Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2015.08.24【日記】

Invergordon 12y Cadenhead''s World Whiskies (インヴァーゴードン 12年 ケイデンヘッド ワールドウイスキーズ)


Invergordon 12y Cadenhead's World Whiskies
(インヴァーゴードン 12年 ケイデンヘッド ワールドウイスキーズ)

65.3%
バーボン・ホグスヘッド樽
シングルカスク
1997年12月ボトリング
ボトルNo.252

勉強になりました。
熟成焼酎を飲んでいるような印象でした。

 
【アロマ】
樽香とシンナーが混ざった、マッタリしたトップノート。しっかり嗅ぐと、揮発的なアルコール香。深みのある香りは見つけられず、ウォッカのよう。

【フレーバー】
若々しさが目立つアルコール風味。とても辛い。深みはなし。スピリッツに軽い樽風味が付いた感じ。

【総合評価】
オールドボトルにありがちな魅力的な香味はない。若いグレーンは瓶熟しないものなのか。

 
この記事を評価するGood

2015.08.23【日記】

Auchentoshan Three Wood (オーヘントッシャン スリーウッド)


Auchentoshan Three Wood
(オーヘントッシャン スリーウッド)

43% 700ml
バーボン樽→オロロソ・シェリー樽→ペドロ・ヒメネス・シェリー樽熟成
公式HP

これまでオーヘントッシャンに対しては「単純な香味の原酒に樽の香味が乗っかっている」という程度の印象しかなくあまり好みではありませんでしたが、いろいろと飲んでいくうちにそれも魅力なんだと感じられるようになりました。

このボトルもそんな印象で樽香が乗っかっている感じでしたが、とても楽しめました。

 
【アロマ】
トップノートは栄養ドリンクの薬草臭。しっかり嗅ぐと、小児用風邪薬のような甘ったるい薬草香、オールドシェリーにあるような甘い薬草香、渋い樽香。時間とともに樽香のニュアンスが強まり、安心するとともに単純な印象に。

【フレーバー】
水っぽいが味の要素はハッキリしていて不思議。心地よいスパイシーさ。ほのかなシェリー樽香と樽自体のスパイシー風味が合わさって心地よい。

【総合評価】
コストパフォーマンスを考えれば、値段相応かそれ以上。色々な飲み方に対応できそう。
素朴な香味のウイスキーに樽香を乗せるとこうなるんだということが理解できる。

 
この記事を評価するGood

2015.02.16【日記】

Littlemill 1989-2014 25y The Whisky Agency “Artwork” for Three Rivers & The Auld Alliance (リトルミル 1989-2014 25年 ウイスキーエージェンシー アートワーク スリーリバーズ&オールドアライアンス)


Littlemill 1989-2014 25y The Whisky Agency “Artwork” for Three Rivers & The Auld Alliance
(リトルミル 1989-2014 25年 ザ・ウイスキー・エージェンシー “アートワーク” スリーリバーズ&オールド・アライアンス向け)

50.9% 700ml
リフィル・ホグスヘッド
282本ボトリング
ノンチル・ノンカラーリング

いつもの豊島区池袋のBarにて。
前日に入荷したばかりだというボトルを飲ませてもらいました。

正直、今まで飲んだ経験からリトルミルに良い印象は持っていませんでしたが、リトルミルの希少性とウイスキーエージェンシーの新作から、半ば強制感をもって注文しました。

しかし、飲んでみて驚き。さすがはウイスキーエージェンシーという感じの、華やかでエキゾチックな香味でした。香り自体は全体的に静かなイメージですが、とても複雑でテイスティングが楽しめました。

 
【アロマ】
銅・桃の皮・醤油が合わさったトップノート。しっかり嗅ぐと、厚紙、糊、芝生、桃の香料、キュウリの皮、マスクメロン、茹でたタケノコ、軽く茹でた枝豆、花火の火薬、醤油。全体的に(造られた印象の)フルーティ香が際立つ。
加水で、芝生っぽい香りがミント系に移行する。

【フレーバー】
ドライな苦味が目立つ口当たりの後に、ジャワティー、紅茶を思い浮かべる心地よい香りが口に残る。アルコール感は強め。
加水しても苦味は残るが、全体の印象がまろやかになる。

【総合評価】
スリーリバースの先入観からか「和風」なイメージの香味。リトルミルのボトルを美味しいと思えたのはこれが初めて。
この記事を評価するGood

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧