Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2014.08.18【日記】

Glenugie 1980-2010 30y Dun Bheagan (グレンアギー 1980-2010 30年 ダン・ベーガン)


Glenugie 1980-2010 30y Dun Bheagan
(グレンアギー 1980-2010 30年 ダン・ベーガン)

50% 700ml
バット樽 カスクNo.5375
ボトルNo.606
ノンチル・ノンカラーリング
公式HP

毎年の事ながら夏の暑さにヤラれてしまい、ウイスキーをストレートで飲むのが億劫になっています。

それでもなんとか、いつものBarへ。
特に目当てのボトルを決めていなかったので、中身が残りわずかのボトルから、普段飲まない蒸留所のものを。

以前飲んだグレンアギーはシェリー樽の香味が強かったのですが、このボトルはほとんど感じません。劣化気味な香味が残念。開栓したての頃に飲んでみたかったです。

 
【アロマ】
熟れすぎた梨、桃缶のシロップの甘いトップノート。しっかり嗅ぐと樽由来の溶剤香、酸味の強いフルーティ香、ビスケット。

【フレーバー】
味はやや単調? スピリッツ的な酸味の後にベリー系の酸味、麦の粉っぽさが乗っかってくる。

【総合評価】
残り1ショット分のものを飲んだからか、劣化している感が。
粉っぽいテクスチャーが特徴的。加水しても良い変化は現れず…。

 
この記事を評価するGood

2013.11.27【日記】

Isle of Jura 2001-2012 10y Ian Macleod Chieftain''s (アイル・オブ・ジュラ 2001-2012 10年 イアン・マクロード チーフタンズ)


Isle of Jura 2001-2012 10y Ian Macleod Chieftain's
(アイル・オブ・ジュラ 2001-2012 10年 イアン・マクロード チーフタンズ)

46% 700ml U-D-290
カスクNo.90971
フィノ・シェリー樽フィニッシュ
ノンチル・ノンカラーリング

【アロマ】
シェリー樽のニュアンスはほとんど感じず、ジュラらしい野暮ったいトップノート。しっかり嗅ぐと、ニューポット、塩味、ゴムボール、安っぽいフラワリー香、梅干し。遠くから嗅ぐと、しっかりしたシェリー樽香がする。

【フレーバー】
特徴は感じず、雑味はたっぷりで、まさに若いジュラ特有の味…。後味に、本当にわずかにシェリーの香りが感じられる。パフューミーさもわずかで、心地よいレベル。

【総合評価】
可もなく不可もなく、魅力もあまり感じない。らしい味なので、ジュラ好きには好まれそう。加水する必要はない。

 
{シングルカスク}ジュラ1993シェリー 54% 700ml

{シングルカスク}ジュラ1993シェリー 54% 700ml
価格:7,088円(税込、送料別)

この記事を評価するGood

2013.08.20【日記】

Glenrothes 1999-2013 13y Ian Macleod Chieftain''s (グレンロセス 1999-2013 13年 イアン・マクロード チーフタンズ)


Glenrothes 1999-2013 13y Ian Macleod Chieftain's
(グレンロセス 1999-2013 13年 イアン・マクロード チーフタンズ)
46% 700ml
シェリーバット
ノンチル・ノンカラーリング
カスクNo.3400
ボトルNo.1896

池袋西口の「J's Bar」にて。
3杯セット2周目の2杯目。※ハーフショット

 
【アロマ】
グレンロセスらしいシェリー樽香。虫っぽい、べっこう飴っぽい甘さ。紙っぽいウッディさ。当然だが、オフィシャルのグレンロセスより荒っぽい。

【フレーバー】
短熟のシェリー樽モルトらしい軽快さ。苦甘く、海苔っぽい。

【総合評価】
なかなか。特徴的ではないが、つまらなくもなく、「普通に」美味しい。


   
 
Share
この記事を評価するGood

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2017年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧