来夢来人(いのたかBAR&なんでも日記)

BARについて、WINE&音楽&その他なんでも備忘録です BARではモルト中心。シエリー樽で寝かしたウイスキーを好む。 しかし、ウイスキーの名前がわからずバーテンダー任せです カクテルも大好き!飲みすぎに注意してますが・・・ ついつい飲みすぎてしまいます。

2012.03.17【日記】

「カウンターの中から」成田一徹

成田一徹さんの切り絵本をアマゾンで購入

楽しく拝見してます。

あまから手帖HPよりhttp://www.amakaratecho.jp/info/#list_narita

 

【リリース】新刊「カウンターの中から」10月22日発売

narita

 

カウンターの中から見た光景を切り取った絵と、主の機微を捉えた柔らかなタッチの文章。

店に流れる空気を「切り絵」で表現する成田一徹氏の弊誌人気連載「カウンターの中から」が一冊の本になります。 

バーめぐりをライフワークとする著者。

得意のバーの情景はもちろん、連載では、割烹や寿司店などの飲食店の風景も。

2010年12月の連載終了までに45回を重ねた人気連載に東京を含む12点の切り下ろしを加え単行本化。

 全56軒の、モノクロームの物語。作品としてはもちろん、お店めぐりの傍らに。 

・カウンターの中から Bar編……………京阪神40軒

・カウンターの中から 飲食編……………京阪神10軒

・カウンターの中から 特別編……………東京Bar 6軒___計56軒

 (概要)

■発売予定:2011年10月22日

■版 型:四六変型、全160ページ

■価 格:2625円(税込)

●問合せ:株式会社クリエテ関西 販売部/電話:06-6375-2363

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.03.22【日記】

BAR YAMAZAKI

http://www.bar-yamazaki.com/

札幌すすきのにある、老舗BAR
BAR YAMAZAKI

店主の山崎達郎さんは日本最高齢のバーテンダーです。
漫画バーテンダーにも登場されました
山崎さんに似顔絵の切り絵を切ってほしいなー

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2009.11.06【日記】

BARレモン・ハート 25

BARレモン・ハート 25―気持ちがすごくあったかい 酒コミック



なんと25周年記念です
しかし・・・・

25年で25巻
1年で1巻のペースを守り続けています
すばらしい。
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2009.06.04【日記】

ブレイク必至!-196℃で作る“コンジュレ・カクテル”とは

なんか涼しそうだけど
飲みすぎたらおなかこわしそうなカクテルですね。

http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/tw-20090526-6393/1.htm




2009年5月26日(火)14時44分配信 東京ウォーカー

暑くなってくると、冷た~いアルコールが飲みたくなりますよね。グビグビグビグビ…、たまりません。
昨年、ハイネケンやスーパードライの「エクストラコールド」ビールがブレイクしましたが、
実は今年、ブレイクしそうな“究極のコールド”ドリンクが登場しました。

他の写真も見る: 角度を変えて見ると…カウンターが“雲海”に!【ほか詳細な作り方画像】

それは、浅草の「サロン 月灯り」で5月から登場している「コンジュレ・カクテル」。
旬の果実とお酒を、-196℃の液体窒素で瞬間冷凍して作るカクテルです。

「日本ではまだ普及していない、きわめて珍しい手法です。
氷が入るので時間が経つとどうしても水っぽくなってしまうフローズン・カクテルと異なり、
溶けても素材本来の風味が生きるんです」と同店マネージャーの北村さんも自信を見せる新作だ。

しかもこのカクテル、作り方がとにかく派手! フルーツを濾(こ)して、ラムやオレンジジュースを加えた後、
液体窒素を注ぎいれると……とにかく真っ白い煙がカウンターを覆いつくす勢いで噴出してくるんです!! 
もう、小林幸子さんのステージのような華やかさ。この演出だけで、同伴者のつかみはオッケーでしょう。

実際記者も5月のメニューである「パッションフルーツ・ミュール」(1500円)を飲んで(というより食べて)みましたが、
おもしろいことに、ひと口目にアルコール感はほとんど感じられません。
“良質の生果汁シャーベット”といった具合で、後からジュワーっとアルコールが感じられる、といった感じです。

作ってくれたチーフ・バーテンダーの大竹さんに聞くと「あまり感じられないかもしれませんが、
アルコール分は10%ほど、シャーベット上のところでは20%くらいはあるはずです」とのこと。
いやはや、ホント、飲みすぎ注意です。

「5/1から始めて、現在の注文数は全体のカクテルの1割くらいまで来ています。
6月はアメリカン・チェリーのカクテルを予定しています」(北村さん)というので、これは期待感したいところです。

この液体窒素を使ったカクテル、銀座の「MASQ」というバーからヒントを得たという。
ちなみに銀座の同店では生フルーツは使っていないが、フローズン・マティーニなどが人気となっている。

煙モクモクの演出も楽しいこのコンジュレ・カクテル。これからの暑~い季節、今年の注目ドリンクとして、
ぜひチェックしておいてください。【東京ウォーカー】
COMMENT(2)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2008.11.02【日記】

南京錠が目印!岡山の老舗BAR PADLOCK  



岡山へ出張です。
結構BARが多いです。何件か
行きたいBARを考えていたのですが・・・・・
案の定、というかなんと言うか
結局、酔っ払ってしまい、BARのメモのどこかに・・・
とぼとぼアテもなく歩き続け、BARを発見!

このBARの入り口は写真で見たぞ!

で、唯一行ったBARがここ。

BAR PADLOCK

入り口が、
檻のようなのですぐにわかりました。

PADLOCK=南京錠なんですね
雰囲気のいいBARですね。岡山では老舗の部類に入るのでしょうか?

多くのお客さんで賑わってました。

大人の雰囲気が漂う
いいBARです。
次回はヘロヘロではなくもう少しまともな状態で行きたいと思いました。

バーナビよりJR岡山駅からほど近い、県庁通り沿いの2F。洒落た鉄格子のエントランスが目印です。
「南京錠」を意味する店名の如く、秘めたムードの店内はブビンガの1枚板を使ったカウンターや、イタリア製の革張りチェアーが並ぶ大人の空間。本格的な料理も味わえます。

岡山県岡山市幸町3-2  2F
086-222-4155
JR線 岡山駅より徒歩10分

The転勤族

広島ブログ

 

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2008.03.17【日記】

「バーのある人生」



この本の内容ですべてをあらわしてますね。
バーのない人生なんて・・・・

考えられないなー

お酒のンでなくても、この本を読むとBARの雰囲気が味わえます
カウンターに座ってバックバーを眺める自分を想像しながら
眠りに付く、最高のナイトキャップですね


出版社 / 著者からの内容紹介
バーの重い扉の向こうには、非日常の空間が待っている。そこは、酒だけを売ってい る場所ではない。客のひとりひとりが、バーテンダーと対面し、一期一会の時間を購 い、空間に戯れる町の?秘境?である。そこには、シキタリもあれば、オキテもあ る。しかしそれらは、居心地をよくするものでこそあれ、がんじがらめの規則ではな い。これから出かける人の背中をそっと押し、行き慣れた人をさらなる一軒へ向かわ せる、体験的バー案内。

山口ブログ
広島ブログ

ムコ多糖症4型A・モルキオ症候群
という進行性の小児難病と闘う、颯太君を応援します!
http://www1.ocn.ne.jp/~morquio/index2.html
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2008.01.20【日記】

「トニーズバー」という“伝説のバー”



新橋の伝説のバー

“新橋にトニーあり”と言わしめた同店の名物バーテンダー

昔ブルータスだったと思うが

スピリッツの特集をしたときに

大きくトニーさんが紹介されていた

細長いカウンター、女性のみのお客はお断り・・・

「硬派なBARだな」

というのが印象。

その後、トニーさんが亡くなり、姉の松下ベッティさんがお店をされてるという。

ついに、念願かなっての訪問!

かと思いきや、まだ早かったので空いてませんでした。

残念

でも、伝説は伝説のままでいいかもしれないなぁ


港区新橋1ノ4ノ3芝ビル地下tel03・3571・0990/月~金18時~23時30分。土日、祝日休。

ムコ多糖症4型A・モルキオ症候群
という進行性の小児難病と闘う、颯太君を応援します!
http://www1.ocn.ne.jp/~morquio/index2.html


山口ブログ
広島ブログ
COMMENT(2)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2008.01.14【日記】

100年前のお酒!



周南のBAR SALONで

100年前のカルバドスを頂きました。

おいしかったな。

ムコ多糖症4型A・モルキオ症候群
という進行性の小児難病と闘う、颯太君を応援します!
http://www1.ocn.ne.jp/~morquio/index2.html

山口ブログ
広島ブログ
COMMENT(2)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2007.11.17【日記】

このBarこそが時代の気分

BRIO(ブリオ)12月号

東京出張のときに買ったけど
行ったのはロックフィッシュだけでした

■ 特集「このBarこそが時代の気分」 東京・関西 BRIO世代のための厳選41軒

Part1 旬のバーリストを更新する  銀座・新地 オーセンティックバーの現在

 エッセイ「良いバーは通過儀礼を客に課す」 河毛俊作

 カクテル一杯の小宇宙に惚れ込んで

 バーテンダー・巨匠の右腕

 まずはシャンパーニュで待ち合わせ

Part2 一杯のウイスキーがもたらす「時間」

 目指すはハイボールのカウンター

 実例・住宅街の名店バーで夜を締めくくる




ムコ多糖症4型A・モルキオ症候群
という進行性の小児難病と闘う、颯太君を応援します!
http://www1.ocn.ne.jp/~morquio/index2.html
COMMENT(2)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2007.10.04【日記】

バーテンダー 9


バーテンダー9巻

街場のBARからホテルのBARへ

街場のBARのサービスが通用するのか?

しかし、オーナーはホテルのなかに街場のBARを作ってしまう。

新展開です!

BARになじみのない方でも、カウンター越しに繰り広げられる人間模様、

さりげなくお酒で手助けする「神のグラス」と呼ばれたバーテンダー佐々倉溜。

いつものがら、ストーリーの良さに感動します。





ムコ多糖症4型A・モルキオ症候群
という進行性の小児難病と闘う、颯太君を応援します!
http://www1.ocn.ne.jp/~morquio/index2.html
COMMENT(1)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2007.07.16【日記】

BARレモン・ハート 23



BARレモン・ハート 23―気持ちがすごくあったかい 酒コミック セブンイレブンで見つけて購入。

もう23巻になったんだ。
毎年1巻ぐらいしか出ないので20年以上になるンかな?
大学生のときも読んでたのでそれぐらいか?
長いもんだ。

こころ優しき男達が毎夜に集う酒場、その名は「レモンハート」
マスターのとっておきの薀蓄とハートウォームなエピソードであなたを酔わせます。
COMMENT(1)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2007.06.05【日記】

ホテルデンハーグ ワインバー ヴィノテーク

週末にハウステンボスのホテルデンハーグに宿泊。

ホテルヨーロッパと迷いましたが、ワインバーがあるので

今回はデンハーグへ。

家族が寝静まったあと、一人で出かけました。

ワインバー ヴィノテーク

こじんまりしたBARですが、雰囲気はGood。

グラスワインが豊富なのには驚きました。

30000円、40000円、50000円(金額は定かでないです)
の三種類の飲み放題のプランがあります。

テーブルに座っていた熟年夫婦は、ズートメニューを見ながら飲まれてました。
それも楽しいですね。

私は、レストランエクセルシオールでシャンパン1本飲んだので、単品で注文。

最初はバローロをいただく。

そのうちに目の前に気になるボトルが・・・・

「ロマネコンティー?」マスターがこんなのあるんですよと見せてくれた。
まぎれもないDRCだ。しかもムートンのブランデーもある。

思わず注文。
ロマネコンティー、ムートン制覇しました。

ワインは高くて飲めないからブランデーで我慢ね。
でも、高かったです

COMMENT(3)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2007.05.10【日記】

村上春樹訳 『ロング・グッバイ』



ハードボイルドの巨匠、レイモンダチャンドラーの代表作を村上春樹が訳す!

買ってしまいました。

半分読みました。

10年以上前にチャンドラーの本

「長いお別れ(ロンググッバイ)」
「プレイバック」
「高い窓」
「大いなる眠り」
「さらば愛しき人よ」  を読んだのですが、内容を全く覚えていません・・・・

また読み返そうかな。

フィリップマーロウがカッコイイ。

「ギムレットにはまだ早すぎる」

このセリフで有名なカクテルになったギムレット。

いい気になって飲んでました。

懐かしいです。


COMMENT(2)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2007.05.08【日記】

バーテンダー   8



またまた城アラキ著の漫画。
土曜の深夜にアニメもやってる(見たことない)
DVDレンタルしてたんで、そのうちに借りてみようと思います。

ヨーロッパのカクテルコンテストで優勝し、その味を「神のグラス」と評された日本人、佐々倉溜。

BARを中心に繰り広げられる人間模様。

次回から街場からホテルへ舞台が変わります。
楽しみです。

COMMENT(3)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2007.04.22【日記】

エドラダワーのレア物を頂きました。

東京のスターバーギンザでめずらしい、エドラダワーを飲みました。
店主の岸さんが現地で買ったものだそうです。

今までに見たことのない円柱のボトル。
色は濃い。アルコールは高め。

しっかりした味わいに後味は甘味が。

めずらしいお酒をいただき、感動しました。
日本でもあるのかな?
COMMENT(4)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

2006.11.30【日記】

周南市在住

周南市(旧徳山市)は全国的には小さな都市ですが、人口当たりの飲食店の数は日本有数だそうです。

http://inotaka2001.cocolog-nifty.com/
COMMENT(4)
  • この記事についているタグ
  • BAR
この記事を評価するGood

プロフィール

いのたか

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧