来夢来人(いのたかBAR&なんでも日記)

BARについて、WINE&音楽&その他なんでも備忘録です BARではモルト中心。シエリー樽で寝かしたウイスキーを好む。 しかし、ウイスキーの名前がわからずバーテンダー任せです カクテルも大好き!飲みすぎに注意してますが・・・ ついつい飲みすぎてしまいます。

2010.02.28【日記】

2010年4月号 「黒澤明全30作品を完全鑑賞」





生誕100年黒澤明
保存版ですね


http://www.kk-bestsellers.com/magazine/ikkojin/

2010年4月号 「黒澤明全30作品を完全鑑賞」

黒澤明 絵コンテの世界

脚本を書き終えた段階で、黒澤明の脳内イメージは完璧だった。それを証明するのが 数多く残された絵コンテだ。衣裳や小道 具など緻密に描かれた黒澤の絵コンテを解析!


「七人の侍」を読み解く

日本映画史上、ナンバーワンとも称される「七人の侍」。黒澤明が3時間27分の大作にかけた意欲と壮絶無比な撮影現場の舞 台裏に迫る!

黒澤明全30作品完全鑑賞

鮮烈なデビュー作『姿三四郎』で映画界に彗星のごとく登場し、ベネチア映画祭グランプリに輝いた『羅生門』以降は、遺作『ま あだだよ』まで、つねに世界の注目を集める作品を創り続けた巨匠・黒澤明。驚異的な創造力によってつくられた全30作を、記 録係として作品誕生の現場に関わった野上照代さんの貴重な証言とともに観賞する。

黒澤作品のポスター変遷図鑑

黒澤明監督全30 作品は、「明治の明るさ」を描いた第1期からカラー時代の第4期までに分けられ、ポスターは各時期の特徴が 色濃く映し出されている。黒澤作品の変遷をポスターとともに見ていく。

娘・黒澤和子さんが語る 黒澤明 愛の哲学

“頑固一徹”“孤高の独裁者”。世間が持つそんなイメージの影には愛情深く、純真で心優しい素顔が隠れていた―。娘として、 黒澤組の一員として、公私に渡って父親を支えた黒澤和子さんが黒澤監督の素顔を明かす。

「クロサワ」の影響を受けた世界の監督たち

『七人の侍』『用心棒』…世界の大ヒット映画は「このシーン」からヒントを得て誕生した

出演者が語る黒澤明の実像

撮影では妥協を許さない厳しさから「天皇」とも称された黒澤だが、最も身近にいた出演者が実際に現場で見たのは、愛情と優 しさにあふれた、風評とはまったく違う黒澤明の姿だった。

黒澤監督のロケ地取材

デビュー作『姿三四郎』を皮切りに数多の名作を生んだ富士山麓エリア。何ものにもさえぎられない広大な平原、急勾配の坂道 、変わりやすい天候など大自然が生み出すロケーションは後に別荘を構えるほど黒澤監督の心を魅了した。

黒澤明が愛した宿

『姿三四郎』の製作拠点とした信州の木造旅館、『影武者』『乱』の脚本を執筆した中伊豆の古湯、美食を堪能した秩父の老舗、 晩年の活動を支えた京町家など、黒澤明監督が滞在し、数々の作品を生み出した名旅館をご紹介。そこにはゆかりの部屋や 品々、心癒した風景、温泉などが今も変わらずに残っていた。





COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.02.18【日記】

こども論語塾





買ってみた

http://www.meijishoin.co.jp/chosya/yasuoka.html

今なぜお子様に『論語』か!

目には見えないもの。形のないもの言葉ではうまく説明できないもの。そんなものの中にこそ、大切なものがたくさんあります。思いやり、優しい気持ち、感動する心。あるいは悲しみや困難を乗り越える力など…。『論語』には、そのような大切ものを育む言葉が収められています。繰り返し読むことで、『論語』の持つ不思議な力が、心の奥深くに、静かに蓄積されていきます。それはやがて思いがけない形でふと現れて、その人の支えとなり助けとなるでしょう。

  「素読」とは、声を出して元気に読み上げることです。意味は分からなくても構いません。繰り返し読んでいるうちに、心に染みこんでいき、その言葉の持つ魅力に気づいていきます。慌ただしい日々の中で、お子さんと一緒に古典の世界に浸る、ゆったりとしたひとときを持ってほしいと思います。

目に見える結果だけを求めるのではなく、急いで成果を求めるのでもなく。大人のほんの少しの心遣いと手間で、お子さんは大きく変わります。

  孔子先生が最も重んじたのは「仁」つまり「思いやりの心」です。「思いやりの心」とは、自分自身を大切に思い、それと同じくらい、他人のことを大切に思えるということです。
2500年の時を経ても、人間にとって大事なことは変わりません。『論語』の言葉は、私たちが今まで忘れていたものを、思い出させてくれます。是非お子さんと一緒に、楽しんで下さい。


COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.02.01【日記】

歴史人坂本龍馬の真実 一個人増刊





http://www.ikkojin.net/magazine/backnumber/cat60/post-16.html

最近ブームですね。
なんとなく購入

歴史人』 「坂本龍馬の真実」

風雲急を告げる幕末、「日本の洗濯」を求めて東奔西走し、大政奉還から明治維新に至るシナリオを構想しながら、わずか33歳で刺客の手に倒れた坂本龍馬。時代の変革をめざした英傑は、勝海舟、西郷隆盛、木戸孝允、松平春獄らとの政局をめぐる交渉の中で、どのように行動したのか。もしも幕末に坂本龍馬が現われなかったら、今の日本は存在しない。いまも多くの人の心をとらえて離さない龍馬の生涯と軌跡をたどる。

≪目次≫
◇津本陽インタビュー
混沌たる現代を照らす龍馬的発想とは

◇2010年大河ドラマの主演が語る龍馬の魅力
福山雅治 熱血インタビュー

◇「龍馬伝」の脚本家とチーフプロデューサーが語る製作秘話と愉しみ方
ここが面白い大河ドラマ「龍馬伝」

◇幕末の風雲児の人生を解明
坂本龍馬33年の生涯

◇龍馬が歴史に残した功績
薩長同盟と大政奉還

◇真相究明! 本当の黒幕は誰か?
龍馬暗殺の黒幕に迫る

◇貴重な遺品を公開
龍馬の遺品

◇初恋、許婚、そして最愛の妻
龍馬が愛した女たち

◇龍馬の4つの能力を徹底解剖
龍馬の人間学

◇龍馬の4つの能力を徹底解剖
龍馬の人間学

◇世界に通用する国づくり
果たせなかった龍馬の夢とは?

◇世界に通用する国づくり
果たせなかった龍馬の夢とは?

◇龍馬の意志を今に伝える現代の志士たち
全国132団体 龍馬会に迫る!

◇龍馬の意志を今に伝える現代の志士たち
全国132団体 龍馬会に迫る!

◇高知、京都、長崎、鹿児島
龍馬ゆかりの地を旅する

◇高知、京都、長崎、鹿児島
龍馬ゆかりの地を旅する

◇驚くほど多彩な人脈を探る
龍馬をめぐる人物相関図
ほか

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.01.29【日記】

二つの祖国 山崎 豊子





最近は4巻セット
が売られてますが
私は上、中、下の三巻セットを読みました。
戦争時の日系人の差別、原爆、東京裁判
歴史の中で天羽兄弟は翻弄されてゆく。

いい作品です

この小説を原作としてNHK大河ドラマ『山河燃ゆ』が放送

内容(「BOOK」データベースより)
アメリカに生まれ、アメリカ人として育てられた日系二世たち。しかし日米開戦は彼らに残酷極まりない問いを突きつけた。日本人として生きるのか、アメリカ人として生きるべきか?ロサンゼルスの邦字新聞『加州新報』の記者天羽賢治とその家族の運命を通し、戦争の嵐によって身を二つに切り裂かれながらも、愛と祖国を探し求めた日系人たちの悲劇を浮き彫りにする感動の大河巨編!
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.01.28【日記】

ラッシュライフ

伊坂 幸太郎




まったく違うストーリーが後半に進むにつれて
つながってゆく・・・
なかなか面白いですね


出版社 / 著者からの内容紹介
泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。
内容(「BOOK」データベースより)
泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場―。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.01.18【日記】

BELIEVE 槇村 さとる





んー
いですねー

槇村 さとる

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.01.17【日記】

Real Clothes 槇村 さとる



大好きなんですよねー
槇村 さとる

高校のときから
別冊マーガレット
読んでたんですが
大好きでした

ダンシングゼネレーション
NYバード


今回
ツタヤで漫画レンタル
8巻まで一気読みです。


COMMENT(3)
この記事を評価するGood

2010.01.09【日記】

日本の神様と神話入門 一個人





http://www.kk-bestsellers.com/magazine/ikkojin/

知ってるようで知らない神様・神社の特集

伊勢神宮の祭祀の世界
神社の概要を知る
神職の1日を追う 鹿島神宮・権禰宜に完全密着ドキュメント
日本最古の歴史書「古事記」「日本書紀」成立の謎
出雲大社の「謎」に迫る
「天孫降臨」ゆかりの神社
歴史上の人物が祀られた神社
http://www.ikkojin.net/magazine/monthly/20102.html
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2010.01.08【日記】

Dear boys―Act ll





今ハマッテマス。

バスケの漫画

インターハイに突入!

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.01.07【日記】

挑戦 巨大外資 下





最後はなんかすっきりしなかったかなー
まあ、全体的にはおもしろかったんだけど。


内容紹介
画期的な高脂血症治療薬の独占を狙い、世界最大の製薬会社が敵対的買収=TOBを仕掛けてきた。メディアを巻き込んだ法廷闘争に、主人公・池田岑行は……。小学館文庫初登場の高杉良氏、渾身の経済小説


内容(「BOOK」データベースより)
製薬会社の買収、追い落としを狙う上司の陰謀、腹心の追放、そして東証上場―。次々と降りかかる難題に直面しながらも、池田岑行は日本ワーナー・パークをグループ屈指の地位に引き上げていく。しかし、米国本部には新CEOの失策を機に、世界最大の製薬会社による史上最大級の敵対的買収が仕掛けられようとしていた。総額十兆円に及ぶ、世界の市場を揺るがす巨額TOB。企業の存亡を賭けた攻防戦が幕を開けた。「奇蹟のCFO」と呼ばれた男が、そこで見たものは何か?三角合併の解禁により、外資企業からの相次ぐTOB攻勢に喘ぐ日本の現在を予見した、衝撃作の完結編。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

いのたか

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

  • 2019.08.19

でか!

  • 2019.08.18

週末ジョグ

  • 2019.08.17

台風一過

  • 2019.08.16

馬肉中落カルビ~

  • 2019.08.15

がらがら

カテゴリから探す

タグ一覧