Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2016.05.09【テイスティング】

Kavalan Solist ex-Bourbon Cask(カヴァラン ソリスト ex-バーボン樽)


Kavalan Solist ex-Bourbon Cask (カヴァラン ソリスト ex-バーボン樽)
59.4% 700ml
カスクNo.B100820017A
ボトルNo.183/190本ボトリング
カスクストレングス
ノンチル・ノンカラーリング
台湾現地購入

朝霞のBar「Shot Bar AYA」さんにて。
ソリストは昔ミニチュアボトルで飲んだことがあり(過去記事)、とても良いフルーツ香があった覚えがあります。
マスターからのオススメもあり頼んでみました。

飲んでみて大正解。
前回とは違った種類のフルーツ香。なおかつ、一つ前に飲んだエドラダワーより度数が高いというのに、アルコール感がまったく気になりませんでした。「清涼飲料」という言葉がピッタリはまりそうな印象の香味でした。

 


【アロマ】
グレープフルーツの皮と洋梨の皮が混ざったようなトップノート。衝撃的な清涼感。しっかり嗅ぐと、梨の実の部分、フルーツキャンディ、心地よい生木香、カラメル、湿った草。終始、嗅いでいて涼しい(笑)。

【フレーバー】
拍子抜けするほどアルコールを感じない飲み口。ただし、飲み進めていくと舌がピリピリするほど感じられるようになる。渋味と苦味が目立つが、味全体の中ではうっすら。後味に心地よい樽風味。

【総合評価】
前回飲んだボトルとは違った種類の心地よいフルーティ香。度数の高さが気にならない点も魅力。ただやはり、良いフルーティ香はすぐに消えてしまう点は共通している。加水も短時間しかもたない。注ぎたてで楽しむのが肝要。


この一杯を飲んでいたら、マスターが他のカヴァランのミニボトル(写真左:コンダクター 写真中:コンサートマスター)を一杯ずつ出してくれました。やっぱり飲み比べが一番楽しい。



どちらのミニボトルもずいぶん前からボトル棚にあるのを見ており、昔フルボトルで飲んだときとは全く違った味になっていました(笑)。
ただ、単純に不味くなっているのではなく、コンダクターはバタートーストのような甘く脂っぽい香りがしてとても面白く、さわらの西京焼きのような香りとも感じ取れました。また、コンサートマスターはいい感じに酸味がついて、オールドボトルのスイートベルモットのようにも思えました(香りだけ)。

「本来の味を失っている」という点は別にして、ヘタるということが必ずしも悪い事ではないと思えた貴重な体験となりました。

この一杯で締め。久しぶりにBarに行き、美味しいウイスキーを飲む楽しさを再認識しました。


 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■関連付けられた情報

Kavalan Solist ex-Bourbon Cask
この記事を評価するGood1

2016.05.08【テイスティング】

Edradour 13y Straight from the cask Sauternes cask finish (エドラダワー 13年 ストレート・フロム・ザ・カスク ソーテルヌ・カスク・フィニッシュ)


Edradour 13y "Straight from the cask" Sauternes cask finish
(エドラダワー 13年 ストレート・フロム・ザ・カスク ソーテルヌ・カスク・フィニッシュ)

56.2% 500ml

2000年6月30日蒸留

2008年10月29日までホグスヘッド樽熟成

2008年10月29日から2014年2月20日までソーテルヌ・ホグスヘッド樽熟成(フィニッシュ)

448本ボトリング

ボニリジャパン輸入

昨年7月以来、とても久しぶりに朝霞のBar「Shot Bar AYA」さんへ。

このお店は生まれて初めて行ったBar。初めて来てからちょうど10年が経ちます。初めて来たときからボトルのラインナップは大きく変わりましたが、お店の雰囲気やマスターとの会話はあの頃と変わりません。楽しい時間を過ごすことができました。

一杯目に湘南ゴールドを使用したビール(サンクトガーレン)、二杯目にミント・ジュレップを飲み、三杯目に本記事のエドラダワーを頂きました。ちなみにミント・ジュレップはアップルミントを使用しており、リンゴジュースを飲んでいるようでとても好みの味でした。

 


【アロマ】

強めの樽香のわきにほのかなワイン香。しっかり嗅ぐと、豆の香りがわずかにした後は、平凡な若いフルーティモルトという感じ。全体的な印象としては、とても重厚。

加水すると、納豆とカカオが混ざったような香りに。悪い香りではない。

 

【フレーバー】

ヌルッとした苦味に、渋いアルコール風味が追いかけてくる。飲み込んだ後もアルコールが強く舌に残り、細かい風味は感じ取れなかった。薬草のような香りがほのかな鼻を抜ける。

加水でまろやかになり、とても飲みやすくなる。シロップ、紙、リンゴの皮などの風味も。

 

【総合評価】

「樽出し」というウリは理解できる香味だが単調。酒として美味しいかといわれると疑問。

香味ともに良くなるので、加水がオススメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バレッヒェン #6 バーボン・マチュアード 46%
価格:7643円(税込、送料別)

 

 

 

 

 

 

エドラダワー・イビスコバーボン 700ml EDRADOUR
価格:8942円(税込、送料別)

 

 

エドラダワー フェアリーフラッグ 15年 700ml
価格:9914円(税込、送料別)

 

 

 

 

 

 

【送料無料】エドラダワー30年43%700ml枡屋酒店
価格:56366円(税込、送料別)

 

 


COMMENT(0)

■関連付けられた情報

Edradour(エドラダワー)
この記事を評価するGood

2016.04.18【テイスティング】

Royal Lochnagar 1998-2010 12y Douglas McGibbon''s PROVENANCE (ロイヤル・ロッホナガー 1998-2010 12年 ダグラス・マックギボン プロヴェナンス)


Royal Lochnagar 1998-2010 12y Douglas McGibbon''s PROVENANCE
(ロイヤル・ロッホナガー 1998-2010 12年 ダグラス・マックギボン プロヴェナンス)

1998年夏蒸留
2010年夏瓶詰
46% 700ml
リフィル・バット
カスクNo.6374
ノンチル・ノンカラーリング
JIS輸入

久しぶりにBarにて。

たまに行く、埼玉県の川越駅近くのBarがあり、そこで飲ませてもらいました。 今回のボトルの味はともかく、このお店がとても好みです。

まずお店のバーカウンターや椅子、絨毯などがとても雰囲気があり、川越のクレアモール沿いにあるとは思えない風情があります(笑)。

グラスにとてもこだわりがあり、カクテルを頼むと毎回違うかっこいいグラスで提供してくれます。
また、「お会計を」というとお口直しに美味しいお茶を飲ませてくれます。

マスターもお手伝いの女性も優しく、初めての来店からずっと親切にして頂いています。

なかなか川越に行く機会がないのですが、できるだけ伺いたいと思えるお店です。 良いお店を見つけました。

そこで今回飲んだボトル。プロヴェナンスのボトルは結構好みなのですが、今回のボトルは少々平凡でした…。でも、プロヴェナンスらしいキャラクターは感じられました。

 
【アロマ】
りんご果汁のトップノート。しっかり嗅いでもりんご果汁香が全面を支配し、他に金属香、シロップ、草、石鹸。

【フレーバー】
飲み口は素朴な印象の草っぽい風味。粉っぽい苦味が主役。全体的に薄味。飲み慣れていくうちにより金属香が支配し段々とつまらなくなっていくが、花のよい香りもうっすら出てくる。

【総合評価】
プロヴェナンスが好きだが、このボトルはやや期待外れ。少しヒネてしまっていた。

その前に、アードモア・レガシーを飲みましたが特筆することはなく…。ストレートでおいしくいただきました。




シングルモルトが美味しく飲める季節になりました。


 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧