibatan?keyword=%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AE&page=2

グレンバーギを飲むのは、スコッチ文化研究所オリジナルの1983年のもの以来。

ところで、今回のグレンバーギで「シグナトリー」のカスクストレングス・コレクションのボトルを飲むのは3回目なのですが、偶然なのか、アロマの印象(特にトップノート)が全て同じです。「朽ちた木」のようなドライな香り。これがシグナトリーの一つの特徴なのでしょうか。
あまり得意ではなく、飲み疲れてしまいます…。

 
【アロマ】
トップノートは、乾いていて苦みの強いオーク香。
しっかり嗅ぐと、ほんのりとオレンジのフルーティ香。多少、セメダインの香り。アルコール香が目立ち、細かい香りを感じ取りにくいが、奥から花の香りも感じる。
加水で、カブトムシやカナブンのような昆虫臭、タンスの匂い。

【フレーバー】
鉛筆、キャンディ(千歳飴)。やや苦みが強く、酸味と甘味は弱め。余韻は短め。
加水で全体的な印象が軽くなり、少し華やかに。

【総合評価】
自分には、大きな魅力は感じられなかった。アルコール感が強く、繊細な香味を感じ取りづらい印象。ドライで苦く、飲み疲れる。
 
 
Share
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧