来夢来人(いのたかBAR&なんでも日記)

BARについて、WINE&音楽&その他なんでも備忘録です BARではモルト中心。シエリー樽で寝かしたウイスキーを好む。 しかし、ウイスキーの名前がわからずバーテンダー任せです カクテルも大好き!飲みすぎに注意してますが・・・ ついつい飲みすぎてしまいます。

2010.05.23【日記】

アルティーガ・フステル テンポ・クリアンサ[2004]





周南市の
アルベロ活魚&洋食工房でいただきました

香りが良いです。
飲みごたえあり。美味しいですね。

このワインはビオワインです。ビオロジックワインとは有機農法のワインのこと。
化学肥料や農薬を使用しないで葡萄を栽培し、醸造したワインの事です。
このワインに使われる葡萄2種は、極めて乾燥した気候の畑で栽培されるため、実質的に有機であり、また、一部ビオ・ディナミ(完全な自然農法)の理論を取り入れた方法で栽培されています。
そしてオーク樽を使っての8ヶ月間の発酵・・・と、こだわりぬいた醸造がなされています。
  綺麗な酸味とストレートな果実味が光ります。ブラックベリーやイチゴ等を想わせるフレッシュな果実の香りと風味を持っていてジューシーです。
ガルナッチャ種のあふれんばかりの果実味にカベルネ・ソーヴィニオン種のコクがうまくマッチしていて、お互いの葡萄が個性を高めあっています。
また、タンニン(渋味成分)自体が柔らかく、飲み進むほどに果実味の濃さとコクを実感できます。

【生産者】 アルティーガ・フステル
【品質分類】 DOペネデス
【品種】 ガルナッチャ60%、カベルネ・ソーヴィニヨン40%
【タイプ】 赤・ミディアムボディ
http://item.rakuten.co.jp/ledled/1-tempo-criansa/

■平均樹齢:25年
■収量:30hl/ha
■年間生産量:60000本
■醗酵:ステンレスタンク
■熟成:オーク樽熟成 8ヶ月(225l、新樽比率50%)/瓶熟成 14ヶ月
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

いのたか

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

  • 2019.08.19

でか!

  • 2019.08.18

週末ジョグ

  • 2019.08.17

台風一過

  • 2019.08.16

馬肉中落カルビ~

  • 2019.08.15

がらがら

カテゴリから探す

タグ一覧